「国交省」とは?

関連ニュース

国交省、「水の里の旅」で企画8件を選定 - 12月10日(火)09:00 

 国土交通省はこのほど、「水の里」を観光資源とした旅行の企画を公募し、審査する「“水のめぐみ”とふれあう水の里の旅コンテスト」の2019年度の受賞企画8件を決定した。  一般部門最優秀賞と特別賞「絶景賞」には、長野県茅野市を舞台とした「御射鹿池と水の郷をめぐる日帰りバスツアー」を選んだ。受賞者は、ちの観光まち
カテゴリー:

リニア中央新幹線 協議難航 国交省が地域共生テー.. - 12月09日(月)16:27 

リニア中央新幹線 協議難航 国交省が地域共生テーマの勉強会 #nhk_news
カテゴリー:

【車カス】低扁平タイヤでキャッツアイ踏んでパンクして国交省に文句言う(笑) - 12月09日(月)07:53  news

キャッツアイを踏んでパンク 増加の背景にタイヤの低偏平化 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17494906/ [道路交通ジャーナリスト清水草一]―  先日、カーマニアの友人が運転するクルマに乗っていた時、タイヤが道路端のキャッツアイ(道路鋲)を踏んでしまった。  踏んだ瞬間、「ガガガッ」というショックがあり、「ひょっとしてタイヤが損傷を受けたかも」と思ったら、間もなくインパネに「タイヤ空気圧警告」が点灯。これはマズイとクルマを道路脇に止めて確認したところ、左前のタイヤのサイドウォー...
»続きを読む
カテゴリー:

新幹線長崎ルート 国、アセス費計上見送り 県のフル規格反発受け - 12月07日(土)09:30 

政府は6日、2020年度予算案で、九州新幹線長崎ルート・新鳥栖―武雄温泉間のフル規格での整備に向けた環境影響評価(アセスメント)関連費用の計上を見送る方針を固めた。与党が「適当」としたフル規格に佐賀県が反発しているため。国土交通省は、予算計上には佐賀県の理解が必要との見解を示していた。 膠着状態にある整備方式の見直し論議で、事態打開に向けて国交省は、フル規格を前提とせず、佐賀県と整備方式の在り方を議論する場を設ける方針。
カテゴリー:

国交省、新幹線のバリアフリー化推進 JR各社集め.. - 12月07日(土)08:44 

国交省、新幹線のバリアフリー化推進 JR各社集め検討会設立
カテゴリー:

エバー航空・青森-台北線 増便 20年夏ダイヤ 週4往復に - 12月10日(火)06:05 

青森県は9日、エバー航空(台湾)が来年の夏季ダイヤ(3月29日〜10月24日)で、青森−台北の定期便を週4往復で運航する予定であることを明らかにした。今年の夏季と比べ2往復の増便となる。今後、国交省や
カテゴリー:

国交省、宇高航路休止後の代替航路を案内。直島や小豆島経由便 - 12月09日(月)14:59 

 国土交通省 四国運輸局は12月6日、四国急行フェリー(四国フェリー)の岡山県・宇野港~香川県・高松港のいわゆる宇高航路が12月16日に休止になることに伴い、近隣で利用可能な代替航路を告知した。
カテゴリー:

【リニア問題】政治ショーだった? - 12月07日(土)22:59  newsplus

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68857 リニア問題は政治ショーだった…?静岡県・川勝知事「迷走」の正体 国もJR東海も呆れ顔 ループする「JR東海への不信感」発言 2027年の開通を目指して工事の進むリニア中央新幹線(品川=名古屋間、全長約286km)では、11月22日には神奈川県相模原市内で神奈川県駅(仮称)の起工式が行われるなど、各工期における工事が進捗している。11月26日には岐阜県瑞浪市内で掘削中の日吉トンネルの本抗内部が報道陣に公開された。 だが、現時点では計画通りの開通には「黄信号」が灯ってい...
»続きを読む
カテゴリー:

=新幹線長崎ルート= 知事「4者協議は5択で」 協議前に条件確認 - 12月07日(土)09:00 

九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)の整備方式を巡り、山口祥義知事は6日、与党検討委員会が求めている長崎県、国土交通省、JR九州との4者による協議について「協議は『5択』で。その前にいろんな条件を確認することも大切だ」と述べ、調整役である国交省の考えを見極める必要があるという認識を示した。 県議会一般質問で藤木卓一郎議員(自民)の質問に答えた。
カテゴリー:

葛飾区、ダンボールロボットキット「embot」を小学校で導入へ - 12月07日(土)07:00 

東京都葛飾区が小学校でのプログラミング教育に向け、段ボールロボット「embot」を導入するそうだ(ロボスタ)。 embotは段ボール製の外装と電子工作キット、タブレットやPCで動作するプログラミング環境がセットになったもので、NTTドコモとインフォディオ、タカラトミーが共同でプロジェクトを進めている。実際に葛飾区ではこれらを使った教育プログラムを導入するという。 まずは今年度中に先行して一部の小学校に導入し、その後すべての小学校や特別支援学校に導入するとのこと。導入数は1,980セット+組み立て段ボール174組で、計上された予算は合計1,400万円程度だという。 すべて読む | デベロッパーセクション | 日本 | プログラミング | 教育 | ロボット | 関連ストーリー: 国交省、2030年の日本社会を想定した政策提言を発表 2018年08月03日 小学生プログラミングバトル番組が10月放送開始 2017年09月06日 2020年度から導入される小学校プログラミング教育、多くの教委が未準備 2018年06月26日 政府、地域住民が自主的に運営する「プログラミング学習クラブ」を推進する方針 2017年06月12日
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「国交省」の画像

もっと見る

「国交省」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる