「地域活性化」とは?

関連ニュース

【アイヌ新法】「生活支援」は見送り 「現状ではアイヌ個人の特定が難しく、アイヌ個人を対象とする政策を全国的に実施するのは難しい」 - 04月21日(日)00:39  newsplus

※週末の政治 2020年のオープンに向け、建設が進む国立アイヌ民族博物館。アイヌ文化の振興拠点・民族共生象徴空間の中核施設となる=北海道白老町で2019年3月27日、福島英博撮影  19日に成立したアイヌ新法では、文化振興の拠点となる「民族共生象徴空間」(北海道白老町、愛称・ウポポイ)の管理や地域振興のための交付金制度が盛り込まれた一方、北海道アイヌ協会が求めてきた個人への生活支援や教育支援は実現しなかった。今後、法の実効性などが課題となる。  道が実施した2017年の「アイヌ生活実態調査」では、大学進学率...
»続きを読む
カテゴリー:

株式会社アクティビティジャパン 山形県飯豊町と提携し、地域活性化事業の一環として、オリジナルの体験プランの企画造成、販売を開始 - 04月19日(金)18:00 

株式会社アクティビティジャパン(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:小川雄司、以下アクティビティジャパン)は、山形県飯豊町と提携し、地域活性化事業の一環として、オリジナルの体験プランの企画造成、販売を開始しました。山形県飯豊町中津川地区にある「白川ダム湖」は、一年を通して美しい自然景観を楽しめるアウトドアスポットです。ダム湖に雪解け水が流れ込み、増水することでヤナギ林が水没する現象『水没林(すいぼつりん)』は、一年に一度、4月中旬から5月中旬頃までの限られた期間にのみ見ることのできる知る人ぞ知る隠れスポットです。湖面に映り込む木々や太陽の光と反射する美しく幻想的な水面を、人気アクティビティである「カヌー」でクルージングする絶景体験プランとなっております。子供用1人乗り、大人用1人乗り、2人乗り用、カナディアンカヌー(一般的なカヤックボードよりも大型で安定感があるカヌー)など、カヌーの種類も豊富にご用意しており、小学生のお子様からご参加いただけます。湖でカヌー体験を思い切り遊んだ後は、大自然の中で、山形名物『米沢牛』と地元の新鮮な野菜のバーベキューをお召し上がりいただき、食後は、白川湖畔の『源流の森』の散策と瞑想タイムで心身共に自然と一体となる感覚に浸り、心静かに落ち着け、旅を締めくくります。米沢駅からの往復送迎付となっておりますので、ゴールデンウィーク期間中のご家族旅行などで是非ご...more
カテゴリー:

水産物流通のフーディソンと資本業務提携!鮮魚の流通を通じた地域活性化の取り組み強化に向け連携 - 04月19日(金)14:00 

[JR東日本スタートアップ株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/34286/34/resize/d34286-34-504985-1.png ] [画像2: https://prtimes.jp/i/34286/34/resize/d34286-34-199845-4.jpg ] JR東日本の子会社でベンチャーへの出資や協業を推進するCVC...
カテゴリー:

KDDIと神戸市、阪神・淡路大震災-復興VR-を共同開発 - 04月19日(金)10:00 

2019年4月19日 兵庫県 神戸市 KDDI株式会社 KDDIと神戸市、阪神・淡路大震災-復興VR-を共同開発 ~神戸市開催のイベント「078」にて視聴体験を実施~ 兵庫県神戸市(市長:久元 喜造、以下 神戸市)と、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)は、阪神・淡路大震災の教訓を継承し、防災意識を高めるVRコンテンツ「あなたが伝える阪神・淡路大震災-復興VR」(以下 本VRコンテンツ)を共同で開発しました。 本VRコンテンツは、神戸市で開催されるイベント「078」にて、2019年4月28日から4月29日まで参加者向けに視聴体験を実施します。 被災直後のメリケンパーク(写真) 復興後のメリケンパーク(360度映像) <映像イメージ> ※高精細360度映像により、視点を上下左右、後方に動かしてその場にいるように復興の様子を体験 本VRコンテンツの共同開発と、イベント「078」にて参加者向けに視聴体験の実施は、KDDIと神戸市が、2018年12月21日に地域活性化を目的とした連携に関する協定(以下 本協定)を締結した取り組みの一環です。 今後もKDDIと神戸市は、相互連携と協働による活動を推進し、5G時代を見据えたICTをはじめとする双方の資源を有効活用することにより、神戸市の地域活性化を図っていきま...more
カテゴリー:

「2019年夏の島キャン」企画、本格スタート。インターンシップ参加説明会・島キャンミーティングを4/22(月)より、東京・大阪で開催! - 04月19日(金)09:00 

中堅中小企業の経営・人材戦略をサポートするカケハシ スカイソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表:中川智尚)が企画・運営する「島キャン|島おこしインターン」の「2019年夏の島キャン」が本格スタートしインターンシップ参加説明会・島キャンミーティングを4/22(月)より、東京・大阪で開催いたします。島キャンはこの4月でスタートから丸5年が経過し、累計1004名の学生が島おこしに貢献すべく、就業体験いたしました。毎年島キャンの開催中は、各離島で就業中の島キャン生のFacebookやTwitter、Instagramから、楽しそうな様子が日々発信されています。離島での就業体験を終えた島キャン生の満足度は非常に高く、「また帰りたい」と言いながら戻ってきます。実際に、多くの島キャン生たちから、再度、島に行ってきましたと嬉しい報告を受けています。引き続き6年目の島キャンでも、地域活性への貢献度向上を目指し、「2019年夏の島キャン」を、インターンシップの主要実施時期でもある夏休みに実施します。インターンシップ参加説明会・島キャンミーティングはを4/22(月)より、東京・大阪で順次開催。ご予約受付を開始しております。島キャンは、町おこしに取り組む日本の離島と、都会ではできない就業体験を望む学生との新たな‘カケハシ’となることを目指し、2014年4月に開始した地域活性支援サービスであり、インタ...more
カテゴリー:

旅して健康! 「ヘルスツーリズム」活況 地方の活性化にも - 04月20日(土)12:43 

 旅を楽しみながら健康に-。そんな新しいスタイルの旅行「ヘルスツーリズム」が注目されている。旅のサービス品質を保証するヘルスツーリズム認証制度が昨年、民間団体によって創設され、企業や自治体からウオーキングツアーや温泉めぐりなどプログラムの提案が相次いでいる。観光客誘致に苦戦する地方にとっては新たな集客策となる可能性もあり、専門家も「健康長寿と地域活性化の双方に貢献できる」と期待する。
カテゴリー:

日本の商店街文化で、シンガポールの地域活性化に貢献!!「タンジョンパガー商店街キャンペーン」を今年も開催します! - 04月19日(金)16:00 

[和テンション株式会社] 【タンジョンパガー商店街キャンペーン】とは シンガポールの中心エリア「タンジョンパガー(Tanjong Pagar)」には、古くから発展し、築数十年のショップハウス*と近代的なビルとが林立しています。 [画像1: ht...
カテゴリー:

年収1000万円以上の求人も。変化する商社に、新たな風が期待されている。 - 04月19日(金)10:25 

商社機能を強化した有力メーカーや、メーカー機能を持った有力小売業の台頭、インターネットの普及によるEC市場の拡大…。こうした時代の変化と共に、商社のビジネスモデルは大きく変わってきている。ビジネスのグローバル化も加速する中で、具体的にどんな求人があるのだろうか。盤石な財務基盤を活かし、時代と共に変化し続ける。従来、商社のビジネスモデルと言えば、品物を仕入れて売ることで収益を上げる貿易がメインだった。そこに、「商社機能を強化したメーカー」、「メーカー機能保有した小売業」、「インターネット販売の拡大」など、変化を迫る要因が商社に押し寄せた。それに伴い、商社は様々な機能を持つようになり、ビジネスモデルを強化させてきた。具体的には、■投資■メーカー■コンサルティング■小売サービス■物流■商品開発■商品メンテナンスなど、商社は様々な側面を持つようになった。特に大手総合商社は、国内外へのM&Aや出資により、あらゆる領域に進出している傾向にある。たとえば、業界最大手の総合商社の関連会社や子会社には、コンビニ、食品開発、観光施設の運営、レンタルなど、様々な事業を行う企業が名を連ねている。これは伝統と実績、そして盤石な財務基盤がある商社ならではの強みと言える。従来の「買って売る」といった業務は子会社に移管し、商社本体は戦略を考える。そんな頭脳集団として、商社はこれからも時代の変...more
カテゴリー:

NTTドコモが石川県で地方創生セミナーを実施 - 04月19日(金)09:30 

2019年4月19日 NTTドコモ NTTドコモは、4月15日(月)に石川県金沢市において「地方創生セミナーin石川」を開催いたしました。  NTTドコモは、4月15日(月)に石川県金沢市において、「地方創生セミナーin石川」を開催いたしました。  ドコモでは、「地方創生セミナー」として地方創生関連ソリューションの展示と「キャッシュレス・交通・一次産業・健康福祉」など、地方創生に関わる各テーマについて、ドコモのICT(情報通信技術)に関する講演を全国各地で開催しています。 また、外部講師を招いて、開催地のトピックスに沿った地方創生に関する講演をいただき、ドコモの推進する「地方創生」の取り組みを多方面からご紹介しています。  今回の石川セミナーにおいては、基調講演として、先端教育機構 事業構想大学院大学 産官学連携本部 本部長の織田様より、SDGs等を見据えた地域活性化と事業構想に関する講演を、金沢工業大学 大澤学長からは金沢工業大学が進める産学連携・地方創生への取組みに関する講演を、株式会社北國銀行 代表取締役専務杖村様からは、キャッシュレス等を織り込んだ地域金融と地方創生に関する講演を頂きました。  またパネル展示ブースでは、ドコモの携帯電話ネットワークのしくみを使った、交通や観光の課題を見える化できる人口統計情報データ「モバイル空間統計」や、人工知能(AI)が最...more
カテゴリー:

秋田の若者 夢をでっかく 起業や地域活性化 県が応援事業 - 04月19日(金)06:05 

秋田県は本年度、若い世代の発想や地域活性化の取り組みを支援する「あきた若者プロジェクト」を始める。「若者チャレンジ応援事業」と「若者と地域をつなぐプロジェクト事業」が柱。経費助成に加え、専門家、企業な
カテゴリー:

もっと見る

「地域活性化」の画像

もっと見る

「地域活性化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる