「ホンネ」とは?

関連ニュース

派遣は健診受けられない「私も同じ」 なぜそんな差が - 11月18日(月)07:00 

■職場のホ・ン・ネ 会社の健康保険の規定のために、健康診断を受けられない。そんな派遣社員の方の体験が当欄に投稿されていました。実は私も全く同じ状況にいます。 今年からある研究機関で派遣社員として、1日…
カテゴリー:

【提灯記事】物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」 - 11月14日(木)20:39  newsplus

「文芸春秋」12月号の安倍晋三首相インタビューには心底、驚いた。「失敗が私を育てた」と題しているから、この20日で桂太郎の2886日を超えて歴代最長になるとかいう長々しい在任期間中の数々の失敗について、率直に反省しているのかと思いきや、とんでもない。  相変わらず、問題の本質には触れずに都合のいい数字や言葉をちらつかせて「やっているフリ」をするという安倍語法の一本槍。聞き手の田崎史郎もひどくて、揉み手をするようにしてお説を拝聴するばかりの幇間ぶりを遺憾なく発揮している。  インタビューと...
»続きを読む
カテゴリー:

【講師のホンネ】不登校は終わりじゃない 中村経子 - 11月13日(水)05:00 

 近頃、心の琴線に触れることがよくある。文部科学省の問題行動調査によると、不登校児童生徒数は14万4031人。小学生184人に1人、中学生30人に1人という割合となっている。子供の数は減っているのに不登校になる子供の数は増えている。
カテゴリー:

「日韓の関係改善など容認できない」ついに出た金正恩氏のホンネ - 11月06日(水)06:49 

 北朝鮮の対韓国宣伝サイトである「ウリミンジョクキリ(わが民族同士)」は5日、韓国が日本との対立解消に向けて動き出したことを非難する論評を掲載した。これこそは、韓国の孤立を望む北朝鮮、そして金正恩党委員長のホンネと言える。論評はまず、次のように主張している。
カテゴリー:

「パチスロ打ちの勲章」など称賛は受けるもホンネは……【濱マモルの のほほんコラムVol.18~ヘルニア~】 - 11月05日(火)18:35 

 それは突然やってきた。実のところ予兆はあったのに、体力が有り余る若人が故に気が付かなかったのか。とにもかくにも、左肩が上がらなくなってしまったのだ。 サラリーマン時代、フレックス制なのをいいことに、いつものように適当な時間にフラリと出社して着席。机上ラックの資料を取ろうと...
カテゴリー:

【芸能】石田ゆり子「お金は紙くず」!? 吉岡里帆、土屋太鳳…芸能美女たちの名言 - 11月16日(土)11:35  mnewsplus

 石田ゆり子(50)が10月25日の『アナザースカイ2』(日本テレビ)で、お金に関する一風変わった持論を展開した。20歳と50歳の誕生日を過ごした思い出の地・パリで、服や靴、文房具、人形などの買い物を楽しんだことを明かした後のこと。自らを“物欲の塊”と分析すると、「お金って紙だから。紙がいっぱい残ってるか、経験があるか。(自分は)経験にかえていきたい」と断言したのだ。  このような女優の「名言」は、枚挙にいとまがない。たとえば、吉岡里帆(26)といえば『カルテット』(TBS系)で演じた来杉有朱...
»続きを読む
カテゴリー:

アパホテル元谷芙美子社長のこだわりとは?業界ナンバー1企業を大特集『たけしのニッポンのミカタ!』 - 11月13日(水)17:30 

アパホテルの元谷芙美子社長と、お笑い芸人ハライチの岩井勇気が、11月15日に放送される『たけしのニッポンのミカタ!』(テレビ東京系、毎週金曜22:00~)にゲスト出演する。ビートたけしと国分太一が司会を務める同番組は、現代日本人の身近に起きる様々な社会現象をテーマに、“今”を捉える知的エンターテインメントプログラム。この日は、「意外なところで大繁盛!知られざる業界ナンバー1」と題して、様々な業界で繁盛しているナンバー1企業を紹介する。まずは、焼き鳥製造業界ナンバー1企業「昭和食品」のアナログ工場に潜入。スーパーの総菜コーナーで人気を集める「焼き鳥」。この焼く前までの工程は、焼き鳥製造専門の工場で行われているという。工場を取材すると、そこでは串に刺す工程はすべて手作業で行われていた。あえて経費をかけて人の手で行っている理由とは!?続いて、業界用わさびナンバー1企業「金印わさび」を取材。スーパーや寿司チェーン店などに卸すわさびを製造し、業務用わさびのシェア40%を誇っている。その秘密は“本物の香り”にあった。さらに、すり鉢業界ナンバー1「マルホン製陶」を訪ねる。岐阜県土岐市にあり、現在20人の職人で年間30万個のすり鉢を生産しているのだが、美しい櫛目が評判を呼び、高度成長期に爆発的に売れるようになったという。工場を訪れると、そこには繊細な職人の手作業に支えられた製造風景があった……。ス...more
カテゴリー:

何も決まらず、発言もなし この会議、一体何のため? - 11月06日(水)07:00 

■職場のホ・ン・ネ エンジニアとして働いているのですが、1年ほど前に転職で入社した会社の無駄な会議の多さにうんざりしています。 チーム会議という名目で目的を知らされないまま呼ばれ、結局何も決まらない会…
カテゴリー:

【講師のホンネ】ダイバーシティとリーダーシップ つだつよし - 11月06日(水)05:00 

ラグビーワールドカップ(W杯)で大活躍を見せてくれた日本代表。そんな日本大会を胸を熱くして観戦していました。私は学生時代にラグビーに燃え、高校時代は花園を経験し…
カテゴリー:

若手優秀人材のホンネ。辞める会社と辞めない会社…リテンション・マネジメントとは。 - 11月05日(火)10:42 

ある中堅社員同士の会話。『え!あいつ辞めるの?あんなに活躍していたのに?幹部候補じゃなかったっけ?』『そうなんだ。会社からも期待されてたよ。このあと、今回の退職について、役員に説明しなければならないんだ。気が重いよ。』『理由は何なんだ?』『それが本当のところはわからないんだ。なかなか本音を伝えてくれなくて。』手塩にかけた将来有望な人材が辞めてしまう。上司にとって、これほど無念なことはないでしょう。 次世代を担う人材の育成はどの企業にとっても大きな経営課題です。それが突然いなくなってしまう。 会社としてもダメージは甚大です。一方、『若手優秀人材』が会社に留まり、貢献し続けてくれる会社もあります。その違いはなんなのでしょうか?『若手優秀人材』が「辞める会社」と「辞めない会社」の境界線はどこにあるのでしょうか?「なぜ、御社は若手が辞めるのか」の著者、青山学院大学 経営学部 山本教授に詳しくお話をお伺いしました。  『若手優秀人材』のリテンション・マネジメントの重要性―まず、リテンション・マネジメントについて教えて下さい。山本氏『リテンション・マネジメントとは、 「高業績者を中心とする社員が、できるだけ長く組織にとどまってその能力を発揮することができるようにするための具体的なマネジメント」 を意味します。「同業他社よりも、社員の定着率が高いかどうか」。これが、その会社の...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ホンネ」の画像

もっと見る

「ホンネ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる