「弁護人」とは?

関連ニュース

京アニ容疑者の弁護人 最高裁に特別抗告 - 06月03日(水)18:12 

 京都アニメーション放火殺人事件で、逮捕された青葉真司容疑者(42)の弁護人を務める遠山大輔弁護士は3日、青葉容疑者の勾留決定に対する準抗告を退けた京都地裁決定を不服として、最高裁に特別抗告したと明らかにした。
カテゴリー:

京アニ容疑者の弁護人、勾留理由の開示請求 - 06月03日(水)10:49 

 京都アニメーション放火殺人事件で、逮捕された青葉真司容疑者(42)の弁護人の遠山大輔弁護士は3日、京都地裁に勾留理由の開示を請求したと明らかにした。2日付。
カテゴリー:

サイバンチョ「弁護人はマスクしなさい」弁護士「いやです」→休廷 - 06月02日(火)21:56  livejupiter

東京地裁では、新型コロナウイルスの影響で3月11日を最後に裁判員裁判の期日を延期していましたが、緊急事態宣言の解除をうけ、2日、約3か月ぶりに開かれました。 裁判員の間にはアクリル板が設置されるなど感染対策がとられた上での再開となりましたが、被告の弁護士2人がマスクをしていなかったことから裁判長が着用を促すと、 弁護士は「全力で弁護するためにマスクをすることはできない」と拒否し、一時休廷しました。 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20200602-00000459-nnn-soci ...
»続きを読む
カテゴリー:

裁判長「マスクして」に弁護人が拒否 審理2時間止まる - 06月02日(火)20:29 

 「マスクをつけて弁護はできない」。弁護人のこんな一言で、2日に再開された東京地裁の裁判員裁判が2時間超にわたり中断する一幕があった。「遺憾だ」とする裁判所に対し、弁護人は「つけないといけないなら再開…
カテゴリー:

「2ちゃんねるのニートちゃんへ 今月のクレカ支払いは32万でした。 羨ましいか~~い?w」 事務次官の息子から1年 - 06月02日(火)18:59  poverty

2019年12月16日、長男を刺殺したとして殺人罪に問われていた元農林水産事務次官・熊沢英昭被告(76)に、懲役6年の実刑判決が言い渡された(12月25日には熊沢被告の弁護人が判決を不服として控訴)。  熊沢被告は同年6月1日、東京都練馬区の自宅で、ひきこもり状態にあった長男(当時44)の首などをナイフで何度も刺し、失血死させた。 殺人に至る直接の原因は長男による家庭内暴力だったとされ、世間からは熊沢被告への同情論が集まっていた。 判決から4日後、東京高裁は保釈を認める決定を下し、同日午後に被告は保釈。これは...
»続きを読む
カテゴリー:

京アニ事件 弁護人が特別抗告 - 06月03日(水)17:36 

36人が死亡した京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕された青葉真司容疑者(42)の国選弁護人は3日、勾留決定に対...
カテゴリー:

6人殺害の父親「記憶喪失」主張 - 06月03日(水)05:03 

 茨城県日立市で3年前、妻と子どもあわせて6人を殺害するなどの罪に問われた父親の裁判のうち、2日、詐欺罪などの区分審理の初公判が水戸地裁で開かれ、父親は、事件に関する記憶がないと主張しました。 日立市の無職・小松博文被告(35)は、2017年10月、妻と子どもあわせて6人を包丁で刺して殺害し部屋に火をつけたとして殺人と放火の罪に問われているほか、運転免許証を偽造した罪などにも問われています。  2日、水戸地裁で開かれた初公判では、運転免許証を偽造した罪などについて裁判官だけで審理する区分審理が行われ、起訴内容について問われた小松被告は、「覚えていないので、何とお答えしていいのか分からない」と事件当時の記憶がないことを主張しました。  弁護側は、小松被告が勾留中に心肺停止となり、後遺症で事件当時の記憶が欠落していると主張。被告の訴訟能力に問題があるとし、刑事訴訟法に基づく公判停止を求めましたが、裁判長は、被告の記憶喪失を認めた上で、「弁護人や裁判所の援助などによって訴訟行為を理解できる」などとして弁護側の公判停止の申し立てを退けました。弁護側は、起訴内容のすべてを争うとしています。
カテゴリー:

コロナで中断の裁判員裁判、再開も弁護人マスク拒.. - 06月02日(火)21:11 

コロナで中断の裁判員裁判、再開も弁護人マスク拒否
カテゴリー:

「全力で弁護できず」弁護人がマスク拒否 裁判員前にアクリル板設置 東京地裁 - 06月02日(火)20:13 

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたことを受け、東京地裁で2日、約3カ月ぶりに開かれた裁判員裁判の初公判で、弁護人2人が「全力で弁護できない」などとしてマスクの着用を拒み、開廷が約2時間半遅れた。
カテゴリー:

弁護人マスクせず審理遅延 東京で再開の裁判員裁判 - 06月02日(火)16:24 

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言の解除を受け、東京地裁で2日、約3カ月ぶりに裁判員裁判が開かれた。裁判官や裁判員、検察官は、いずれもマスクを着用していたが、2人の弁護人が永渕健一裁判長の要請に応じず着用しなかったため、審理は予定より約2時間半遅れての開始となった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「弁護人」の画像

もっと見る

「弁護人」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる