「国交省」とは?

関連ニュース

宮城県議会でクラスター発生、県議ら12人感染…飲食店で開いた懇談会でマスクを着用せずに会話 - 11月25日(水)08:39  newsplus

宮城県議会で議員10人と議会スタッフ2人の合わせて12人が、新型コロナウイルスに感染していることが確認され、県と仙台市は感染者の集団=クラスターが発生したとしています。 宮城県と仙台市によりますと、仙台市内の飲食店で開いた懇談会で感染が広がった可能性が高く、12人はマスクを着用せずに十分な距離を取らずに、会話をしていたということです。 また、宮城県内では白石市の山田裕一市長と、富谷市の若生裕俊市長の感染が確認されました。 すでに感染が発表されている別の市長の濃厚接触者として23日PCR検査を行い、感染が...
»続きを読む
カテゴリー:

国交省/9月分外国貿易貨物のコンテナ個数、輸出入とも大幅減 - 11月24日(火)15:18 

国土交通省は11月24日、2020年9月分の主要6港外国貿易貨物のコンテナ個数の速報を発表した。 <輸出入別港湾別コンテナ個数> <コンテナ個数推移表> それによると、外国貿易貨物のコンテナ個数(速報値)は、106万81 […] The post 国交省/9月分外国貿易貨物のコンテナ個数、輸出入とも大幅減 first appeared on LNEWS.
カテゴリー:

雲仙普賢岳の噴火から30年 復興事務所の閉鎖で故.. - 11月23日(月)17:31 

雲仙普賢岳の噴火から30年 復興事務所の閉鎖で故郷を離れる国交省職員の思い
カテゴリー:

自動運転「レベル3」 ホンダの「世界初」、アピールに一役買う国交省の目論見は - 11月22日(日)21:00 

ホンダは高速道路の渋滞時にドライバーがステアリングホイールから手を離し、携帯電話などの操作もできる「レベル3」の自動運転を実用化した。高級セダン「レジェンド」に搭載し、2020年度内に市販するという。
カテゴリー:

【DOHC VS ターボ!】1980年代。トヨタと日産が競い合ってエンジン開発をしていた時代|ハチマル・テクノロジー - 11月22日(日)11:30 

排ガス対策の完了した1970年代終盤から、それこそ10年ぶりに、再びエンジンの性能競争が始まった。そのきっかけを作ったモデルが1979年10月発表のセドリックターボ(430系)だった。運輸省(現・国交省)の認可を取るため、ターボを省燃費機構・・・
カテゴリー:

【宮城】宮城県の2市長が感染、すでに感染判明の市長との会食が原因か 都内で国交省幹部を交え2時間の懇親会 24日 - 11月25日(水)06:20  newsplus

 宮城県白石市と富谷市は24日、山田裕一市長と若生裕俊市長が新型コロナウイルスに感染したと発表した。両市は会食が原因だった可能性があるとみている。同県では大崎市の伊藤康志市長の感染が20日に判明している。  各市によると、伊藤市長と山田市長は16日、東京都内で国土交通省幹部に治水事業に関する要望をした後、同幹部2人を交え、2時間ほどの懇親会を行った。国交省によると、2人は自宅待機中。県内の他の3市町長も同席していたが、PCR検査の結果は陰性だった。  若生市長は、伊藤市長と14日に大崎市内で...
»続きを読む
カテゴリー:

国交省の赤羽大臣、Go To トラベルからの感染拡大地域一時除外の方針を発表 - 11月24日(火)14:08 

 国土交通省の赤羽一嘉大臣は、新型コロナウイルスの感染が拡大している地域への旅行について、Go To トラベル事業の割引の対象外とする措置を導入すると発表した。
カテゴリー:

【神奈川・相模原市】職員が告発!国交省キャリア官僚の陰湿パワハラで被害者続出 20人以上 - 11月23日(月)11:56  newsplus

職員が告発!国交省キャリア官僚の陰湿パワハラで被害者続出 11/23(月) 11:01配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/f7c55a4fa14438c9ee3e9746a9ac42be539197c7 リニア中央新幹線建設に起因する、新たな問題が発覚した。 舞台となっているのは、神奈川県の政令指定都市である相模原市だ。’14年に市内の橋本駅周辺にリニア駅を建設する計画が始動。以降、国交省から役人が相模原市役所に出向してくるようになったが、そのキャリア官僚が陰湿なパワハラを繰り返し、大問題になっているというのだ。 職員からパワハラ相談を受けて...
»続きを読む
カテゴリー:

【鉄道】JR北海道・四国への財政支援継続へ コロナで経営悪化 - 11月22日(日)18:18  newsplus

政府は、経営難のJR北海道の財政支援を延長する方向で検討に入った。JR北の株式を所有する鉄道建設・運輸施設整備支援機構を通じて2019~20年度に約400億円を支援しているが、根拠となる関連法の規定が来年3月で切れるため、来年1月開会予定の通常国会に改正案を提出。21年度以降も支援を続ける方向だ。同じ枠組みのJR四国の支援も継続する。 JR北の鉄道事業は慢性的な赤字で、国は18年7月に経営改善を求める監督命令を出して財政支援を決定。JR北は赤字路線の廃止などを進め、北海道新幹線の札幌延伸後の31年度の経営自立をめざしてい...
»続きを読む
カテゴリー:

防災大義、消える脱ダム 災害頻発で勢いづく公共事業(西日本新聞) - 11月22日(日)08:29  newsplus

再始動 川辺川ダム(下)  戦意ゼロの「敗北宣言」が時の流れを感じさせた。熊本県が川辺川にダム建設を容認する方針を固めたことが伝わった12日、かつて民主党に所属した立憲民主党の中堅議員は「もう行革っていう時代じゃないですから」とつぶやいた。  2009年9月に発足した民主党政権は「コンクリートから人へ」を掲げた。当時の前原誠司国土交通相は就任会見で「公共事業見直しの『入り口』」として、熊本県の川辺川ダムと群馬県の八ツ場ダムの中止を宣言した。代替の治水案を持たないままの「見切り発車」だった。  行き...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国交省」の画像

もっと見る

「国交省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる