「アマゾンジャパン」とは?

関連ニュース

Amazon、国内売上高2兆円超 イオンやセブンは減収: 日本経済新聞 - 07月27日(火)18:07 

Amazon、国内売上高2兆円超 イオンやセブンは減収: 日本経済新聞日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 新型コロナウイルスの感染拡大が小売業の勢力図に変化をもたらしている。日本経済新聞社がまとめた2020年度の小売業調査では、ネット通販最大手のアマゾンジャパン(東...
カテゴリー:

アマゾンの生鮮品ECが月会費を撤廃、配達時間1時間指定も開始 - 07月24日(土)08:59 

アマゾンジャパンは7月14日から、有料会員「Amazonプライム会員」向けに東京・神奈川、千葉の一部エリアで展開する生鮮品販売サービス「Amazonフレッシュ」のサービス料金体系を見直し、月額料金を撤廃した。これまでは月額500円の月会費を徴収するものの都度の配送料を徴収しない会員プランも展開してきたが、同日から同プランをやめ、月会費を徴収せずに都度の配送料として税込390円を徴収(1回の... このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

韓国発! オリジナルジュエリーブランド『Lucir(ルシール)』2021年7月より日本販売スタート! - 07月21日(水)17:00 

韓国に本社を構えるGOODENOUGH(グディナフ)が、オリジナルジュエリーブランド『Lucir(ルシール)』をローンチ。2021年7月にブランド1周年を迎え、これを機に日本でのプロモーション及び販売を開始しました。『Lucir』とは、ジュエリーを安心して末長く身に着けられる製品を提供すべく、2020年6月に立ち上げたGOODENOUGH(グディナフ)の自社ブランドです。「つくる側」として、長年手掛けてきた実績や経験をもとに、「つける側」の要望やトレンドを最大限に反映し、韓国国内では高品質ながら低価格なジュエリー販売を実現しています。リーズナブルな価格から国内で人気を呼び、2021年4月より日本アマゾンで、パールピアスとネックレスをプレ販売したところ「プレゼントに最適」と日本顧客からも好評を得ました。そして2021年7月にブランドローンチ1周年を迎え、日本市場へプロモーション及び販売を開始しようと決めたところ、「韓国政府 中小企業庁 海外支援事業」の対象企業に選定されたことから、日本市場への参入を決定しました。弊社の製品は、タイ産の高品質な素材”シルバー925”を使用しているため、金属アレルギーの反応が出にくく、また正しくお手入れすることで輝きを保ち続け、長くご愛用頂ける逸品です。現在は日本アマゾンの商品展開を5点に増やし、今後さらにラインアップが増えていく予定です。『Lucir(...more
カテゴリー:

アマゾン/物流拠点の改善で生鮮食品配達スピード2倍に - 07月15日(木)10:40 

アマゾンジャパンは7月14日、Amazonプライム会員向けの生鮮食品宅配サービス「Amazonフレッシュ」をリニューアルしたと発表した。 リニューアルによって変更となったのは、配達時間、料金体系、配達時間帯指定の3点。 […] The post アマゾン/物流拠点の改善で生鮮食品配達スピード2倍に first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

アマゾン 東京など5カ所にデリバリーステーション - 07月14日(水)06:26 

 アマゾンジャパンは、東京都、埼玉県、千葉県の5カ所にデリバリーステーションを開設する。数百人規模のアマゾンフレックスドライバー募集も実施し、配送網を強化する。【関連記事】アマゾンのオンデマンド・プリントが好発進 ...
カテゴリー:

能率向上にリフレッシュ体操 アマゾン鳥栖、NPOと協力開発 - 07月25日(日)07:20 

鳥栖市 アマゾンジャパンの物流センター「アマゾン鳥栖フルフィルメントセンター」(鳥栖市)が、県内のNPOなどと協力して仕事の能率を上げるリフレッシュ体操を開発した。21日、オンラインで講習会があり、トレーナーの呼び掛けに合わせ、スタッフ4人が体をほぐした。 同社の各施設は、地域の専門家と協力してスタッフの心身の健康向上を図っている。鳥栖センターは西九州大の監修、佐賀市のNPO・アトレティコヴィーボサガ(今村晃輔代表)の協力でデスクワーク中などもできる体操を開発した。
カテゴリー:

 アマゾンの生鮮品EC 月会費を撤廃、配達時間1時間指定も開始 - 07月22日(木)10:00 

 アマゾンジャパンは7月14日から、有料会員「Amazonプライム会員」向けに東京・神奈川、千葉の一部エリアで展開する生鮮品販売サービス「Amazonフレッシュ」のサービス料金体系を見直し、月額料金を撤廃した。これまでは月額500円の月会費を徴収するものの都度の配送料を徴収しない会員プランも展開してきたが、同日から同プランをやめ、月会費を徴収せずに都度の配送料として税込390円を徴収(1回の受注金額1万円以上は未徴収)する料金プランに一本化した。なお、1回の最低受注金額4000円以上に変更はない。プラン変更にあわせて、配送リードタイムを短縮。従来まで4時間だった受注から配送完了までの最短時間を「物流拠点にシステムとオペレーション手順の改善」(同社)により、2時間に短縮。また、これまでは2時間刻みだった配送時間指定を有料だが1時間単位で対応できるようにした。1時間単位の配送時間帯指定の利用料金は1回の注文金額が4000円から1万円未満の場合、税込890円、1万円以上は同500円となる。なお、対応エリアは東京都の一部(大田区、世田谷区、目黒区、狛江市)と神奈川県の川崎市(幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区)の一部と横浜市(港北区)の一部となる。  「Amazonフレッシュ」は日本では2017年4月から都内の一部エリアでスタート。その後、配送エリアは東京、神奈川、千葉の一部まで拡大し...more
カテゴリー:

アマゾンジャパン 最終配送拠点を拡大、東京・埼玉・千葉に新設 - 07月15日(木)13:00 

 アマゾンジャパンは物流施設からの配送品を集積し、周辺エリアの顧客宅まで配送する最終配送拠点である「デリバリーステーション(DS)」を関東圏に相次いで新設する。6月29日から都内で開設、稼働させた「東京町田DS」に次いで、8月には「国立府中DS」(東京)と「戸田DS」(埼玉)、9月には「蓮田DS」(埼玉)、10月には「船橋DS」(千葉)を開設、稼働させる予定。  DSは配送力の強化を図るべく、昨年7月に大阪市内に開設した「住之江DS」を皮切りに順次、各地域に開設しており、関東圏に新設する5拠点を加えると、現状、DSは約30拠点となっている。  同社ではDSの開設でアマゾンが配送業務を委託する配送業者「デリバリーサービスプロバイダー」および個人事業主「AmazonFlexドライバー」を使ってより配送業務の効率化を進めたい考えのようだ。  
カテゴリー:

アマゾンが首都圏の配送網を強化、5ヶ所にデリバリーステーションを新設 - 07月15日(木)08:59 

アマゾンジャパンは、東京都、埼玉県、千葉県の5カ所にデリバリーステーションを開設する。数百人規模のアマゾンフレックスドライバー募集も実施し、配送網を強化する。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
カテゴリー:

Amazonが日本に配送拠点を新設、東京や千葉など5カ所に - 07月12日(月)19:39 

アマゾンジャパンは、東京都や埼玉県、千葉県など計5カ所に新しい配送拠点を開設すると発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる