「具体例」とは?

関連ニュース

宝くじ高額当せん者の末路 「ギャンブラーの誤謬」で悲劇も - 11月20日(水)15:34 

 今年も年末ジャンボ宝くじの発売時期がやってきた(11月20日~)。過去、幸運にも高額当せんをした人は、再び“一攫千金”を狙って多額の宝くじを購入する傾向があるというが、そこには行動経済学でも裏付けられる落とし穴があった。ニッセイ基礎研究所主席研究員の篠原拓也氏が、具体例をもとに紹介する。
カテゴリー:

パワハラ防止指針素案「抜本的修正を」 弁護士らが声明 - 11月18日(月)15:30 

 厚生労働省が先月示したパワーハラスメント(パワハラ)行為の定義と具体例を盛り込んだ指針の素案について、労働問題に取り組む弁護士や学者、労働組合など約500の個人・団体でつくる民主法律協会(民法協、大…
カテゴリー:

バレてますよ。「参考にします」と言う人は実践しないという事実 - 11月15日(金)22:27 

メルマガ説明文でも「常に営業・マーケティングの本質部分に迫ります」とし、毎回の記事の最後に読者に対して「ノートに書き出す」課題を掲載している、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で人気コンサルタントの中久保浩平さん。今回中久保さんは、その「課題」に身を入れて取り組むことの重要さについて、具体例を交えつつ記しています。 実践者と非実践者の違い 時々、読者さんから頂くメールで、「今日の内容を今後の取り組みの参考にしたいと思っています」とか、「今日の内容はとても共感を覚えました。これから実践します」という類のものが届きます。要は「実践していないけど、これから実践する」とか、「今後、参考にする」というようなものです。 実践しようがしまいが、参考にしようがしまいが、自由なので構いませんが、これまでの経験上「実践します」とか「参考にします」とか言っているだけの人は、恐らく実践されないでしょうし、身になっているようなことはありません。過去にそうした人からその後「このように実際に実践してこうなった」などという話はほとんど聞いたことがなかったので。 毎回、この『ビジネス真実践』では「今日のまとめ」のコーナーにテーマに沿ったちょっとした課題を掲載しています。そして「考えてノートに書き出しましょう」という風に、実際に指を動かしペンを走らせるという作業が伴うものも多いです。 実際に、考えてノートに書き出し...more
カテゴリー:

総務省、“動画見放題”をうたう通信サービスの提供ルール策定へ 専門家から修正相次ぐ - 11月12日(火)23:31 

総務省はゼロレーティングサービスについての検討会で、サービスの提供ルールを定める指針案を公開した。通信事業者に対し、問題となる行為やとるべき対策などの具体例を示したものの、専門家からは表記上の不備について指摘が相次いだ。
カテゴリー:

パワハラ 「個室で研修」該当せず 「簡易業務」もOK 事業主へ指針案 厚労省 - 11月07日(木)05:11 

顧客からの迷惑行為排除  厚生労働省は、「職場におけるパワーハラスメントに関して雇用管理上講ずべき措置等に関する指針」(案)を作成した。行為の類型ごとに具体例を挙げ、パワハラに当たるかを解説している。懲戒処分を受けた労働者に個室で必要な研修を受けさせたり、再三注意しても改善しない労働者に強く注意すること、また経営上の理由で一時的に能力に見合わない簡易業務に就かせることなどはパワハラに該当しな……[続きを読む]
カテゴリー:

【医療・科学】イーロン・マスク氏、脳に埋め込むAIチップが自閉症や統合失調症の"治療"に役立つと主張 - 11月20日(水)01:07  newsplus

イーロン・マスク、脳に埋め込むAIチップが自閉症や統合失調症の"治療"に役立つと主張 YouTube/Lex Fridman テスラとスペースXのCEOイーロン・マスク氏は、ポッドキャスト『Artificial Intelligence』で自身の神経テクノロジー会社「ニューラリンク(Neuralink)」について語った。ニューラリンクは人間の脳にチップを埋めようと考えている。 マスク氏はニューラリンクが「脳に関連する多くの病気を治す」だろうと語った。その具体例として、マスク氏は自閉症や統合失調症を挙げたが、自閉症は病気ではない。 マスク氏は以...
»続きを読む
カテゴリー:

正解できるか!採点できるか!共通テストは国語記述問題もヤバい - 11月17日(日)08:50 

来春から実施される大学入試共通テスト。民間試験導入が見送られた英語に話題が集まっていますが、実は記述問題が導入される国語でも、難易度の高さが危惧されています。メルマガ『ふくしま式で文学・評論を読み解く!』の著者である、国語指導のカリスマ・福嶋隆史さんが、事前に実施されたテスト施行調査の解答例をもとに分析しています。 ※本記事は有料メルマガ『ふくしま式で文学・評論を読み解く!』の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。 大学入学共通テスト 国語の記述採点がいかに困難を極めるかを明確にする (お断り……この記事は有料メルマガ及びmineにて「大学入学共通テスト試行調査(11/10実施・国語)を斬る ~生徒の実物答案で実証!~」というタイトルで2018年11月から有料公開していたものですが、公開から1年が経過したこと、そして今こそこの記事が読まれるべきであることから、無料公開に踏み切りました。今日までに有料でお読みくださった方々には恐縮ですが、ご理解いただければ幸いです) 2018/11/10・11の2日間、約8万人の高2,高3を対象とした大規模なテストが行われました。大学入試センター試験に替わって導入される大学入学共通テストの、試行調査です。2017年去年の11月に実施された試行調査については、既に分析記事をアップしています。 2017年11...more
カテゴリー:

ブームで売れた店ほど怪しい?検索で睨み効かせる税務署のリアル - 11月15日(金)22:24 

企業や著名人による税金申告漏れなどの報道は、「やはり悪いことはできないものだ」などと身を引き締めるきっかけになり得ますが、では、膨大なデータからどう目星をつけたのか、その優先順位などに疑問が湧いたことはないでしょうか。今回の無料メルマガ『税金を払う人・もらう人』では著者で現役税理士の今村仁さんが、税務署が実際に税務調査に乗り出す手がかりとして頼る情報源や具体例を記しています。 税務署の情報収集の手口 税務調査の季節です。有名お笑い芸人の報道もされました。今回は、税務署はどのような手段・方法で、税務調査のきっかけをつかんでいるのかの話です。 税務署の情報収集5つ! 税務署が、脱税や課税漏れのきっかけを探るために事前に大事にしているのは、下記5つです。 法定資料 実地調査資料 週刊誌の記事やインターネット上での記事等の噂 内部告発 第三者通報 法定資料 年末調整時に、「源泉徴収票」や「報酬・不動産賃借料の支払調書」などを会社が税務署に提出します。また、銀行や保険会社、証券会社等の金融機関が、例えば海外送金等について法定資料を税務署に提出します。更には、会社に任意で、「取引資料せん」の提出を税務署が依頼しています。これらは全部で50種類以上に及びます。 例えば、会社が提出した不動産賃借料の支払調書は、それを受け取る貸主側では売上ですから、もしその申告がされていないのであれば、調査が入ると...more
カテゴリー:

中国、「なろう」小説大賞を開催するも「異世界転生」を禁止してしまう。 - 11月11日(月)22:48  poverty

小説掲載数69万以上、登録ユーザ数は160万人以上を擁する 日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」が実施している 中国のモバイルゲーム会社「JINKE」(金科文化)社との タイアップ企画「JINKE小説大賞」が、一部で注目を集めている。 「小説家になろう」の初となる海外企業とのタイアップコンテストで、 大賞に選ばれた作品には30万円の賞金と 中国での映像化が約束される、というもの。 と、ここまではごく普通のコンテストだが、注目したいのは 募集要項欄にある応募条件についての記載だ。 そこには、中国での映...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍政権の八方塞がり。北方領土問題解決も改憲もままならぬ惨状 - 11月07日(木)04:45 

これまでも「プーチン激怒、ブンむくれ金正恩。安倍首相の外交が失敗続きの理由」や「内閣支持率が10ポイント急落。遠のく改憲、近づく安倍政権の終焉」等で、安倍首相の外交面での失策や改憲が無理筋であることを指摘し続けてきた、ジャーナリストの高野孟さん。今回も高野さんはメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』で、安倍政権の「やっているフリ」外交を具体例を挙げ批判するとともに、首相悲願の改憲を含め、現政権が何一つ「レガシー」を残せぬまま終焉を迎えるであろうとし、その理由を記しています。 安倍政権の行方に灯った「黄信号点滅」──もうどう足掻いてもレガシーは作れない 安倍晋三政権の末期症状を象徴する出来事の1つが、10月27日に挙行された日露共同経済活動の「初のパイロット事業」と位置づけられた「北方領土ツアー」である。 残念極まりない見せかけの「北方領土ツアー」 安倍首相が昨年末から外交上の目玉とすべく取り組んだ「2島返還」方式による北方領土交渉打開のシナリオは空振りに終わり、6月の日露首脳会談では日露共同経済活動を進めていくことのみが確認された。共同経済活動と言うからには、シベリアの天然ガス開発など大型案件でも飛び出すのかと思いきや、その最初の事業は、日本から客を募って国後・択捉への観光ツアーを行うことであり、その何が面白いのかと言えば、同じビザなし渡航であっても従来からの「墓参」目的と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「具体例」の画像

もっと見る

「具体例」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる