「同組合」とは?

関連ニュース

実習生「時給339円で一日中働かされて休日なし」 農協「法令違反はなかった」 - 03月23日(土)19:23  poverty

ミャンマー人実習生の労働実態、農協へ調査要請 技能実習生として愛知県豊橋市の農家で働いていたミャンマー人女性5人が低賃金で長時間の単純労働をさせられたとする問題で、 支援する「ものづくり産業労働組合」などは19日、地元の豊橋温室園芸農業協同組合に対し、実態調査と再発防止策などを要請した。 5人は先月までの1~2年間、大葉の結束とパック詰めに従事。実働賃金との差額分の支払いを雇用先に求めている。申告を受けた豊橋労働基準監督署が調査している。 同農協によると、雇用先は組合員でなく、組合員農家の作業を請...
»続きを読む
カテゴリー:

農作業事故の実態把握へ 県、情報分析し防止対策 - 03月23日(土)10:30 

佐賀県は農作業事故に関する情報収集を強化する。これまで死亡事故以外のけがなどの情報が十分に得られていなかったが、新年度から国を通じて、全国共済農業共同組合連合会(JA共済連)の農作業中傷害共済などに加入した農業者の事故情報の提供を受けられるようになった。事故の実態を把握してより詳細に分析し、防止対策につなげる。 2017年に農作業中の事故で亡くなった人は全国で304人。
カテゴリー:

【電力】秋田の海に風車500基?賛否両論 景観、漁業などに不安の声←賛否両論、計最大333万kW 23年順次稼働 - 03月23日(土)09:07  newsplus

秋田の海に風車500基?賛否両論 景観、漁業などに不安の声 秋田県の沿岸海域で、7件の大規模な洋上風力発電計画が浮上している。計画通りにすべて進むと、県北の八峰町から県央の由利本荘市の沿岸海域に最大500基以上の風車が並ぶことになる。洋上風力は国が開発を後押ししており、県も沿岸部4カ所を国指定の開発促進区域にしたい考えだ。ただ、一部住民は景観や環境面で反対し、一部漁業者も漁獲への影響を不安視している。【中村聡也】  ◇賛否両論  「事業者と共存共栄の輪を作りたい。洋上風車の海中部には魚が集まる効果が...
»続きを読む
カテゴリー:

あのジュゴンな。実はパヨクが撲殺したんじゃないか?いつもだったら必死に否定する癖に。 - 03月22日(金)21:38  news

沖縄で死骸発見のジュゴン「パヨクが撲殺」と情報が拡散 県や保護団体「根拠なし」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00010006-bfj-sci 国の天然記念物で、絶滅が危惧されるジュゴンの1頭の死骸が、沖縄本島北部の今帰仁村(なきじんそん)の沖合で見つかった。 これを受け、「パヨクに撲殺されていたことが判明」とする、まとめサイトによる記事がネット上で拡散している。 しかし、それは根拠のない真偽不明の情報だ。県やジュゴンの保護団体らも「死因特定はこれから。根拠がない」とBuzzFeed Newsの取材に語る。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

浜名湖潮干狩り中止 アサリ漁獲量回復せず 昨夏暑さ影響か - 03月22日(金)08:48 

 5月の大型連休に浜名湖の風物詩になっている浜松市西区舞阪町弁天島の観光潮干狩りが、今年は中止されることに決まった。アサリの漁獲量が回復しないため。浜名漁業協同組合の河合和弘組合長は「昨夏の暑さが影響したのかもしれない。大変残念だが、やれる状況ではなく理解してほしい」と話した。
カテゴリー:

引っ越し難民が深刻に 年度替わりで人手不足 大手は受注停止 - 03月23日(土)14:39  newsplus

https://www.google.com/amp/s/www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/119988%3famp 進学や就職、転勤に伴う引っ越しがピークを迎える中、希望する日程や料金で転居ができない「引っ越し難民」問題が群馬県内で深刻化している。業界の慢性的な人手不足に加え、引っ越し料金の過大請求を理由に大手業者が受注を停止しており、ほかの業者に予約が集中。価格の高騰もあり、新生活を始める人にとっては受難の春となっている。 ◎関係者「負担感 相当高まっている」 「単身なのに、見積額は十数万円。高すぎてとても無理だった」。大...
»続きを読む
カテゴリー:

農作業事故安全推進へ佐賀市で研修会  - 03月23日(土)10:20 

農作業安全推進研修会(県主催)が19日、佐賀市の東与賀文化ホールであった。農作業事故の調査研究を行う富山県厚生農業協同組合連合会健康福祉アドバイザーの大浦栄次氏が、事故防止のために安全な現場の環境づくりを呼び掛けた。 農作業事故を原因とする全国死亡者数の割合は60歳以上が9割を占めており、就農者の高齢化に合わせて死亡者数の割合が高推移していることを紹介。大浦氏は「高齢者の職場として農業の現場は安全対策が不十分」と指摘した。
カテゴリー:

40年の技術の結晶 中島さん最高賞 - 03月23日(土)08:40 

県内のプロの造園家が庭造りの技術を競う「第14回県庭園コンクール(県造園協同組合など主催)で、伊万里市の中島利夫さん(63)=中島庭苑=の作品が最高賞の県知事賞に輝いた。中島さんは「庭造り約40年で培った技術の結晶」と自慢の作品を披露した。 中島さんの作品は木漏れ日の差す庭で、ゆったりとした休日のひとときを過ごしてもらうことがテーマ。日本庭園と洋風な庭をかけ合わせた和モダンな庭を手がけた。和と洋だけでなく、フェンスの曲線と直線や、樹木の高低差など七つの対比の美を取り入れている。
カテゴリー:

=花とみどりの市= ヤギやウサギに大喜び ミニ動物園にぎわう  - 03月22日(金)09:30 

吉野ケ里歴史公園臨時駐車場で開催中の「第47回花とみどりの市」(佐賀県造園協同組合、吉野ケ里歴史公園、佐賀新聞社主催)で21日、ミニ動物園が開かれた。どんぐり村(佐賀市三瀬村)のハムスターやウサギ、ヤギが来場者を和ませた。 子どもたちは動物を見ると「お団子みたいでおいしそう」「毛がふわふわしてて気持ちがいい」とはしゃぎ、笑顔で触れ合っていた。 ミニ動物園には4回目の来場という中川結月ちゃん(6)=佐賀市=は「ハムスターがかわいくて、触るのが楽しい」と笑顔。
カテゴリー:

伊勢湾イワシも禁漁 コウナゴ保護へ対策 - 03月21日(木)08:03 

 伊勢湾のコウナゴ漁が4年連続で禁漁となり、県ばっち網漁業協同組合と県船びき網漁業組合は、網を使うイワシ漁なども4月末まで禁漁とすることを決めた。網にコウナゴがかかってしまうためで、状況を見ながら解禁する見込み。愛知県側の漁業関係者にも協力を求めていく。
カテゴリー:

もっと見る

「同組合」の画像

もっと見る

「同組合」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる