「サンゴ」とは?

関連ニュース

モーリシャス「よ、ようやく来年1月には油の回収が終わるぞ・・・」ジャップ「そういえばあったね、そんなことw」モーリシャス「・・・」 - 12月04日(金)19:49  poverty

インド洋の島国モーリシャス沖で大型貨物船が座礁し、大量の燃料油が流出した事故について、所有する長鋪汽船(岡山県笠岡市)は5日、海岸などに漂着した油の回収が2021年1月にも完了する見込みだと発表した。マングローブ林などに入り込むなどしたため手作業が中心となり、時間がかかっている。 モーリシャス沖で座礁し、完全に分裂した日本の貨物船(lexpress.mu提供・共同) 貨物船「WAKASHIO」は7月下旬に座礁し、8月6日以降、約1000トンの燃料油が流出した。現地当局やボランティア、清掃業者の作業が現在も続いている。マン...
»続きを読む
カテゴリー:

海水水槽(サンゴ)の良さを知ってもらいたい - 11月26日(木)09:19  news4vip

ディスクコーラル ツツウミヅタ ナガレハナサンゴ スターポリプ トランペットコーラル ...
»続きを読む
カテゴリー:

【海保・水産庁】大和堆の中国漁船に対応後手 専門家が主張する対策は - 11月24日(火)08:52  newsplus

 中国漁船が大挙して密漁を続ける大和堆(やまとたい)で、日本政府の対応は後手に回っている。専門家は、平成26年ごろに横行した中国漁船による赤サンゴ密漁問題での海上保安庁による厳格な取り締まりや、中国側の取り締まりなどの対策を参考にすべきだと指摘する。  水産庁関係者によると、大和堆周辺で水産庁や海上保安庁は、退去警告に応じない漁船に対して放水をしている。漁船が干しているイカに水が当たればイカが腐るためだ。だが、現在は「船が多すぎて退去させきれていない状態」(水産庁関係者)だという。  9月末...
»続きを読む
カテゴリー:

玉城知事が問う地方の自主性 辺野古サンゴ訴訟で何を語った - 11月21日(土)10:15 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けたサンゴ類の移植を巡る訴訟で第1回口頭弁論が20日、高裁那覇支部であった。意見陳述に立った玉城デニー知事は、県の審査を待たずにサンゴ移植許可を命じた農林水産相の指示を「異常な事態だ」と批判した。即日結審したが、初弁論の前に書面で互いの主張を交わしてきており、...
カテゴリー:

辺野古サンゴ訴訟初弁論 沖縄県「違法関与」 農相側は反論 即日結審、2月3日判決 - 11月20日(金)19:17 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、埋め立て予定海域にある希少なサンゴ類の移植のための特別採捕を許可するよう農相が沖縄県に是正を指示したのは違法として、県が農相の是正指示の取り消しを求めた訴訟の第1回口頭弁論が20日、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)であり、即日
カテゴリー:

ヒグマは北海道にしかいない。 北海道と本州では生息する動物がちがう理由を知っていますか? - 11月29日(日)17:00 

Credit: canva 全ての画像を見る自然豊かな日本は、生息する動物の種類もさまざまです。 しかし、同じ日本列島でも北海道と本州では、住んでいる動物が大きく違うのがわかります。 これは一体なぜなのでしょう? また近縁種でも、本州より北海道の動物の方が大きいのはなぜでしょうか? 目次 日本列島はどうやってできた?北海道と本州をわける「ブラキストン線」ってなに?寒い地域ほど大きくなる「ベルクマンの法則」とは? 日本列島はどうやってできた? 日常生活では気づきませんが、地球上の大陸は長い年月をかけて常に動きつづけています。 日本列島も最初から今の場所にあったのではなく、遠いところから移動してきました。 プレートに乗ったサンゴ礁や陸地のかけら、海山などが北上し、アジア大陸の南北にくっついたのです。 その後、日本海が少しずつ開いていき、日本列島が大陸から離れて、現在のような島国となりました。 これがおよそ1500万年前のことです。北海道と本州もこのときに誕生しました。 Credit: jp.depositphotos このように地球の陸地は、プレートの移動や気候変動により大きくその姿を変えています。 現に今でも日本は動いており、約8000万年後にはハワイとくっついてしまうのです。 それでは、北海道と本州で生き物がちがうのはなぜでしょう? 北海道と本州をわける「ブラキストン線」って...more
カテゴリー:

海の酸性化が「コンブ」で止まるかもしれない - 11月26日(木)07:00 

Credit:depositphotos 全ての画像を見る近年地球温暖化とともに問題になってきているのが、海洋の酸性化です。 海が二酸化炭素を吸ってくれているという話しはよく聞きますが、そのせいで海の酸性化が進みカルシウムを骨格とする海の生き物たちに悪影響を及ぼしています。 しかし、この問題を馴染み深い食べ物が救ってくれるかもしれません。 7月22日にオープンアクセスジャーナル『ScientificReports』に発表された研究では、海洋酸性化の緩和にコンブが貢献していることを報告しています。 >参照元はこちら(英文) 目次 酸性化する海海洋の酸性化メカニズム酸性化した海洋を正常に戻すコンブの力 酸性化する海 Credit:pixabay 地球温暖化や二酸化炭素濃度の上昇などの問題に対して、海が二酸化炭素の多くを吸い取ってくれているという話は聞いたことのある人が多いでしょう。 海はその表面から二酸化炭素を吸収して大気中の二酸化炭素濃度の低下に貢献してくれています。 しかし、人間の産業活動による二酸化炭素の排出は年々増加しており、産業革命以降、海洋の酸性度は30%も上昇しています。 これはもちろん海が酸の海になってしまうというほど大げさな話ではありませんが、炭酸カルシウムの骨格や殻をもつ生物(カキ、サンゴ、一部のプランクトンなど)に悪影響を及ぼします。 なぜなら海洋の酸...more
カテゴリー:

海保・水産庁、大和堆の中国漁船に対応後手 専門家が主張する対策は - 11月24日(火)06:35 

 中国漁船が大挙して密漁を続ける大和堆(やまとたい)で、日本政府の対応は後手に回っている。専門家は、平成26年ごろに横行した中国漁船による赤サンゴ密漁問題での海上保安庁による厳格な取り締まりや、中国側の取り締まりなどの対策を参考にすべきだと指摘する。
カテゴリー:

【記者解説】辺野古サンゴ訴訟 沖縄県側に勝算は? - 11月21日(土)10:13 

 名護市辺野古の新基地建設を巡る国と県の9件目の訴訟は、沖縄防衛局による埋め立て予定地のサンゴ類の移植申請を許可するよう県に促した農林水産相による是正指示の適法性が争点だ。県はこれまでとは別の切り口で、埋め立て工事を強引に進める国の対応と地方自治の在り方を問うている。 是正指示について、県は国...
カテゴリー:

サンゴ訴訟きょう初弁論 福岡高裁那覇支部で - 11月20日(金)05:30 

 名護市辺野古の新基地建設に向けて沖縄防衛局が申請している辺野古沖のサンゴ類の移植について、県が国を相手取った訴訟の第1回口頭弁論が20日午後2時半から、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)で開かれる。防衛局の特別採捕を許可するよう求めた農林水産相の是正指示は違法として、県が指示取り消しを求める内...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サンゴ」の画像

もっと見る

「サンゴ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる