「仮想現実」とは?

関連ニュース

土崎地区を襲う津波、VRで体験 県内初、秋田市が映像制作 - 05月21日(火)06:42 

 崩れ落ちる建物、迫り来る津波―。秋田市は、地震や津波が発生した際に想定される被害の啓発映像と、仮想現実(VR)で災害を体験できる「津波シミュレーションシステム」を県内で初めて導入し、20日公開した。…
カテゴリー:

COMPUTEX 2019が究極のeスポーツの祭典になる - 05月20日(月)13:37 

2019年5月20日 台湾貿易センター(TAITRA) COMPUTEX 2019が究極のeスポーツの祭典になる COMPUTEX 2019は、5月28日から6月1日にかけて開催され、eスポーツとXRをテーマとした展示エリアが台北南港展示センター ホール1の4階に設置されます。5日間の会期中に国内外のマルチチップ、メモリ、マザーボード、冷却システム、周辺機器などのソフト・ハードウェアソリューションを持つメーカーが集まり、各種eスポーツの魅力を発信し、世界的なeスポーツのエコシステムを構築し、新たなビジネスチャンスの創出に繋げます。 【画像はPDF参照】 台湾貿易センターのPresident & CEO 葉明水 (よう めいすい)は、次のように述べています。 「ゲームコンテンツとハードウェアのバージョンアップにより、消費者はより高いレベルの臨場感とタイムラグの無いゲーム体験を求めています。そのような状況の中でXRが盛り上がっており、VR、AR、MR等の技術は、高解像度の画面、臨場感、多様な対話感を統合し、ゲームユーザーに対してより高度な没入型体験を提供します。COMPUTEXは、著名なeスポーツ運営者を展示会に誘致することで、世界各地のバイヤー、eスポーツチーム、プロゲーマー、ライブ配信プラットフォーム、ゲーム実況者の方々と、全方位的な対話を行い、eスポーツ新...more
カテゴリー:

仮想現実上のバレットタイム――『マトリックス』から20年、ビデオゲームと映画の関係 - 05月19日(日)10:48 

ビデオゲームと映画を繋げる“バレットタイム” 『マトリックス』20周年を記念し、ビデオゲームと映画を繋げる“バレットタイム”について考える。
カテゴリー:

これぞVR時代のデザインソフト!2Dから3Dに切り替えられる「Gravity Sketch 」に釘付け - 05月18日(土)16:45 

工業デザイナーにとって、これほど使い勝手のいいソフトはないだろう。 「Gravity Sketch」はタブレット上の平面描画を仮想現実環境の描画に切り替えられるデザインソフトだ。2017年に発売されたファーストバージョンを大胆に改良。新時代の工業デザインツールとして早くも注目を集めている。 ・VRヘッドセットを使って立体的なデザインを作成 「Gravity Sketch」はSurface Tool機能を利用したソフトウェアで、CADの専門知識なしで3Dオブジェクトのモデリングを作成できるというもの。今回のバージョンではさらにパワーアップ。ペンで2D図面を作成してから、VRヘッドセットを引っ張ってスケッチを3D作品に変換しながら操作することが可能となった。修正も簡単。スケッチに加筆してからタブレットに送り返すか、タブレットに切り替える前にVRで開始してワークフローを逆に実装すればいい。 必要なハードウェアはデザインソフト搭載可能なパソコンとOculus、HTC ViveあるいはWindows Mixed Realityヘッドセットのいずれか。MacユーザーでもOK。PCフリーのオールインワンVR製品である“Oculus Quest”とも連携している。 ・フォードのカーデザインチームが採用 すでに多くの工業デザイナーが愛用中の「Gravity Sketch」。米大手自動車メーカー、フォ...more
カテゴリー:

新型VR機使い、事故疑似体験 唐津市で高齢者ら交通安全再認識 - 05月16日(木)21:25 

唐津署と県警交通企画課による安全教室が15日、唐津市二タ子の高齢者ふれあい会館りふれで開かれた。ゆめさが大学唐津校に通う50~80歳代の学生33人が新型のVR(仮想現実)歩行環境シミュレーターを使い、道路横断での危険予測や事故を疑似体験した。 同課の福田公彦警部が講話をし、県内の統計から、高齢者は追突事故は少ないが、出合い頭や右左折時の事故、アクセルとブレーキの踏み間違いが急増していると指摘。先月、東京・池袋で起きた母子死亡事故の遺族のメッセージも紹介した。
カテゴリー:

【イダテ社調査報告】ロボティクス:産業のデジタル変革を促進 - 05月20日(月)18:00 

【調査レポートのサマリー】2019年5月発行フランスの調査会社イダテ社(IDATE)の調査レポート「ロボティクス:産業のデジタル変革を促進」は、ロボット市場と、新しいテクノロジやデジタルトレンドとの相互作用について概観している。ロボットセンサ、アクチュエータ、ロボット行動、通信、ユーザインターフェースなどの主要技術について記載している。製造業、物流、医療、農業、消費者市場などの主要なロボットの利用ケースを分析している。人工知能、5G、IoT(モノのインターネット)、拡張現実や仮想現実などの新しい技術とロボットの相互作用について分析し、ロボットの進化に対するインダストリー4.0、スマート農業、ネットワーク接続医療、自動運転自動車などのデジタル変革の動向が与える影響についても記載している。2030年までのロボット市場の市場規模を産業毎や利用ケース毎に予測している。This report presents an overview of the robotics market and its interactions with other emerging technologies and digital trends.In presenting the major technological stakes of robotics, it focuses on existing and e...more
カテゴリー:

リッチー・エブリデイ 代官山に直営店を開設、ウガンダ発ブランドを発信 - 05月20日(月)13:00 

 RICCI EVERYDAY(リッチー・エブリデイ)はアフリカのウガンダ発ブランド「リッチー・エブリデイ」を展開。「アフリカンプリント」と呼ばれる独特な模様や色使いが特徴の布地を使い、バッグやポーチをメインに販売している。このほど東京・代官山に日本初の直営店を開設。店舗を通じてアフリカやブランドの魅力を発信する。今後は店舗と通販サイトとの連携も目指していく。  「リッチー・エブリデイ」の商品の価格帯は1万円前後。ファッションにこだわりを持つ感度の高い女性をターゲットにしている。昨年4月にはカタログハウスの通販カタログ「通販生活」で限定商品の販売も実施した。  2015年に同社を設立した仲本千津COOは、それまで農業NGOに参画してウガンダの首都カンパラに駐在していた。そこで「女性と布に魅了された」(仲本COO)という。  ウガンダは定職に就ける人が少なく、安定した生活を送ることが難しい。そんな中、ミシン一台で生計を立てている人に注目し、現地の女性らとともにアフリカの布を使用したバッグを作るブランドを立ち上げた。ウガンダに直営工場を構え、今では現地のシングルマザーや元子供兵ら約20人を雇用している。  現在、ウガンダに直営店2店舗を展開。日本国内では通販サイトによるネット販売のほか、百貨店でのポップアップストアなどを展開している。5月11日には日本で初の直営店を代官山に立ち...more
カテゴリー:

現実でも仮想現実でも殴ってくるロボットが爆誕 - 05月18日(土)21:26 

ロボットエンジニアでユーチューバーのJames Bruton氏が現実でも仮想現実でも殴ってくるロボットをポーツマス大学の学生たちと共に製作した。VRの格闘ゲームで相手に殴られると現実世界でもロボットに殴られる。 ロボットはArduino Megaを使用しており、ロボットのアームと土台、そしてプレイヤーの剣と盾にはHTCのVIVE Trackerが取り付けてある。 このロボットがゲーセンにあれば面白そうだ。ニューガンダムでサザビーと対戦してみたい。 ロボットを製作するBruton氏やロボットと対戦する学生を見たいのであれば以下の動画を。
カテゴリー:

「YouTube VR」アプリ、間もなく発売の「Oculus Quest」に対応 - 05月17日(金)12:05 

「YouTube VR」アプリが、間もなく発売される仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Quest」に対応し、発売直後から利用できるようになる。
カテゴリー:

2019年CESアジアで披露される新たな技術トレンド - 05月16日(木)20:11 

米バージニア州アーリントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 全米民生技術協会(CTA)TMは本日、来る2019年CESアジアで予想される上位のトレンドとして、最新の5G、人工知能(AI)、拡張/仮想現実、スタートアップ、自動車技術などを発表しました。今回で5年目となるCESアジアは技術エコシステム全体が一堂に会する厳選されたイベントであり、2019年6月11~13日に中国上海の上海新国際博覧中心(SNIEC)で開催されます。 CTAのCES担当エグゼクティブバイスプレジデントのカレン・チュプカは、次のように語っています。「CESアジアは、アジア市場全体の成長を促す変容的技術のハブです。参加者はAIの進歩や5Gの接続性、最新の自動運転車等々を目にし、触れ、体験することができます。こうした革新は私たちの働き方や生活の仕方を変えるものです。」 2019年CESアジアに出展される新しい技術トレンドには、以下のようなものがあります。 5G: CESアジアでは、スマートフォンから5G対応の技術まで、新しい5Gハードウエアが会期中を通して発表される予定です。5Gはスマ
カテゴリー:

もっと見る

「仮想現実」の画像

もっと見る

「仮想現実」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる