「スタートアップ」とは?

関連ニュース

日本で車中泊が流行りはじめる - 01月26日(日)18:20  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/002.gif 車中泊をしながら全国を旅する欧米発のライフスタイル「バンライフ」が話題となっている。 時間や場所を問わずに働ける仕事をしながら、全国各地にある車中泊スポットで寝泊まりする自由なカルチャーは、若い世代のみならず、中高年にも人気だ。 日本のバンライフ市場について、バンライフを「移動する家=可動産」ととらえてシェアリングビジネスをするスタートアップ企業と、 実際に車中泊をしている夫婦バンライファーたちに聞いた。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨) https://diamond.jp/artic...
»続きを読む
カテゴリー:

環境監視スタートアップ、大気質センサーの収集データをブロックチェーンにリアルタイム記録・公開【ニュース】 - 01月26日(日)09:00 

アルゴランド財団は1月24日、「アルゴランド(ALGO)」ブロックチェーンを利用した新事例として、環境監視を行うスタートアップ企業「プラネットウォッチ」の取り組みを発表した。大気質センサーで収集したデータをALGOにリアルタイムで記録・公開する、世界初の大気質に関する分散型台帳を構築するという。また、大気質センサーの所有者には、独自ユーティリティトークン「PLANET」を配布し、エコシステムへの貢献をうながすそうだ。
カテゴリー:

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには.. - 01月25日(土)19:20 

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには『メディアってもう一巡したよね』という思いがあって、次に何をしようか考えていたら、そこにD2Cというトレンドがきて『自分が好きなものを作って普通に売ってもスタートアップとして認められるんだ』という気づきがあった」
カテゴリー:

Cortexならデータ科学者でも機械学習モデルをクラウドで簡単にデプロイできる - 01月25日(土)12:15 

実用的な機械学習モデルを作ることも大切だが、それを現実に利用できるようにすることも重要だ。Cortex Labs(コーテックス・ラボズ)は、その最後の段階を、データ科学者たちに提供するためのオープンソース・ツールを提供するアーリーステージのスタートアップだ。 同社の創設者は、バークレーの学生だったころ、機械学習モデルを開発する際に問題となるのは、それをデプロイする手段がないことだと気がついた。当時からオープンソースのツールは山ほどあったが、データ科学者はインフラストラクチャーの専門家ではない。 CEOのOmer Spillinger(オマー・スプリンガー)氏によれば、彼自身、CTOのDavid Eliahu(デイビッド・エリアフー)氏、エンジニアリング責任者のVishal Bollu(ビシャル・ボルー)氏、そして事業成長責任者のCaleb Kaiser(ケイレブ・カイザー)氏からなる創設チーム全員が、インフラストラクチャーをよく理解しているという。 この4人の創設者が行ったのは、オープンソースのツール一式を揃え、AWSサービスでそれらを結合させ、簡単にモデルをデプロイできる手段を提供することだった。「私たちはTensorFlow、Kubernetes、Dockerといったオープンソースツールを、CloudWatch、EKS(Amazon仕様のKubernetes)、S3などのAWS...more
カテゴリー:

Q&AプラットホームのQuoraをレイオフが襲う - 01月24日(金)17:30 

創業10年のQ&Aプラットホーム、米国マウンテンビュー拠点のQuoraが「ベイエリアとニューヨークのオフィスでスタッフを縮小する」と同社のCEOが米国時間1月23日、サイト上で発表した。 投資家たちからそろそろキャッシュフローへの専念を要請されるようになったスタートアップのリーダーの一人としてCEOのAdam D’Angelo(アダム・ダンジェロ)氏は、「『組織を責任性のある方向へスケールする』ために、レイオフと『機構改革』を遂行した」と書いている。 ダンジェロ氏は、レイオフの規模を公表していない。Recodeによると、昨年Quoraは、20億ドル(約2191億円)の評価額で6000万ドル(約65億7500万円)をロックダウンしていた。そのときの社員数はほぼ200名だった。Crunchbaseによると、同社は本日まで2億2500万ドル(約246億円)の資金調達を公表している。投資家は、Benchmark、Peter Thiel、そしてY Combinatorだ。 TechCrunchは現在、同社にコメントを求めている。 ダンジェロ氏は「私たちはバーンレートを持続可能なレベルに下げる必要があり、それによりミッション追求への集中と事業の長期的な成長を可能にしたい。外部資本には依存したくないので、自立と、自分のリソースの細心の管理が、私たちの未来にとって重要である」と...more
カテゴリー:

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには.. - 01月26日(日)17:50 

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには『メディアってもう一巡したよね』という思いがあって、次に何をしようか考えていたら、そこにD2Cというトレンドがきて『自分が好きなものを作って普通に売ってもスタートアップとして認められるんだ』という気づきがあった」
カテゴリー:

ニッセイ・キャピタルのアクセラレーター「50M」第2期デモデイが開催 - 01月25日(土)22:27 

日本生命グループでスタートアップ投資行うニッセイ・キャピタルは1月25日、同社のアクセラレータープログラム「50M」の第2期採択企業のデモデイを開催した。ステルスのため事業内容が非公開の企業もあるが、全体的には、toC領域に挑戦するスタートアップが多かった印象だ。 50Mは創業前、または創業間もないスタートアップ企業を発掘、育成する、約6ヵ月間の起業家支援プログラム。事業の立ち上げを支援し、「特に優秀な企業に対して業界最大となる5000万円の投資を行う」。ニッセイ・キャピタルは50Mの卒業生にたいしても追加投資する可能性を明言しており、同社いわく、1社あたり最大30億円程度の出資が可能だ。 第2期プログラムは、2018年7月にキックオフ。各期開催されるデモデイは、採択企業がプログラムによって成長した姿を披露する場だ。今回のプログラム採択企業と、各社のビジネス概要は以下のとおり。 nendo(ネンド):様々なビジネスマンのキャリア履歴を可視化し一元化したサービス「キャリアツリー」開発。 HYPE(ハイプ):Y Combinatorのような音楽業界のエコシステムの構築を目指す。 better(ベター):相続税申告サービス「better相続」を運営。相続問題のない社会の実現を目指す。 Unframe(アンフレーム):中国の消費者に向け海外の出品者が「世界中のブランド」を届けられる、C...more
カテゴリー:

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには.. - 01月25日(土)15:20 

「まわりに20代の起業家が多いのですが、彼らには『メディアってもう一巡したよね』という思いがあって、次に何をしようか考えていたら、そこにD2Cというトレンドがきて『自分が好きなものを作って普通に売ってもスタートアップとして認められるんだ』という気づきがあった」
カテゴリー:

「フォートナイト」が公式スポーツに アメリカの高校と大学で導入 - 01月25日(土)11:08 

世界中で大人気のゲーム「フォートナイト」が、ロサンゼルスを拠点とするスタートアップPlayVS(プレイバーサス)の働きにより、米国の高校と大学に公式スポーツとして導入される。PlayVSはEpic Games(エピック・ゲームズ)と提携し、リーグ戦形式の対戦を、大学生や高校生を対象に設定した。またこれにより、PlayVSは大学の市場に参入することとなった。PlayVSは、昔ながらのバスケットボールやフットボールと同等に、eスポーツを高校に導入してもらうという使命のもと2018年4月に創設された。全米州立高校協会と手を組むことで、高校(または父兄、生徒自身)はプレイヤー1人につき64ドル(約7000円)を支払うことでリーグに参加し、一般的なスポーツと同じように他校と試合ができるようになる。だが、PlayVSの提携相手は、全米州立高校協会(全米大学体育協会の高校版)だけではない。ゲームパブリッシャーそのものとも提携をしている。それがPlayVSを一歩前進させた一助になったと、創設者のDelane Parnell(ディレイン・パーネル)氏は言う。ほかの企業は、ゲームを軸に有料の対戦リーグを設定しているが、パブリッシャーと直接提携するという形は皆無ではないが非常に希だ。そうしたスタートアップは、ゲームの知的財産権を持つパブリッシャーの一存で潰されてしまう恐れがある。PlayVSは、世界でも...more
カテゴリー:

Waymoの自動運転トラックがニューメキシコとテキサスでのテストを開始 - 01月24日(金)17:15 

Waymo (ウェイモ)は米国時間1月23日、米国テキサス州とニューメキシコ州の一部で、自動運転長距離トラックのためのマッピングを開始し、最終的にはテストを行うことを発表した。これがロボタクシービジネスを超えてコアビジネスを拡大しようとしているAlphabet(アルファベット)の子会社の最新の動きだ。 Waymoは、1月23日朝のツイートで、ここが「興味深く有望な商業ルートである」ために、これらのエリアを選んだのだと述べている。またWaymoは同時に、同社の自律運転システムブランドである「Waymo Driver」を、「新しい輸送ソリューションを作成する」ためにどのように使うことができるかを探求したいと述べている。 Waymoによれば、テキサス州は特に貨物輸送量が多いため、主に州間高速道路(インターステート)に集中する予定だということだ。このプログラムは、WaymoのChrysler(クライスラー)のミニバンであるPACIFICA (パシフィカ)を使ったマッピングから開始される。 マッピングと最終的なテストは、ダラス、ヒューストン、そしてエルパソ周辺の高速道路で行われる予定だ。ニューメキシコでは、ウェイモは主に州の南部に焦点を合わせている。 州間高速道路10号線(I-10)は、両州にまたがる重要な高速道路であり、すでにアリゾナ州ツーソンとカリフォルニア州サンディエゴで事業を展開する...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「スタートアップ」の画像

もっと見る

「スタートアップ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる