「宇宙服」とは?

関連ニュース

群馬大、宇宙服みたいなフェイスシールドを開発。まるでアンドロメダ病原体だと話題に - 07月09日(木)10:28  news

新型コロナなどウイルスを遮断 ヘルメット型マスクを開発 群馬大グループ 2000円程度で量産可能 https://news.yahoo.co.jp/articles/aec0621b10f181a71388ac09dfd00a2c90c035fe 試作品を装着する橋本教授(左)と説明する藤井教授  群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らの研究グループは7日、新型コロナをはじめとするウイルスの侵入や自身からの排出をほぼ完全に遮断できるフルフェースヘルメット型マスクを開発したと発表した。現時点で商品化は未定だが、藤井教授は「全世界で必要な物。国内外に広まってほしい」と...
»続きを読む
カテゴリー:

最新マスクは宇宙服? 「コロナ遮蔽できる」教授ら開発 - 07月08日(水)13:30 

 宇宙服? いえ最新のマスクです――。群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らが7日、新型コロナウイルスなどに対応した「ウイルスを完璧に遮蔽(しゃへい)できるマスク」を開発したと発表した。同日開いた記者会…
カテゴリー:

全国民が宇宙服みたいなのを着ればコロナはすぐに終息するんじゃね? - 07月08日(水)08:33  news

「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ https://mainichi.jp/articles/20200708/k00/00m/040/019000c 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らの研究グループは、 ウイルスの侵入と排出を遮断するフルフェースヘルメット型のマスクを開発した。 装着した外見は「宇宙服」を思わせる。藤井教授は、国民がこのマスクを外出時に一斉に装着すれば 「新型コロナの感染を収束に向かわせることが可能だ」と強調している。 (略) ...
»続きを読む
カテゴリー:

「Kerbal Space Program」の無料アップデート「Shared Horizons」がリリース。欧州の主要宇宙機関が率いる2つのミッションなどが追加 - 07月02日(木)12:01 

 PrivateDivisionとSquadは,宇宙開発シミュレーション「KerbalSpaceProgram」の無料アップデート「SharedHorizons」をリリースした。このアップデートでは,欧州の主要宇宙機関が率いる2つのミッションのほか,ロケット「アリアン5」,カーバル用宇宙服,新しいパーツや化学実験などが追加される。
カテゴリー:

高度30kmまで飛ぶ宇宙気球が開発される。 手軽に「青い地球」を見られる時代が来る - 07月01日(水)17:00 

Credit:spaceperspective point 高度30kmまで上昇する宇宙気球「ネプチューン」が開発される ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で宇宙旅行の気分が味わえる ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能 「Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。 ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、宇宙旅行の気分が味わえます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。 宇宙の近くまで上昇できる気球「ネプチューン」 ネプチューンは乗客が収容されるカプセル、それを上昇させる宇宙気球から成り立っています。 Credit:spaceperspective 気球はフットボール場ほどのサイズで、真空に近い状態でも動作するようです。 この技術はNASAでも活用されてきた実績あるテクノロジーからは派生したものであり、NASAは大型望遠鏡の飛行に同様の気球を使用してきました。 気球内には空気よりも軽い水素が用いられており、気球を上昇させることが可能。ヘリウムも空気より軽いのですが、現在医療用に使用される...more
カテゴリー:

【話題】最新マスクは宇宙服?教授ら開発「ウイルスを完璧に遮蔽できる。これさえあれば外出自粛もロックダウンも必要ない」 - 07月08日(水)14:07  newsplus

宇宙服? いえ最新のマスクです――。 群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らが7日、新型コロナウイルスなどに対応した 「ウイルスを完璧に遮蔽(しゃへい)できるマスク」を開発したと発表した。 同日開いた記者会見で宇宙飛行士のヘルメットのような試作品を披露した。 開発したのは、藤井教授のほか橋本誠司、山口誉夫(たかお)の両教授と田北啓洋(あきひろ)助教の計4人。 藤井教授によると、マスクは樹脂製のフルフェースヘルメット型。 外部のポンプからフィルターを通した空気を送り込み、排気はフィルターで浄化...
»続きを読む
カテゴリー:

【群馬】「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ - 07月08日(水)09:33  newsplus

7/8(水) 8:07配信 毎日新聞 フルフェースヘルメット型のマスクをかぶった橋本誠司教授と機器の接続を確認する藤井雄作教授(右)=群馬県桐生市天神町の群馬大桐生キャンパスで2020年7月7日、大澤孝二撮影  新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らの研究グループは、ウイルスの侵入と排出を遮断するフルフェースヘルメット型のマスクを開発した。装着した外見は「宇宙服」を思わせる。藤井教授は、国民がこのマスクを外出時に一斉に装着すれば「新型コロナの感染を収束に向かわせ...
»続きを読む
カテゴリー:

「宇宙服」型マスクでウイルス遮断 気圧で侵入防ぐ 群馬大グループ - 07月08日(水)08:06 

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、群馬大大学院理工学府の藤井雄作教授らの研究グループは、ウイルスの侵入と排出を遮断するフルフェースヘルメット型のマスクを開発した。装着した外見は「宇宙服」を思わせる。藤井教授は、国民がこのマスクを外出時に一斉に装着すれば「新型コロナの感染を収束に向かわせること
カテゴリー:

【宇宙開発】高度30kmまで飛ぶ宇宙気球が開発される。 手軽に「青い地球」を見られる時代が来る - 07月02日(木)08:30  scienceplus

→高度30kmまで上昇する宇宙気球「ネプチューン」が開発される →ネプチューンからは地球を眺めることが可能であり、6時間で宇宙旅行の気分が味わえる →ネプチューン内なら成層圏での結婚式も可能 「Space Perspective」は、高度30kmまで上昇する気球「ネプチューン」を開発しました。 ネプチューンに乗るなら、実際に地球をこの目で眺めることができ、宇宙旅行の気分が味わえます。 ネプチューンを用いた旅行ビジネスが計画されており、人々は6時間ほどの往復旅行を楽しめるのです。 ■宇宙の近くまで上昇できる気球「ネプチュ...
»続きを読む
カテゴリー:

【急募】月面でうんちする方法 - 07月01日(水)09:42  poverty

宇宙最大のミッションかも。 1960年代にアポロ11号が月に飛んだとき、船内にトイレはひとつもありませんでした。 なので宇宙飛行士たちは、「小」のときにはコンドーム状のチューブに、「大」のときは袋に用を足すというエクストリームな排泄スタイルを強いられていました。 でも2024年に予定している月到達ミッション・アルテミス計画では、NASAは同じことを繰り返すつもりはありません。 あれはひどかったです」NASAの有人着陸船システムの開発者Mike Interbartolo氏はThe Vergeのインタビューで語っています。 「においのコン...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「宇宙服」の画像

もっと見る

「宇宙服」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる