「出演中」とは?

関連ニュース

バイプレイヤーの泉 第47回 『行列の女神~らーめん才遊記~』黒島結菜のヘルシー感はどこまで続く - 06月06日(土)07:00 

幼少期から熱血ドラマオタクというライター、エッセイストの小林久乃が、テレビドラマでキラッと光る"脇役=バイプレイヤー"にフィーチャーしていく連載『バイプレイヤーの泉』。第48回は女優の黒島結菜さんについて。現在『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京系)に出演中の黒崎さん。今、学生服を着て高校生を演じてもなんの違和感がないほどの、健康そうなビジュアル。あれはどんな女優さんが求めても手に入ることのない宝ですよね。そのルーツはどこにあるのだろうと、初めて公式サイトをチェックしたら出身が沖縄県だと知りました。おお、納得の理由でございます。
カテゴリー:

【緊急速報】高須クリニック院長、新型コロナウイルス感染症に陽性反応wwywwywwywwwywwywywwy - 06月05日(金)19:02  livejupiter

高須克弥名誉院長、コロナ陽性と事務所が発表…現在ICUで治療受け意識混濁との情報も  新型コロナウイルス感染が発覚したタレントで医師の高須克弥さん(65)が重度の肺炎で入院していることを所属事務所が今日5日、正式に発表した。 17日に発症し、20日に訪れた主治医の判断で東京都内の病院に緊急入院。23日にウイルス検査の陽性反応が判明した。 現在、意識が混濁状態との情報もある。交友関係が広く、さまざまな番組に出演中だっただけに、芸能界に衝撃が走っている。 https://www.google.com/amp/s/www.sanspo.com/gei...
»続きを読む
カテゴリー:

小芝風花:蜷川実花撮影で大人っぽい表情… 「作品のスパイスになりたい… - 06月03日(水)20:40 

 連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系、日曜午後10時半)に小林苺役で出演中の女優・小芝風花さんが、6月1日発売の雑誌「AERA(アエラ)」(朝日新聞出版)6月8日号の表紙を飾った。 表紙…
カテゴリー:

ナイツ塙、大好きなドラマ『M』を語り尽くす!「好き過ぎてYouTubeに…」 - 06月03日(水)10:46 

平成の歌姫が誕生するまでと、そこに秘められた出会いと別れを描いた同名小説(小松成美著・幻冬舎刊)に、脚本家・鈴木おさむの手でドラマならではの彩りとオリジナル要素をプラスした『M 愛すべき人がいて』。6月6日(土)、前回そのマニアックな視点と愛あふれる副音声で好評を博した伊集院光と古市憲寿に、自身も『警視庁・捜査一課長2020』に出演中で大の“M好き”である塙宣之(ナイツ)が加入した3人による第3話コメンタリー付きリミックスバージョンが放送されることになった。前回の副音声でも、「田中みな実の生真面目さがすごく出ていて、目が話せない」と田中の演技にハマッていることを公言していた伊集院。今回もその熱は冷めやらず「もはや片平なぎささんを通り越しているのか(笑)?」とクギヅケ状態に…。また、第3話に登場して世間をザワつかせた田中演じる姫野礼香がアユ(安斉かれん)に宣戦布告した際の「許さなーーーーーーい」というセリフについて、「台本に“ーーーーーー”がいっぱい書いてあったから、それひとつが何秒なのか、音程まで考えて役作りしたそうですよ」と、田中本人から聞いたという恐怖のセリフ誕生秘話も明かす。「このドラマが好き過ぎてYouTubeにパロディー動画を作ったんです。フルスイングがいい!」と語るのは、新加入の塙。作詞に苦戦中のアユがライバルの玉木理沙(久保田紗友)&西谷真理(傳彩夏)にイビられるシー...more
カテゴリー:

リモート×フィットネス!リアルタイムで通える本格派オンラインフィットネスの決定版!「アート」と「エクササイズ」の融合 をコンセプトに誕生したオンラインフィットネスジム!只今キャンペーン実施中! - 06月02日(火)14:00 

忙しくてもひと目を気にせず、自宅でいつでも本格的なフィットネスレッスンがスマホやi-padなどのモバイル、パソコンで受けることができるオンライン・トータル・フィットネスジムが誕生しました!人気のエクササイズやダンス、YOGA、ピラティスなどのコンディショニングやクロストレーニング、格闘系エクササイズのほかマンツーマンのパーソナルトレーニングまで、通常のフィットネスジム同様に充実のラインナップでありながら、現在OPENキャンペーンにより最低月額料金980円という低価格を実現しています。キャンペーン期間は2020年6月1日から2020年8月31日まで。キャンペーン価格での会員登録は「リモート・フィットネスワーク」オフィシャルサイトのお問い合わせから「会員登録を希望する」と明記して送信ください。-――――――――――――――――――――☆★★≪新時代のウエルネス・コンセプト。芸術×フィットネス≫リモート・フィットネス ワークは、パリで活躍の日本人アーティスト"Ken Nakano"氏のアートワーク『-Ascension-上昇氣龍』コンセプトを基に【Exercise(エクササイズ)】と【Arts(芸術)】の融合を目指し誕生しました。コロナウイルスの影響により、通常行っていたフィットネスジムでのトレーニングが出来にくくなり、運動不足になりがちな方が全世界規模で広がっています。そんな健康を必要...more
カテゴリー:

【緊急速報】高須クリニック院長、新型コロナウイルス感染症に陽性反応wwywwywwywwwywwywywwy - 06月05日(金)20:49  news4vip

高須克弥名誉院長、コロナ陽性と事務所が発表…現在ICUで治療受け意識混濁との情報も  新型コロナウイルス感染が発覚したタレントで医師の高須克弥さん(65)が重度の肺炎で入院していることを所属事務所が今日5日、正式に発表した。 17日に発症し、20日に訪れた主治医の判断で東京都内の病院に緊急入院。23日にウイルス検査の陽性反応が判明した。 現在、意識が混濁状態との情報もある。交友関係が広く、さまざまな番組に出演中だっただけに、芸能界に衝撃が走っている。 https://www.google.com/amp/s/www.sanspo.com/gei...
»続きを読む
カテゴリー:

第四回「徒然草エッセイ大賞」【変化】をテーマに全国から募集します - 06月05日(金)12:00 

2020年6月5日 京都府八幡市 つれづれびとよ、筆をとれ! 第四回「徒然草エッセイ大賞」 山極壽一氏(京都大学総長)を新・選考委員長に迎え 【変化】をテーマに全国から募集します   京都府八幡市が、平成29年の市制施行40周年を機に創設した「徒然草エッセイ大賞」は、初代選考委員長・山折哲雄氏の推挙により山極壽一氏(京都大学総長・人類学者)を新・選考委員長に迎え、第四回の作品募集を開始します。 第四回の募集テーマは「変化」です。自分自身の変化や、自然・社会・人間の変化をどのように感じ、読み解き、これからを描くのか。作者の印象的な「変化体験」を、「感想」や「提言」にまとめていただきます。 応募は郵送・メール・HPのいずれかで。締切は9月25日(金)必着。 募集要項の詳細は専用ホームページ(https://www.tsurezure-essay.jp)をご覧ください。 日本三大随筆のひとつとされる吉田兼好著『徒然草』。八幡市に鎮座する石清水八幡宮(現・国宝)の参詣に因む第52段は、とりわけ一般に知られています。『徒然草』への敬意のもと、本事業を継続しつつ“文化芸術都市・八幡市”を推進してまいります。   ※徒然草と八幡市(参考) 〇『徒然草』は、鎌倉~室町時代の法師・吉田兼好が、つれづれなるまま、心のおもむくまま に綴ったエッセイ集で...more
カテゴリー:

松井玲奈、鈴木仁演じる9歳年下の男性から告白される主人公に!『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』 - 06月03日(水)11:49 

松井玲奈が主演を務めるドラマ『30禁 それは30歳未満お断りの恋。』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて配信されることが決定した。松井は、鈴木仁演じる9歳年下の男性から愛の告白を受ける30歳の会社員・森山志乃を演じる。同作は結婚を意識しはじめた30歳の女性が、大人として理性や現実に迫られながらも、理想の恋を追いかける姿を描いた畑亜希美原作の人気漫画が原作。松井演じる志乃は、現在彼氏はいないが、仕事も恋も遊びも一通り経験してきて、そろそろ結婚を意識する年頃。同年代の男性とお互いに駆け引きせず要領よく結婚したいと考えていたところへ、9歳も年下の佐藤真雪から突然告白される。志乃は真雪のまっすぐな思いに“結婚相手ができるまで”という条件で付き合うことになり……。志乃を演じる松井は、月9『海月姫』(2018年、フジテレビ系)に出演し、今クールは『連続テレビ小説 エール』(NHK総合)に加え、『行列の女神~らーめん才遊記~』や『浦安鉄筋家族』(共にテレビ東京系)の3作品に出演中、活躍の場を広げ、着実に実力をつけてきた。一方、真雪を演じる鈴木は、「MEN’S NON‐NO」専属モデルで、俳優としても、ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(2018年、TBS系)、『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(2019年、日本テレビ系)で注目を集め、今後も多数待機作を控え...more
カテゴリー:

有吉の壁:チョコプラ「Mr.パーカーJr.」にライバル誕生? 「ブレ… - 06月03日(水)06:00 

 お笑いタレントの有吉弘行さんがMCを務めるバラエティー番組「有吉の壁」(日本テレビ系、水曜午後7時)の6月3日の放送回では、番組に出演中の“壁芸人”たちがブレークキャラの誕生を目指す「流行語の壁を…
カテゴリー:

【元文春エース記者 竜太郎が見た!】木村花さんの死、SNSに偏るテレビ業界の責任も重大 - 06月02日(火)06:30 

 「本当はSNSなんてやりたくない」 恋愛リアリティー番組『テラスハウス』に出演中だった女子プロレスラー、木村花さん(22)の死はあまりにも悲しいものだった。彼女は死の4日前、所属するプロレス団体のユーチューブ内で、SNS推進部長に任命されたことや、そもそもネットが苦手なことを明かしていた。「死ね」「消えろ」「クズ」など匿名で侮辱の言葉を浴びせる集団リンチ。木村さんの死により陰湿な“ネットいじめ”をどうするかが喫緊の課題だが、やはりテレビの責任も重大である。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「出演中」の画像

もっと見る

「出演中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる