「地政学」とは?

関連ニュース

グリーンエコノミー投資、過去10年間ではテックに次ぐリターン。LSEG「Investing in the Green Economy 2024」 - 07月16日(火)17:08 

英ロンドン証券取引所を運営するLSEGの最新の調査レポートによると、環境および気候ソリューションといったグリーンエコノミーの市場は、過去10年間でテクノロジー部門を除く全ての産業を上回るリターンをあげている(*1)。 LSEGの第5回目となる年次レポート「Investing in the Green Economy 2024」は、同社独自のデータ、分析、指数を使用して、グリーンエコノミーへの企業のエクスポージャーを測定した。世界中で19,000社以上の企業を評価し、FTSE Russellグリーン収益分類システム(GRCS)に基づき、133のグリーン製品およびサービスに分類されたグリーン収益データを評価した。 同調査によると、グリーンエコノミーの時価総額は、より広範な市場よりもはるかに高い割合で成長している。過去10年間の年平均成長率(CAGR)は13.8%であるのに対し、世界の株式市場の成長率は8.3%であった。グリーンエコノミーを独立したセクターとして見た場合、時価総額は7 兆ドルを超え、銀行、小売、エネルギー部門を上回り、ヘルスケア、資本財、テックに次ぐ第4位のセクターとなる。 グリーンエコノミーの収益は、過去10年間のCAGRが7.6%と、調査対象企業全体の5.3%を上回った。 グリーンエコノミーは長期的に好調な業績を上げてきたが、同調査では2020年以降の業績の不安定さも...more
カテゴリー:

アメリカの法律事務所が中国本土からの撤退を加速 シンガポールに移転も視野 - 07月12日(金)16:59 

米国の法律事務所が、中国本土からの撤退を急いでいる。資本市場の悪化、構造的な経済問題、地政学的な緊張など、経営環境の悪化がその要因とされる。中国法務部の統計によると、外国法律事務所の中国事務所の数は2017年以降減少傾向にある。2022年末までに205件に減少し、現在はさらに減少していると推測される。
カテゴリー:

NATOとアジアの安全保障は「不可分」 日本との連携期待 駐日米大使 - 07月11日(木)19:34 

 ワシントンで開かれている北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議について、エマニュエル駐日米大使が11日、東京都内で報道各社の取材に応じた。エマニュエル氏は北大西洋地域の安全保障と、対中国で緊張するインド太平洋地域の安全保障が「戦略的、地政学的に不可分になっている」と述べ、NATOと日本などの連携強
カテゴリー:

中国は“前のめり”でもトヨタは“慎重”。レクサスが「100%出資で上海に工場整備」で狙う“テスラと同等”の待遇 - 07月08日(月)17:11 

日本を代表する高級車ブランドとして世界に認知されているレクサス。そんなブランドを展開するトヨタが、100%出資で上海にレクサスの工場を整備するとの情報が飛び込んできました。日刊で中国の自動車業界情報を配信するメルマガ『CHINA CASE』は今回、6月末に米メディア大手が伝えた中国でのレクサス工場整備を巡るニュースを紹介。上海市、中国当局、トヨタ各々の思惑を詳しく解説しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:レクサス、100%外資で上海に工場整備?BEV専業工場ならば… レクサス、100%外資で上海に工場整備?BEV専業工場ならば… ブルームバーグが先日、レクサスが100%外資として上海市に工場を整備する方向だと報じた。 レクサスの中国生産に関しては、すでに10年以上前から議論されている。ただし、今回のはそれまでの議論の方向性と少し違う。 今までは、今までのように中国企業との合弁が唯一の選択肢だったが、米テスラがそれを打破してくれた。 上海市も基本的にウェルカムで、テスラの上海工場と同等の待遇を用意する可能性もある。 しかし地政学的リスクで中国を避ける風潮が強い中、まだまだ課題も多いという。 思えば16年前から レクサスの中国生産の話が出始めたのは2008年が最初だ。 当時、レクサスも中国で相応に販売できる、ということを証明しつつある段階で、仮に中...more
カテゴリー:

難易度の高いゼロトラストの実装。NTTデータが導入から運用まで一気通貫で支援できる理由とは? - 07月08日(月)10:00 

近年の地政学的緊張、経済の不確実性、SDGsへの意識の高まり、テクノロジーの進化といった要因に伴い、経営を取り巻く環境が不確実性を増している。さらにサイバー攻撃の手法も高度化・多様化しており、セキュリティ対策の重要性は高まる一方だ。
カテゴリー:

【悲報】三菱重工、横浜から撤退し東京に集約へ 地政学的リスクの高まりに懸念か - 07月13日(土)16:12  news

三菱重工業(東京都)が本社機能の拠点を横浜から撤退し、都内に集約することが分かった。 三菱重工横浜ビル(横浜市西区)に入居する部署はグループ会社とともに今夏、移転する。 関係者によると、「首都圏のオフィスを再構築することで、効率的で機動的な体制を整備する」としている。  同ビルに入居する火力発電システムなどの事業部門に加え、コーポレート部門は8月、高層の大規模ビル「田町タワー」(東京都)へ移転する予定。 三菱造船(横浜市西区)や三菱重工交通・建設エンジニアリング(同)などのグループ会社も順...
»続きを読む
カテゴリー:

eモビリティの未来は、協調的なデータ共有と標準化が鍵を握る - 07月12日(金)14:00 

- EV需要の急激な増加により、相互運用性と情報共有の重要性が明確化 - 一貫性のなさとつながりの欠如が、カスタマージャーニーの弊害と判明 - 相互運用性の適切な実現が、顧客を獲得し、価値を獲得するための新しいビジネスチャンスを生む   EYと欧州のエネルギー業界団体Eurelectricは、eモビリティにおけるデータ相互運用性の課題解決に関するレポート「eモビリティのデータ相互運用性という課題を解決するには(PDF: 8.5MB )(以下、本調査)」を発表したことをお知らせします。本調査では、差別なく標準化された方法でデータを共有することが、消費者のEV体験全体を向上させ、エコシステムプレーヤーにおける価値を引き出すために、いかに役立つかを探っています。   EYは、2030年までに7,500万台以上の電気自動車(EV)が欧州のさまざまな充電ネットワークを活用するようになると予測しています。EVエコシステムのさまざまなステークホルダーがデータを生成する中、データ量の急速な増加により相互運用性と情報共有の重要性が高まります。   EY Global Energy & Resources LeaderのSerge Colleは次のように述べています。 「eモビリティは、内燃エンジンから電気自動車への技術的な切り替えにとどまりません。それは、輸送、...more
カテゴリー:

都知事選が炙り出した「既存政党」終わりの始まり。古い自民党政治を倒す第三勢力「デジタルイノベーショングループ」の台頭は日本を救うのか? - 07月10日(水)04:45 

現職である小池百合子氏の圧勝で終わった2024年東京都知事選挙。参院議員を辞職し出馬した蓮舫氏が惨敗を喫した一方で、前安芸高田市長の石丸伸二氏が意外にも2位という驚きの結果を出しましたが、識者はこの選挙をどう見たのでしょうか。政治学者で立命館大学政策科学部教授の上久保誠人さんは今回、都知事選を「話題に事欠かない選挙戦になった」とした上で、石丸氏やエンジニアの安野貴博氏らの躍進が何を示唆しているのかについて詳しく解説しています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:新しい選挙スタイルの台頭。立命館大学教授が混迷をきわめた東京都知事選を総括する プロフィール:上久保誠人(かみくぼ・まさと)立命館大学政策科学部教授。1968年愛媛県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、伊藤忠商事勤務を経て、英国ウォーリック大学大学院政治・国際学研究科博士課程修了。Ph.D(政治学・国際学、ウォーリック大学)。主な業績は、『逆説の地政学』(晃洋書房)。 新しい選挙スタイルの台頭。立命館大学教授が混迷をきわめた東京都知事選を総括する 東京都知事選挙は、7月7日に投開票された。小池百合子・都知事が国政復帰するのか否かから始まり、過去最多の56人が立候補して選挙ポスター掲示板の数が足りなくなったこと、その掲示板にわいせつと疑われる写真や、候補者と直接関係のないポスターが多数貼られ...more
カテゴリー:

EYストラテジー・アンド・コンサルティング、経済安全保障リスク通報窓口を設置 - 07月08日(月)10:30 

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 近藤 聡、以下EYSC)は、地政学リスクの高まりを受けてさらに重要となっている経済安全保障への取り組みを強化するため、社内に「経済安全保障リスク通報窓口」を設置したことをお知らせいたします。     経済安全保障政策は、先端技術情報の管理強化だけでなく、経済依存を武器化する目的で企業が保有する機密情報を国家ぐるみで奪取し、健全な企業活動をゆがめる「エコノミック・ステイトクラフト*」の発動を許さない取り組みも不可欠です。   エコノミック・ステイトクラフトの実例として、下記のような多様な企業損失のケースがあります。 ●企業買収情報を不正に取得されてM&Aの買収価格で競り負ける ●出願前の特許情報が奪われて知的財産による収益機会を奪われる ●受発注システムへのサイバー工作によって売上計画に到達し得ない資材発注が行われて業績悪化を強いられる   コンサルティング会社は、クライアント支援のため、イノベーション支援プロジェクトによって受領する先端技術情報をはじめ、経営戦略支援のための機密性の高い重要な情報を扱っています。経済スパイによって不正に持ち出された情報がエコノミック・ステイトクラフトに用いられた場合、日本のクライアントのグローバル競争力を低下させ、結果と...more
カテゴリー:

米陸軍の新型ミサイル、太平洋地域でのゲームチェンジャーに - 07月06日(土)21:41 

最近、米国がウクライナに提供した陸軍の戦術ミサイルシステム(ATACMS)が地政学的な注目を浴びている。しかし、ATACMSに続く新型ミサイルが、特に太平洋地域での将来の紛争において大きな影響を与えると予測されている。この新型ミサイル、プリシジョン・ストライク・ミサイル(PrSM)は、長距離射程と移動目標に対する精密攻撃能力を備えている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる