「グーグル」とは?

関連ニュース

グーグルの独禁法違反調査、州司法長官が司法省と.. - 01月27日(月)11:15 

グーグルの独禁法違反調査、州司法長官が司法省と会合へ #グーグル
カテゴリー:

スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心! - 01月27日(月)11:00 

■スマートホーム、ワイヤレスイヤホンの未来に期待する声、高まる!スマートホームの関心度は、スマスピ、ヒアラブルなどの利用者が高い!ワイヤレスイヤホンを利用している人は、2人に1人がスマートホームに関心!■先端テクノロジーの調査会社、AQU 先端テクノロジー総研(代表、子安克昌)が2,200人を対象に意識調査を実施したところ、そんな結果が得られた。スマートホームにおける音声AIアシスタントの活用の突破口を開いたともいえる、スマートスピーカーについて、主要メーカー製品利用者ごとの、スマートホームに対する関心度を調べたところ、すでに利用している人、今後購入予定の人では、アマゾン、グーグル、アップル、ソニー、オンキヨー、JBL、いずれも、スマートホームに関心ある人が50%を超えている。LINEについては、利用者では、44.3%であるが、今後購入予定のある人では、50%を超えている。スマートホームに対する関心度は、全体的には、20代を中心に10代、30代などが比較的高く、40代、50代、60代以上は、やや低い。しかしながら、大きな差はない。性別では、女性よりも男性の方がやや関心度が高い。女性の心をひきつけるもの、たとえばスマートキッチン、スマート照明、スマート冷蔵庫などにおいて、より魅力的な製品アピールが期待される。スマートスピーカーを利用している人は10%程度となっているが、スマートホーム...more
カテゴリー:

米各州司法長官と連邦政府幹部、グーグルの独禁法調査巡り会談へ - 01月27日(月)08:51 

米国各州の司法長官と連邦政府の司法省幹部が27日からの週に、アルファベット子会社グーグルが反トラスト法(独占禁止法)に違反していないかどうかを巡る調査で情報共有のために会談する。事情に詳しい複数の関係者が26日、ロイターに明らかにした。
カテゴリー:

「量子コンピューティングの時代」がやって来る……までに必要なこと - 01月27日(月)07:00 

グーグルの量子プロセッサー「Sycamore(シカモア)」を搭載したマシンが、スーパーコンピュターでも1万年かかる問題を数分で解いた出来事について、科学的に重要な節目となる「量子超越性」が実証された瞬間だとみなす研究者は多い。ただ、各企業が先行者利益を狙う一方で、こうしたテクノロジーの実用化には課題が山積している。「量子実用性」は果たしていつ訪れるのか?
カテゴリー:

【悲報】向日市長、250万使ってGoogle本社視察に行くも定休日だった為無念の帰国 - 01月26日(日)23:33  news4vip

~安田市長らは近くのIT大手「グーグル」本社に向かったが、当日は閉鎖していることを現地で知り、敷地外から見学しただけにとどまった。 市によると、当視察には航空券や通訳、チャーター車の費用などで約250万円かかった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

グーグル「Dataset Search」、ベータ段階が終了--新機能も - 01月27日(月)11:14 

「Google Dataset Search」は、ベータ段階が終了するとともに、新機能が追加されている。
カテゴリー:

グーグルなどから税徴収を 都税調がデジタル課税に言及 - 01月27日(月)10:30 

 グーグルやアマゾンなど「GAFA(ガーファ)」と呼ばれる国際的なIT企業からどのように税を徴収するか――。世界的な議論が起こる中、東京都政の場でも「デジタル課税」が検討されていく可能性が出てきた。都…
カテゴリー:

グーグルの独禁法違反調査、州司法長官が司法省と.. - 01月27日(月)08:50 

グーグルの独禁法違反調査、州司法長官が司法省と会合へ #グーグル
カテゴリー:

就職戦線異常あり…Z世代は大手テクノロジー企業に就職したがっていない - 01月27日(月)04:30 

フェイスブックとグーグルは常に、働きたい企業の上位を占めているが、中にはそうは思わない人もいる。ニューヨーク・タイムズの記事によると、ジェネレーションZの大卒者は、企業倫理への懸念から大手テクノロジー企業への就職を希望していないという。
カテゴリー:

「イノベーションのジレンマ」の著者、クレイトン・クリステンセン氏が逝去 - 01月26日(日)13:00 

世界的ベストセラーとなったビジネス書、「イノベーションのジレンマ-―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき」の著者でハーバード・ビジネス・スクールの教授を長く務めてきたクレイトン・クリステンセン氏が昨夜ボストンの病院で亡くなった。67歳だった。 Deseret Newsが今朝報じたところによると、死因は白血病に起因する複合的症状だったという。クリステンセン氏は以前から健康上の問題を抱えていた。30歳で1型糖尿病と診断され、58歳で心臓発作を起こし、ガンも発見されていた。2011年のフォーブスのインタビューでクリステンセン氏は「病気は一時的な障害ではあるが、(リハビりの一環として)現在受けている言語療法は新しいチャンスでもある」とオプティミズムを強調していた。 実際、クリステンセン氏は生涯にわたって自他のために新しい可能性を切り開いてきた。ビジネスの世界でクリステンセン氏が注目されたきっかけはインテル中興の祖とも言われる伝説的経営者、アンディー・グローブ氏が同社にアドバイザーとして招いたことだった。このときグローブ氏は「『イノベーションのジレンマ』は自分がこの10年で読んだベストのビジネス書だった」と語った。グローブ氏自身が「ハイアウトプット マネジメント」を始め優れたビジネス書を多数書いていることを考えるとこれはたいへんな評価だ。 2012年にNew Yorkerに発表された紹介によれば、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「グーグル」の画像

もっと見る

「グーグル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる