「再編集」とは?

関連ニュース

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』地上波初放送へ。知っておきたい3つのポイント - 08月07日(金)18:34 

8月7日、21時から日本テレビの『金曜ロードSHOW!』で放送されるアニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。今回がノーカットでの地上波初放送。本作は、2017年に劇場公開。岩井俊二監督のドラマを原作に、実写版『モテキ』『バクマン。』を手がけた大根仁さんが脚本を務めた。主題歌は、「DAOKO×米津玄師」による「打上花火」。①あらすじは? 原作は岩井俊二監督の実写ドラマ データベース「オールシネマ」によると、実写版の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、岩井俊二監督が、フジテレビのドラマ枠『ifもしも』のスペシャル版として製作し、1993年に放送。その後1995年に再編集して劇場公開された。実写版の主人公の少年少女は小学生だが、2017年の劇場アニメ版では
カテゴリー:

ZARD“唯一の”ツアーがついに初Blu-ray化 ライブ.. - 08月05日(水)19:11 

ZARD“唯一の”ツアーがついに初Blu-ray化 ライブツアー映像をフルHD化し完全再編集 #ZARD #坂井泉水 #新譜
カテゴリー:

骨董夏市開催のお知らせー8月8日(土)~23日(日) - 08月05日(水)16:00 

今年の2月より「骨董のある風景 ー暮らしに奥行きのある美を添えて」と、季節の暮らしにあわせてご紹介してきた骨董。おかげ様でとても多くのお客様にご好評をいただいています。そこで、これまでの再編集として「骨董夏市」を開催します。日本の食文化を支えてきた和食器の中でも、最も使いやすい七寸皿やなます皿、夏の集いを華やかに彩る大皿、インテリアのアクセントに、と日本各地のよりすぐりの品々が届きます。期間中は目利きによる講座やお見立て会など、骨董初心者から骨董ファンまでお楽しみいただけるイベントもご用意いしています。この夏は、骨董からみる、ニッポンのモノづくりの奥深さや季節に寄り添う日本の暮らしなど、改めてご一緒に骨董探索してみませんか。【概要】●日程・2020年8月8日(土)~8月23日(日) 11:00~20:00(東京ミッドタウンの営業時間に準ずる)●場所:THE COVER NIPPON(東京ミッドタウン ガレリア3F)[企画・運営]メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社〒104-0054 東京都中央区勝どき5-5-14-314TEL +81-(0)3-5534-9903 FAX +81-(0)3-5534-9904配信元企業:メイド・イン・ジャパン・プロジェクト株式会社プレスリリース詳細へドリームニューストップへ
カテゴリー:

ビル・ゲイツが読んで実践しているマインドフルネス入門の決定版――待望の復刊! 2020年9月19日の復刊・発売決定を記念してプレゼントキャンペーン実施中! - 08月03日(月)15:00 

2018年につづき2020年のGatesNoesで、ゲイツ氏本人が本書を瞑想、マインドフルネスの入門書として激賞していることを機に、辰巳出版では2011年12月に刊行、入手困難な状況がつづきご迷惑をおかけしている『からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする』(原題:The Headspace Guide To Meditation and Mindfulness)を改題、再編集を加え2020年9月19日に『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』として復刊発売を決定いたしました。この復刊を記念して、促進・書評用に作成した見本版を抽選で5名様にプレゼントいたします。
カテゴリー:

【テレビ】上沼恵美子『快傑えみちゃんねる』放送枠を埋めるための総集編も再放送もNO!! 局との交渉決裂…「取り付く島もない」★4 - 07月24日(金)21:22  mnewsplus

上沼恵美子「えみちゃんねる」総集編も再放送もNO!! 局との交渉決裂「取り付く島もない」 “関西の女帝”上沼恵美子(65)が司会を務める長寿番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ、金曜後7・00)が突然終了することになった騒動で、上沼が同番組の総集編や再放送を拒否していたことが23日、分かった。 番組は24日の放送で、25年の歴史に幕を下ろす。 同番組を巡っては6月の収録で、上沼が準レギュラーのキングコング梶原雄太(39)の態度が気に入らないとして罵倒。梶原が降板を申し出た。 その後、上沼が局側に「改め...
»続きを読む
カテゴリー:

ZARD、自身初にして唯一の全国ツアー映像を完全再編集&初Blu-ray化 - 08月06日(木)08:30 

ZARDが10月7日、初のBlu-ray作品『ZARD LIVE 2004 “What a beautiful moment” [30th Anniversary Year Special Edition]』をリリ...
カテゴリー:

ZARD“唯一の”ツアーがついに初Blu-ray化 舞台裏.. - 08月05日(水)18:01 

ZARD“唯一の”ツアーがついに初Blu-ray化 舞台裏を含めて完全再編集 #ZARD #坂井泉水 #新譜
カテゴリー:

ビル・ゲイツが読んで実践しているマインドフルネス入門の決定版――待望の復刊! 2020年9月19日の復刊・発売決定を記念してプレゼントキャンペーン実施中! - 08月03日(月)15:00 

2018年につづき2020年のGatesNoesで、ゲイツ氏本人が本書を瞑想、マインドフルネスの入門書として激賞していることを機に、辰巳出版では2011年12月に刊行、入手困難な状況がつづきご迷惑をおかけしている『からっぽ! 10分間瞑想が忙しいココロを楽にする』(原題:The Headspace Guide To Meditation and Mindfulness)を改題、再編集を加え2020年9月19日に『頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる』として復刊発売を決定いたしました。この復刊を記念して、促進・書評用に作成した見本版を抽選で5名様にプレゼントいたします。
カテゴリー:

【宇崎ちゃんは遊びたい!】 「胸が大きいだけの萌えキャラ」がセクハラ認定された本当の理由 - 07月27日(月)21:20  poverty

2020年7月27日 15時15分 プレジデントオンライン 日本赤十字社が漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』を起用した2019年のポスターは、一部から「セクハラ」と批判され、第2弾では図案が大きく変更された。東京大学教授の瀬地山角氏は「性的なものが必ずしも女性蔑視になるわけではないが、PRする対象と場所によってはセクハラにもなり得る」と指摘する――。 ※本稿は、瀬地山角『炎上CMでよみとくジェンダー論』(光文社新書)の一部を再編集したものです。 ■炎上した日本赤十字社の献血ポスター 日本赤十字社は若い世代へ献...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】上沼恵美子『快傑えみちゃんねる』放送枠を埋めるための総集編も再放送もNO!! 局との交渉決裂…「取り付く島もない」★3 - 07月24日(金)13:03  mnewsplus

上沼恵美子「えみちゃんねる」総集編も再放送もNO!! 局との交渉決裂「取り付く島もない」 “関西の女帝”上沼恵美子(65)が司会を務める長寿番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ、金曜後7・00)が突然終了することになった騒動で、上沼が同番組の総集編や再放送を拒否していたことが23日、分かった。 番組は24日の放送で、25年の歴史に幕を下ろす。 同番組を巡っては6月の収録で、上沼が準レギュラーのキングコング梶原雄太(39)の態度が気に入らないとして罵倒。梶原が降板を申し出た。 その後、上沼が局側に「改めるとこ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「再編集」の画像

もっと見る

「再編集」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる