「アウト」とは?

関連ニュース

XLARGE×WILD THINGS「CHAMONIX JACKET」発売 - 11月30日(月)15:55 

XLARGEは12月5日より、「XLARGE×WILD THINGS CHAMONIX JACKET」(税別3万円)をXLARGE、 XLARGE/X-girl全店舗(※アウトレット店舗除く)、 オンラインストア「calif」「ZOZOTOWN」で発売する。
カテゴリー:

100時間カレーが100店舗達成記念で太っ腹キャンペーンスタート!SNS投稿で100時間カレーが監修した「コク美味カレー」を先着5,000個プレゼント!  - 11月30日(月)15:00 

創業以来初!至高の一品「100時間カレーつけ麵」が同時スタート 一皿から生まれる笑顔のために、カレーに全力をかけている株式会社ARCS(アークス、本社:東京都豊島区 代表取締役:米田 周平)が運営する『100時間カレー』は、2013年東京品川区武蔵小山に、7坪の小さなお店からスタートし、現在までに、僅か7年でイートイン店舗28店舗、デリバリー専門店119店舗、合計147店舗まで展開する運びとなりました。この度、100店舗達成記念として2020年12月1日よりSNSキャンペーンと、創業以来初となる「カレーつけ麺」を同時スタートいたします。 100時間カレーが100店舗達成記念で太っ腹キャンペーンスタート! 『100時間カレー』は2020年、イートイン&デリバリー店舗が合計100店舗を超えました!新型コロナウィルス感染拡大で、飲食業界に甚大な被害が起きている中の店舗拡大は、ひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。日頃の感謝を込めて『100時間カレー』直営9店舗、期間限定で『100時間カレー』をお召し上がりいただき、メニュー画像をSNSに投稿してくれた方に、100時間カレー監修の「コク美味カレー(レトルト)」を先着5,000名様にもれなく1個プレゼントいたします。【インスタグラム、Twitter、Facebookキャンペーン応募フロー】STEP1「100時間カレー」...more
カテゴリー:

【WWDジャパン11月30日号】アウトドア消費の現在.. - 11月30日(月)14:05 

【WWDジャパン11月30日号】アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか
カテゴリー:

eコマースの支払いシステム統合を支援するフィンテック「Primer」が19.4億円調達 - 11月30日(月)12:15 

英国のフィンテック、Primer(プライマー)は、小売業者が支払いレイヤーを統合し、新たな支払い方法を容易に追加できるようにするサービスだ。このほどシリーズAラウンドで1400万ポンド(約19億4000万円)を調達した。ラウンドをリードしたAccelは、Primerに自社の資金を受け取るようかなり強く働きかけたといわれている。 若きスタートアップはこれまで積極的な資金調達を行っておらず、静かに380万ポンド(約5億3000万円)調達したことを5月に発表した(未訳記事)。同社はプロダクト開発と潜在顧客の獲得に注力すべく、100社の小売業者を対象に、技術ワークショップと詳細なインタビューをZoomで実施してきた。そんな活動が見過ごされることはなかった。 シリーズAには既存出資者のBalderton、AppedInvest、Seedcampに加え、新たな出資者としてRTP Globalが参加した。AccelのパートナーであるSonali De Rycker(ソナリ・デ・リッカー)氏はPrimerの取締役に就任する。 (PayPalのBraintree買収にともなう)元PayPal社員によって設立されたPrimerは、1つの支払いAPIで(願わくば)すべてを支配したいと考え、売り手の支払いスタック(支払いにともなうさまざまな階層)の透明性を高めることを明確な目的として掲げている。 大規模な...more
カテゴリー:

『プッシーキングさまの悪癖』『ハングアウトクライシス』他の限定グッズがラインナップされたおわるオンラインくじを販売開始!新規描き下ろしグッズも! - 11月30日(月)12:00 

Take-Tech株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 小井戸 洋)は、株式会社竹書房(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 後藤 明信)のBLレーベル「Qpa」よりおわる先生の『プッシーキングさまの悪癖』『ハングアウトクライシス』他の限定グッズが多数ラインナップされた、「おわるオンラインくじ」を 11月30日(月)~ 1月4日(月)の期間限定で販売します。
カテゴリー:

新感覚リズム体験! ユーザーの身近な音からAIがヒューマンビートボックスを生成 - 11月30日(月)15:00 

株式会社Qosmoは、ユーザーが収録したさまざまな音をもとにAIがヒューマンビートボックスを生成するWebサイト「Neural Beatbox」を公開した。 なお、「Neural Beatbox」のシステムを展示用インスタレーションに最適化し、2019年にロンドンのBarbican Centerで行われた「AI: More than Human」にて展示したようだ。 人間×AIが生み出すリズム 「Neural Beatbox」の大きな特徴は、誰でも簡単にヒューマンビートボックスのようなリズム体験ができるということ。 声や拍手、身近なものを振ったり叩いたりする音をWebカメラで収録し、その音をもとにAIが独自のリズムを生成するのだ。 仕組みとしては、AIが収録音を各セグメントに分類し、キックやスネアといったドラムパートに割り当て新しいリズムを継続的に生成するというもの。ユーザーは途中で何度でも音を追加可能。 リズム生成の過程で生じるAIの適度な「まちがい」が独特のリズムを生み、新たなインスピレーションを与えるかもしれない。同社は、「Neural Beatbox」を通じ、人間とAIの共創がもたらす新しいインスピレーションの可能性を考察していこうとしている。 身近な音でオンラインセッションも ユーザーにとって「Neural Beatbox」は、ニューノーマル時代の新しいコミュニケーション...more
カテゴリー:

スマレジ---上場来高値、大和証券が新規に「2」でカバレッジ開始、目標株価5700円 - 最新株式ニュース - 11月30日(月)14:11 

<4431>  スマレジ  5310  +565上場来高値。大和証券が新規に「2」(アウトパフォーム)でカバレッジを開始し、買い材料視されている。目標株価は5700円としており、前営業日終値(4745円)を約20%上回る水準。同証券は「大和予想ベースの来期予想PSRで13.5倍、来期予想PERで80倍超の水準」とした上で、「コロナ禍でも登録店舗数は順調に拡大。下期から業績モメンタムは回復していく見
カテゴリー:

ジェネシス、CX戦略準備状況を数値化。「Genesys Asia-Pacific Customer Experience Transformation Readiness Index 2021」を発表 - 11月30日(月)14:00 

ジェネシス、CX戦略変革の準備状況を数値化した「Genesys Asia-Pacific Customer Experience Transformation Readiness Index 2021」を発表日本はクラウド導入で先行する一方で、デジタル体験、事業継続計画、リーダーシップが課題に東京 - 2020年11月30日 - クラウド・カスタマーエクスペリエンスおよびコンタクトセンター・ソリューションのマーケットリーダーであるジェネシス・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ポール・伊藤・リッチー)は、顧客と従業員のエクスペリエンス戦略を変革するための企業の準備状況を明らかにする新しい調査レポートを発表しました。「Genesys Asia-Pacific Customer Experience Transformation Readiness Index 2021」というこの調査には、日本を含むアジア太平洋(以下:APAC)6カ国が参加しました。このレディネス指数は、リーダーシップ、従業員エクスペリエンス、デジタル・エクスペリエンス、事業継続計画、人工知能(AI)導入、クラウド導入の6つの主要な要素に基づいて算出されました。調査には、APAC6カ国から合計およそ500名、日本からはビジネスおよびITの意思決定者約80名の回答がありました。回答者が属するすべての業...more
カテゴリー:

普段からお得なバスツアーが #初夢フェア & #.. - 11月30日(月)12:07 

普段からお得なバスツアーが #初夢フェア & #GOTO で衝撃価格‼ 【新宿発バスツアー】 海鮮浜焼き食べ放題&イルミネーション✨ 3,900円~ 🔵大人気店「きよっぱち」海鮮浜焼き食べ放題 🔵東京ドイツ村ウィンターイルミネーション 🔵三井アウトレットパーク木更津&小泉酒造
カテゴリー:

新方式植物工場のプランテックスが農業機械大手クボタから資金調達、大規模マザー工場を建設 - 11月30日(月)11:40 

人工光型植物栽培装置「Culture Machine」および植物成長管理システム「SAIBAIX」の開発を手がける植物工場スタートアップのプランテックスは11月30日、第三者割り当て増資による資金調達を発表した。引受先は、農業機械メーカー大手のクボタ。 今回調達した資金は、同社事業の旗艦となる新方式植物工場(マザー工場)を建設・運営するための資金として活用。マザー工場の建設・運営を通じて、同社植物生産システムが、効率的・安定的であることを実証する。またクボタとの連携を強めることで、植物工場の企画・建設事業を国内外で推進する。 同社では、2019年より東京都中央区京橋に密閉方式の大型栽培装置を設置し、葉物野菜を生産。その野菜は、東京都内の大手スーパーマーケットで販売され、買い物客から高い評価を得ているという。今回調達した資金を活用してマザー工場を建設・運営し、野菜の生産量を拡大する。 世界初のクローズド・タイプ(密閉方式)の植物栽培装置「Culture Machine」。物の量産に最適な型装置タイプの「Type M」 棚ごとに機密・断熱されており、環境パラメーターを個別に制御可能 密閉方式の栽培装置のプロトタイプ また同社では、小型栽培装置を多数設置した植物栽培研究所(仮称)の設立を予定。大学、企業、研究機関と連携し、栽培品種の多様化、機能性野菜や薬用植物などの高付加価値植物の栽培...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アウト」の画像

もっと見る

「アウト」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる