「リズム」とは?

関連ニュース

IPPONグランプリ出場者、決定する - 11月20日(水)14:59  livejupiter

バカリズム(20大会連続21回目・優勝4回) 千原兄弟 千原ジュニア(3大会連続18回目・優勝2回) ネプチューン 堀内健(5大会連続16回目・優勝4回) ロバート 秋山竜次(2大会連続12回目・優勝2回) 博多華丸・大吉 博多大吉(2大会ぶり8回目・優勝1回) 千鳥 大悟(2大会ぶり4回目) アンガールズ 田中卓志(16大会ぶり2回目) かまいたち 山内健司(2大会ぶり2回目) ハリウッドザコシショウ(初) 霜降り明星 せいや(初) https://www.fujitv.co.jp/ippon/index.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

エッジAIのエイシング、約3億円を調達。累計調達額約5億円に - 11月20日(水)14:07 

エッジAIに独自のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下、DBT)」を提供する株式会社エイシングは、第三者割当増資による約3億円の資金調達を実施。これにより、累計調達額は約5億円なった。 エッジAI領域でのワンストップソリューションを目指す これまで、AIの情報処理はクラウド上で行われるのが一般的であったが、近年ドローンや自動運転などリアルタイムな判断処理が必要なシーンの増加や第四次産業革命により、情報処理をデバイスで実行するエッジAIに注目が集まっている。同社は、エッジAIにおいて、クラウドを介さずにデバイス単位でリアルタイムに自律学習・予測することを可能にする独自のAIアルゴリズムDBTを提供しているのだ。 同社はこのたび、三井住友海上キャピタル株式会社が運営する「MSIVC2018V投資事業有限責任組合」を引受先とし、第三者割当増資にて総額約3億円の資金調達を実施。2017年に調達した約2億円と合わせ、累計調達額は約5億円となった。 今回の資金は、DBTをはじめとするAiiR技術(独自開発のエッジAI向けAIアルゴリズム技術)の研究開発や、顧客のシステム実装までを技術的にカバーする体制づくりに充てられるようだ。エッジAI領域でのワンストップのソリューションを提供できる体制を強化し、顧客の先進的ニーズに応えたいとのこと。 エッジAIのアルゴリズムDBT エッジAI...more
カテゴリー:

Amazon Web Services 主催 AWS re:Invent 2019 (2019年12月2日~6日、米国ラスベガス)にIoTエンジン&サービスを出展 - 11月20日(水)13:30 

IoT Engine & Service Exhibition at Amazon Web Services Sponsored Event‘AWS re:Invent 2019’ (December 2-6, 2019, Las Vegas, NV)JIG-SAW will be exhibiting at this year’s Amazon Web Services event ‘AWS re:Invent’ as an IoT service provider for the second year in a row. Demonstrations of the microprocessor-embedded IoT engine “neqto” integrated with AWS will be on display for the large multinational crowd of AWS users in attendance.Furthermore, JIG-SAW will be displaying a demonstration of neqto: Engine embedded onto Sony Semiconductor Solutions Corporation’s smart-sensing processor-equipped board...more
カテゴリー:

最近、暗号通貨疲れを感じる - 11月20日(水)11:15 

暗号通貨に奇妙な事態が起きている。サトシ氏がBitcoin(ビットコイン)という福音を我々に授けて以後、この奇妙かつ刺激的な分野が、なんと言ったらいいかある種の懸念を抱かせるものになってきた。 もちろん暗号通貨の真の擁護者は「暗号通貨は大股で前進を続けている。メインストリームになるのは目前だ」と言うだろう。こういう主張はずいぶん前から繰り返されているので、そろそろ「本当にオオカミは来るのか」という疑問を抱いてもいい頃だと思う。 いや、落ち着いていただきたい。中国では習近平主席、米国ではFacebookのCEOがともにブロックチェーンの信奉者になったときにこんなことを言い出すのはタイミングがまずいかもしれない。 しかしもう少し詳しく観察してみれば、中国の暗号通貨は(もし実現するなら)国民を監視するパノプティコン(全展望監視システム)を目指していることがわかる。本来、暗号通貨というエコシステムは国家権力による追跡が難しいので、権力の分散化を図れる。中国が目指す暗号通貨システムは、共産党による中央集権的支配をさらに強化するツールにしようとするもので本来の目的とは正反対だ。 一方、FacebookのLibraはテクノロジー面では順調に進歩を続けている一方、有力パートナー多数を失い、敵は増えている。 暗号通貨コミュニティはDeFi、つまり非中央集権的金融(Decentralized Fina...more
カテゴリー:

IDOLiSH7×DHCコラボ再び、新曲「ハツコイリズム」使用の短編ムービー公開 - 11月20日(水)10:46 

スマートフォン向けリズムアクションゲーム「アイドリッシュセブン」内のユニットIDOLiSH7の新曲「ハツコイリズム」と、DHCのクレンジング料「DHC薬用ディープクレンジングオイル」とのコラボレーション企画が始動した。
カテゴリー:

ビットコインとイーサリアムの違いとは?初心者でもわかる主要仮想通貨の比較 - 11月20日(水)14:42 

筆者は前職で3メガ系証券会社で外国為替のスポット、フォワードトレーディング、そしてEM通貨建(トルコリラ、南アフリカランド、インドルピー、ブラジルレアル等々)クレジットトレーディングを行なっており、マーケットサイドで長年携わってきました。トレーディングの視点も盛り込みながら、仮想通貨自体の特徴を踏まえて解説していきます。 仮想通貨には、法定通貨のように価値の貯蔵手段や決済手段として作られたものから、決済スピードを早めるためのもの、プラットフォームの動かすためのトークン等利用方法は様々です。ここでは主要通貨であるビットコインとイーサリアムの2つに絞ってどのような違いがあるのかを解説したいと思います。 目次 ビットコインとイーサリアムの比較・違い 1-1. 「決済手段」のビットコインと「プラットフォーム」のイーサリアム 1-2. コンセンサスアルゴリズムの比較・違い 1-3. ブロック生成時間の比較・違い 1-5. 発行枚数の比較・違い 1-6. 通貨単位の比較・違い ビットコインとイーサリアムは本質的にまったく別のもの ビットコインとイーサリアムの比較・違い 最初にビットコインとイーサリアムの違いを表にしてまとめてみました。この表の順番に1つひとつ解説していきたいと思います。 「決済手段」のビットコインと「プラットフォーム」のイーサリアム ビットコインとイーサリアムの大きな違い...more
カテゴリー:

水中で生後4カ月から教育 50年間の業績、米国で表彰 - 11月20日(水)13:30 

 乳幼児向けのベビースイミングに取り組み、リズムを導入した「アクアミクス」を考案したサイトーアクアティックアカデミー(名古屋市西区)代表の斉藤典子さんが9月、全米スイミングスクール協会(USSSA)か…
カテゴリー:

【サッカー】<セルジオ越後>ここ最近見ないくらいの本当にひどい試合だった。森保“兼任”監督のままでいいの? ★2 - 11月20日(水)12:38  mnewsplus

2点目、3点目が入った時に誰かがカミナリを落とすべきだったが… テストマッチのベネズエラ戦は、ここ最近見ないくらいの本当にひどい試合だったね。前半に4点を奪われて、後半に山口が1点を返し1-4というスコアにはなったけど、試合は前半でもう終わり。 いくら監督が「選手たちは後半に戦う姿勢を見せてくれた」と言っても、最初からやってくれなければテストにも何もならない。4点取ってペースダウンしたベネズエラを攻め立てても評価のポイントにはならないよ。  前半の内容は、みんなが好き放題やっている感じだ...
»続きを読む
カテゴリー:

デバイス側で学習・予測が完結できるエッジAI開発のエイシングが3億円を調達 - 11月20日(水)11:00 

エイシング代表取締役CEO 出澤純一氏 エッジデバイス組み込み型のAIアルゴリズム「ディープ・バイナリー・ツリー(以下DBT)」を提供するエイシングは11月20日、約3億円の資金調達を実施したことを明らかにした。第三者割当増資の引受先は三井住友海上キャピタル株式会社が運営するMSIVC2018V投資事業有限責任組合。2016年12月設立のエイシングは、2017年にも約2億円を調達しており、今回の調達により、累計調達金額は約5億円となる。 エイシングが開発・提供するDBTは、産業用ロボットやスマートフォン、コンピュータを搭載したクルマなどのエッジデバイスに組み込んで利用する「エッジAI」だ。画像認識などで知られる従来のディープラーニングをはじめとしたAIは、容量が大きく、クラウド側で情報処理が行われることが多い。これに対し、エッジAIは導入機器側にエンベッドして情報処理を実行し、学習と予測を完結して行う。このため、クラウドサーバーとエッジの通信による遅延が回避でき、高速なデータ処理が可能だ。 特に産業ロボット、自動運転車など、エッジデバイス上でのリアルタイムかつ高精度な制御が求められる領域では、エッジAI実装へのニーズが高まっているという。こうした背景を踏まえ、エイシングではエッジ側でリアルタイムに自律学習・予測が可能な独自のAIアルゴリズムDBTを開発・提供している。 DBTの特...more
カテゴリー:

【日本1-4ベネズエラ|採点&寸評】前半だけで4失点と守備陣が崩壊。最低点の「3.5」は? - 11月20日(水)07:06  mnewsplus

ロンドンを止められずに前半で4失点 [キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田   【日本代表・総評】 4 ホームで稀に見る惨敗を喫する。序盤から守備がハマらずベネズエラの攻撃に対応できずにいると、前半だけで4失点。 攻撃面ではパスミスが目立ち、リズムを作れず。後半はベネズエラのペースが落ちたこともあり、1点を返したが、不甲斐ない結果に終わった。   【個人採点・寸評】 GK 1 川島永嗣 4.5 6月のコパ・アメリカ以来の先発を掴む。しかし、守備の瓦...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リズム」の画像

もっと見る

「リズム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる