「町工場」とは?

関連ニュース

モード服生み出す丸一墨田工場 「都内でデザイン物」を - 10月12日(土)06:30 

【ものづくり最前線】丸一墨田工場 モード服生み出す小さな下町工場 「都内でデザイン物」を強みに 衣料品製造卸の丸一(東京、一ノ瀬広行社長)の墨田工場は、縫製スタッフ7人の小さな工場。栃木県にあった自社工場を譲渡し、...
カテゴリー:

クラウドファンディングとDIYチームのサポートで実現! 大阪市平野区の金属塗装会社敷地内に「Cafe SaCueva(カフェ サクエバ)」10月1日オープン! - 10月09日(水)12:00 

大阪平野区にある創業60年の町工場永和工芸株式会社が、資金の一部をクラウドファンディングで集め、店舗の内装をDIY好きな人たちの協力を募って進めていたプロジェクトが終わり、10月1日(火)に町工場カフェ サクエバとしてオープン。インダストリアル感やビンテージ感をモチーフにして居心地の良い空間に仕上げ、また金属塗装・金属加工業務を身近に体感できる新感覚の店舗です。
カテゴリー:

<佐賀豪雨>油流出は5万4000リットル 佐賀鉄工所調査結果 - 10月09日(水)08:03 

佐賀鉄工所は8日、佐賀県内に被害をもたらした8月の記録的大雨で、杵島郡大町町の大町工場から敷地外へ流出した油が推定約5万4千リットルに上るとする調査結果を明らかにした。 同社によると、流出前日の8月27日の点検時の記録を基に、熱処理工場内の油槽8基にあった油の量を約10万3千リットルと算出。このうち、油槽からあふれて工場内に残ったのが、敷地の面積などから約4万9千リットルだったと推定し、外部へ流出した油の量を算出した。油は焼入油「ダフニークエンチGS70」(出光興産)。
カテゴリー:

100年つづく製造業の「ポテンシャルを開放する」 キャディが挑むモノづくり日本の再建 - 10月07日(月)10:17 

「『CADDi』を多くの人に届けることは、私にとってある意味使命のようなものなんです」こう語ってくれたのが、キャディ代表取締役の加藤勇志郎さん(28)だ。100年続く、製造業の歪な構造を変え「モノづくり産業のポテンシャルを開放する」。彼らの挑戦の物語に迫ったーー。30年で町工場の半数が廃業している2017年11月に創業したキャディ。2018年12月に、累計10億円を超える資金調達を達成するなど、国内で最注目のスタートアップの一つだ。高い評価を獲得する背景には、180兆円の市場規模を誇る「製造業」に変革をもたらすという期待がある。挑むのは、100年手つかずのまま取り残されていた、歪な「下請け構造」だ。「板金の国内加工会社で言えば、従業員9人以下のいわゆる零細企業が8割以上。その多くが自社の売上の大半を1社、2社の顧客に依存している現状があります。そのため、コストカットに転じたとたんに、経営は立ち行かなくなってしまう」こう語ってくれたのが、キャディ代表取締役の加藤勇志郎さん。事実、こうした町工場はここ30年で半数以上が廃業に追い込まれ、75%が赤字経営に陥っているそうだ。「優れた技術力を持った町工場はたくさんあります」ただ、今は十分に技術力を活かせる環境にない、というのが課題だ。「たとえば、町工場への発注のほとんどは相見積もりによって行なわれています。ただ、8割は失注となってしまうんで...more
カテゴリー:

<佐賀豪雨> 有明海油分検出されず  - 10月05日(土)08:15 

8月の記録的大雨で杵島郡大町町の佐賀鉄工所大町工場から流出した油に関し、佐賀県は4日、水質調査をした有明海で油分は検出されなかったと発表した。 県環境課によると、調査は9月27日、六角川河口域から沖合16キロまでの10地点で実施した。いずれの水中からも、流出した油と同じ成分は検出されなかった。流出直後に有明海で油膜が確認されたが、鉄工所のものとは異なり揮発性だったとみられ、担当者は「関連性は薄い」と説明する。 県は水質汚濁防止法の規定で河川や海域などで水質調査を行い、有明海では毎月実施している。
カテゴリー:

【佐賀】大雨で油流出、佐賀鉄工所社長が県に謝罪 - 10月12日(土)04:30  newsplus

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50910080R11C19A0ACY000/ 大雨で油流出、佐賀鉄工所社長が県に謝罪 2019年10月11日 19:51 8月の大雨で佐賀県大町町の工場から大量の油が流出した佐賀鉄工所(佐賀市)の坂田潤一社長(62)が11日、佐賀県庁を訪れ、山口祥義知事に「ご迷惑をかけ、申し訳ありません」と謝罪した。また、県などによる流出拡大防止や油回収の対応に感謝を述べた。 佐賀県の山口祥義知事(左)に謝罪する佐賀鉄工所の坂田潤一社長(右から2人目) 被害を受けた住民への補償については「町のご指導を仰ぎながら...
»続きを読む
カテゴリー:

クラウドファンディングとDIYチームのサポートで実現! 大阪市平野区の金属塗装会社敷地内に「Cafe SaCueva(カフェ サクエバ)」10月1日オープン! - 10月09日(水)12:00 

大阪平野区にある創業60年の町工場永和工芸株式会社が、資金の一部をクラウドファンディングで集め、店舗の内装をDIY好きな人たちの協力を募って進めていたプロジェクトが終わり、10月1日(火)に町工場カフェ サクエバとしてオープン。インダストリアル感やビンテージ感をモチーフにして居心地の良い空間に仕上げ、また金属塗装・金属加工業務を身近に体感できる新感覚の店舗です。
カテゴリー:

8月の大雨で油5万4000リットル流出、佐賀の鉄工所 - 10月08日(火)15:52 

8月に九州北部を襲った記録的な大雨で、大量の油が流出した佐賀県大町町の「佐賀鉄工所大町工場」は8日、流れ出た油の量は推定約5万4000リットルとの調査結果を明ら…
カテゴリー:

町工場発のチタン食器『一枚鉸(ひとひらしぼり)』が賞を獲得した新製品二種を10月7日同時発売 - 10月07日(月)09:30 

株式会社高桑製作所(所在地:東京都大田区、代表取締役:高桑 英治)の『酒器・瀧焔(たきほむら)』(2019年テーブルウェアフェスティバル・オリジナルデザイン部門優秀賞)と『一枚鉸・重ね皿』(大田のお土産100選受賞・大田区)が同時発売となります。 『一枚鉸・重ね皿』は職人技ヘラシボリ(※1)を発展させた特許技術一枚鉸(ひとひらしぼり)を駆使して成形した皿で、金属食器として新しいスタックスタイルを実現。飾る収納時に...
カテゴリー:

日銀「5年間に400兆円を庶民に配った。なのに庶民が金を使おうとしない。」 - 10月04日(金)19:25  poverty

400兆円供給した日銀の異次元金融緩和、笛吹けど庶民は踊らず それは歴史上最も過激な資金供給だ。日本経済をデフレから救い、成長を支援するため、日本銀行は量的・質的金融緩和策の下でこの5年半余りに400兆円近くを市場に供給した。 ただ、一般庶民にはその恩恵がほとんど行き渡っていないようだ。 北は秋田県から南は沖縄県までの全国各地で、若い夫婦や町工場の経営者、タクシー運転手らを対象に行った20件余りのインタビューを通じて、厳しい現実が浮かび上がった。 安倍晋三首相の経済再生計画であるアベノミクスの中核...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「町工場」の画像

もっと見る

「町工場」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる