「ドイツ人」とは?

関連ニュース

(ゝ'ん`)「ジーパン片手にホットドックに乗って会社の玄関に到着」 - 09月22日(日)23:48  livejupiter

10:30 愛車のポルシェ(1000万円以上)でフレックス出勤。ジーパン姿でホットドック片手に会社の玄関に到着。 11:30 昼休み。美人OLを連れて健康志向の高級ランチ(@4000円)を食べる。その後出向イギリス人と社員専用のグランドでクリケット対決。 14:30 昼休み終了。外人役員の前で、早口の英語で新しい金融商品のプレゼン。役員は大喝采。 15:20 社員専用のスタバへ、キックボードで移動。出向中のドイツ人と談笑。話題は「MBA留学時代の思い出話」 16:00 フレックスなので退社。ポルシェでジムへ直行、みっちり2時間体を鍛え...
»続きを読む
カテゴリー:

【納得】 ドイツの空港に「花屋」がある理由を知って…グッと来た! - 09月22日(日)06:15 

Kyosuke @タイ🇹🇭で遊んでる (@kyosuke_0724)さんは、ドイツ・フランクルトの空港で、思わずグッとくる光景を目の当たりにしました ・ ・ ・ フランクフルトの空港にはお花屋さんがある。 「なんで空港に花屋あんねんwww」などと思っていましたが、辺りを見渡すと到着ゲートの前で花を手に持つ男性陣。 大切な人の帰りを待っているだけなんですよね。おいおい、、素敵かよ。 pic.twitter.com/aEgJlY11uT— Kyosuke @タイ🇹🇭で遊んでる (@kyosuke_0724) 2019年9月17日 なるほど…!( *´艸`) 素晴らしい文化 現地の人々にとっては、愛を伝える上で重要なアイテムなのですね! これやりたい、そして、してほしい。— とみすけ (@tomisuke) 2019年9月19日 なお、羽田空港や成田空港にも花屋は存在するそう! 大切な人を迎える際は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか(*´∀`*) 関連:【優雅】 フランスの駅で行われている「サービス」が、やはりオシャレすぎた! みんなの反応 ●お迎えに花、とても素敵だなぁと思います。海外のように日本にも『花のある暮らし』を広めたいと思っている1人です。花を持って歩く男性素敵だと思うけどなぁ〜 ●文化の違いってこういう事...more
カテゴリー:

日本と南欧ってなんか似てない? 景気は最悪、低い出生率、脆弱な社会的セーフティーネット… そっくりじゃん - 09月21日(土)18:03  poverty

EUの合計特殊出生率、仏がトップ 独は移民流入で出生数増加 https://www.afpbb.com/articles/-/3169131 2018年3月29日 7:57  【3月29日 AFP】欧州連合(EU)統計局(Eurostat、ユーロスタット)は28日、EUおよび加盟各国の2016年の合計特殊出生率を発表した。 国別の1位はフランスの1.92、2位はスウェーデンの1.85だったが、人口維持に必要な目安である人口置換水準の2.1を下回った。 一方、最下位のスペインとイタリア(いずれも1.34)をはじめ、下位には経済問題を抱える国の多い南欧諸国が並び、おおむね北欧諸国を下回っ...
»続きを読む
カテゴリー:

ドイツ人「握手は不衛生」 笑顔やグータッチに置き換え - 09月20日(金)22:50  poverty

ビジネスの挨拶として、ドイツでは握手することが一般的。ただし、挨拶のルールは以前ほど厳格ではなく、徐々に変化している。 衛生的な観点でいえば、感染症の多くは手を介して体内に侵入することが多いため、握手は好まれない傾向に。 医療施設では手の衛生管理を促進しており、幼稚園では握手ではなく「笑顔で挨拶する」などのスローガンが壁に提示されていることもある。 握手を古い習慣と感じる若者も多く、頬にキスをしたり、最近はお互い拳をぶつけ合うことが挨拶になっているという。 http://www.newsdigest.de/newsde/...
»続きを読む
カテゴリー:

世界文化賞 音楽部門 アンネ=ゾフィー・ムター 巨匠の薫陶、次世代に - 09月17日(火)19:57 

 「バイオリンの女王」と呼ばれ、絶大な人気を誇るドイツ人演奏家。13歳で世界的指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンに見いだされ、華麗なデビューを果たした。「彼にとって、私が唯一のソロ・バイオリニスト。頭が下がると同時に、大変光栄に思います」 細かい独特のビブラートなど卓越した演奏技術と表現力を持つ。カラヤン指揮のベルリン・フィルと共演し、モーツァルトやベートーベンらの名作協奏曲を演奏。世界に数百台しか現存しないストラディバリウスを愛器に、小澤征爾ら世界の名指揮者や演奏家と共演を重ねた。これまで米グラミー賞を4度受賞。世界各国で1000万枚以上のCDを売り上げ、クラシック・バイオリニストとしては異例の販売枚数を達成した。
カテゴリー:

【恐怖のレンズちゃん】ナチスドイツを恐怖に陥れた最強軍団 1万2千人をも狙撃─ソ連伝説の女性スナイパーたちはなぜ過去を隠したのか - 09月22日(日)20:12  newsplus

https://courrier.jp/news/archives/174024/ 5min2019.9.22 ナチスドイツを恐怖に陥れた最強軍団 1万2千人をも狙撃─ソ連伝説の女性スナイパーたちはなぜ過去を隠したのか 第二次世界大戦が拡大し始めた1941年、ドイツ軍がソ連に侵攻、その時、母国のために立ち上がったのは男性だけではなかった。約2000人のロシア人女性が狙撃兵として軍に入隊したのだ。 大きな功績を上げた彼女たちだが、終戦後はそのことについて口を閉ざすようになったという。その理由とは──。 ソ連の女性兵士たちにいちばん人気だった「狙撃兵」  戦争...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】“無名”の18歳日本人MF、ドイツ1部とプロ契約を締結 「プレーで返していければ…」 - 09月21日(土)22:54  mnewsplus

トゥウェンテFW中村と同期の18歳、アペルカンプ真大がデュッセルドルフに入団  ブンデスリーガ1部に新たな日本人が加わった。18歳のMFアペルカンプ真大(しんた)が、デュッセルドルフと2021年までのプロ契約を締結した。 アペルカンプは今夏からセカンドチームのU-23所属だったが、一足早く“飛び級”で昇格。デュッセルドルフの公式ホームページ上で発表された。  異国の地で“新星”が誕生しそうだ。デュッセルドルフのセカンドチームに所属していた18歳アペルカンプの、トップチームへの“昇格”が決定。 18歳ながら、今季の日本人4...
»続きを読む
カテゴリー:

吉岡里帆「なんか泣けるなぁ…」と心を揺さぶられる。14歳の少年が決めた覚悟 - 09月21日(土)15:29 

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。9月21日(土)に放送される同番組のレギュラー回では、“全く声優志望ではなかったのに、中2で国民的アニメキャラクター「ジャイアン」の声優に合格しちゃって、その運命に翻弄された人”が登場する。©テレビ朝日父はドイツ人オペラ歌手、母は日本人声楽家というドイツのエリート音楽一家に生まれたキムラさん。超目立ちたがり屋で人気者の彼は7歳でドイツを離れ、日本へ移住することになり、なんと馬車でパレードをして盛大なお見送りを受けたという。移住後、クラシックしか知らなかったキムラ少年はHIPHOPに衝撃を受け、全く話せなかった日本語をどんどん吸収。将来はラッパーになりたいと夢みるほどに。その後も子役タレントになったり、ガキ大将になったりしてイケイケ旋風を巻き起こし、「もっとイケてぇー、まじモテてぇー」と思っていた。そんな中学2年生のとき、キムラさんはドラえもん声優オーディションのニュースを知り飛びついた。”これを受ければ超目立てる”と記念受験したら、なんと1次合格。本気の大人たちに囲まれながら2次も通過し、最終選考に進んだキムラ少年。ついにジャイアン役を勝ち取ったキムラさんだが、ここから国民的キャラクターを背負う者の苦悩がはじまる。©テレビ朝日合格を2か月間口外禁止...more
カテゴリー:

【芸能】オードリー春日 ギネス世界記録3冠 ぶっつけ挑戦「あまり考えない」無の境地で達成 - 09月20日(金)09:33  mnewsplus

オードリーの春日俊彰(40)が、ギネス世界記録TMの「水中ベンチプレスの最多連続回数」に挑戦し、これまでの40回を塗り替え、43回の新記録を達成したことが19日、分かった。春日にとっては3つ目のギネス世界記録で“3冠”を達成。ボディービルや潜水、フィンスイムなど数々の企画にチャレンジしてきた経験をフル回転し、新たな世界一の座をつかんだ。この模様はテレビ東京系「おもしろいけど超スゴイ!衝撃技が続々登場!おもスゴ世界一!~あの有名人も世界記録に挑戦しちゃいましたSP~」(10月1日、後6・55)で放...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒプノシスマイクでも大人気!ジャイアン声優・木村昴、夜な夜な河川敷で「のび太待て~」を猛特訓 - 09月17日(火)19:17 

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週土曜22:10~)。9月21日の放送は、「全く声優志望ではなかったのに、中学2年生で国民的アニメキャラクター“ジャイアン”の声優に合格しちゃって、その運命に翻弄された人」木村昴が登場する。同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。今回のゲスト研究員は、吉岡里帆、田中卓志(アンガールズ)。父はドイツ人オペラ歌手、母は日本人声楽家というドイツのエリート音楽一家に生まれた木村。超目立ちたがり屋で人気者の彼は、7歳でドイツを離れ日本へ移住することになり、なんと馬車でパレードして盛大なお見送りを受けたというが……?移住後、クラシックしか知らなかった木村はHIPHOPに衝撃を受け、全く話せなかった日本語をどんどん吸収し、将来はラッパーになりたいと夢みるほどに。その後も子役タレントになったり、ガキ大将になったりとイケイケ旋風を巻き起こし、「もっとイケてー、まじモテてー」と思っていた中学2年の時に知った、『ドラえもん』の声優オーディションのニュースに飛びついた。「これを受ければ超目立てる」と記念受験すると、なんと1次合格。本気の大人たちに囲まれながら2次も通過し、最終選考に進んだ木村。ここで、がぜんやる気にな...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ドイツ人」の画像

もっと見る

「ドイツ人」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる