「作曲家」とは?

関連ニュース

森高千里(51)おばさんにならない - 12月03日(木)01:15  news

歌手の森高千里(51)が2日、フジテレビの音楽番組「2020 FNS歌謡祭 第1夜」(水曜後6・30)に出演し、10月に死去した作曲家・筒美京平氏の特集の中で「17才」を披露した。  1971年に南沙織がデビューした曲で、森高も89年にカバーしている名曲。この日、森高は昔と変わらぬミニスカートに美脚で登場し、「17歳」を歌唱した。  ネット上では「森高千里はいつおばさんになるの」「森高千里あいかわらず超美脚」「森高千里さんめっちゃ若くね?」「森高千里の美脚ヤバい」 「森高千里綺麗すぎんか」「森...
»続きを読む
カテゴリー:

古関裕而氏“悲願”の野球殿堂入りへ! 2年連続候補、地元福島が猛プッシュ 朝ドラ「エール」も追い風 - 12月02日(水)20:00 

地元の熱い“エール”は届くか。野球殿堂博物館は1日、来年の野球殿堂入りの候補者を発表。先ごろ最終回を迎えたNHKの朝ドラ「エール」で主人公のモデルとなった作曲家…
カテゴリー:

【朝ドラ】「エール」最終回コンサート21・8% 放送再開後最高で有終の美!期間平均20・1% 2作ぶり大台復帰 - 11月30日(月)18:21  mnewsplus

2020年11月30日 09:00芸能 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/30/kiji/20201130s00041000025000c.html  俳優の窪田正孝(32)が主演を務めたNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)の最終回(第120話)が27日にコンサート形式で放送され、平均世帯視聴率は21・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが30日、分かった。第118話(11月25日)の20・8%を1・0ポイント上回り、9月14日の放送再開後の番組最高を更新。異例のコンサートに注目が集まり、有終の美を飾った。...
»続きを読む
カテゴリー:

志村けんさんも関係している? 沢田研二に『紅白歌合戦』出場のウワサ - 11月29日(日)20:06  mnewsplus

大みそかの『NHK紅白歌合戦』に、サプライズゲストとして歌手・沢田研二が登場するのではないかとウワサされている。 今年は、ジャニーズグループが7組選ばれており、白組21組のうち、3分の1がジャニーズという状況で、ネット上には批判の声が殺到。一方で、『いきものがかり』や島津亜矢、丘みどり、aikoらが落選しており、出場歌手の入れ替えが顕著になっている。 そんな中、昭和を代表する大物歌手として、沢田に白羽の矢が立っているというのだが…。 「過去には特別出演歌手として、矢沢永吉や安室奈美恵などが『紅白』に出演...
»続きを読む
カテゴリー:

マツコ「流されて生きてきたからこそわかった部分もある」ティーンズ作曲家たちとの対話 - 11月29日(日)09:46 

有名アーティストにも楽曲提供!独学で音楽を学ぶティーンズ作曲家たち11月28日(土)の「マツコ会議」は、ティーンズ作曲家たちと中継!マツコが「どういう人(アーティスト)聴いてた?今まで」と尋ねると、Mega Shinnosukeはこれまで音楽をほとんど聞かず「楽譜がまったく読めない」と明かし、マツコとスタッフは圧倒されてしまう。少しだけ弾けたギターをきっかけに音楽への道を志し、地元・福岡から上京し進学する予定だったが考えを変え、独学で作曲活動を始めたという。「学校に行ってどうにかなるっていう、甘えてまで続ける音楽で、自分のオリジナルを追求できない」と音楽への思いを語るMega Shinnosukeに、「難しいわよね」「うまくいく人たちだけじゃないから」と深くうなずくマツコ。「アタシはそんなに強い人間じゃないし、流されて生きてきたからこそわかった部分もあるのよ」「流されてみると自分が絶対チョイスしない場所に着いたり、見えない景色が見えたりするから、そこでアタシは気付かされてきたタイプ」と、自身の歩んできた道を振り返る。そしてマツコは「やりたいことにおいて『どうしようかな、踏ん切りがつかないな』って思ってる人がいたとしても、『夢を叶えられない、先がない』ではないよってアタシは付け加えたいんだよね。どうしても」と、若者たちにエールを送る。また「Megaくんは本当に、1人で戦っていこうって...more
カテゴリー:

【テレビ】森高千里 “代名詞”ミニスカで「17歳」熱唱 ネット騒然「いつおばさんになるの」「美脚ヤバい」 - 12月02日(水)22:11  mnewsplus

12/2(水) 21:58配信 スポニチアネックス 森高千里  歌手の森高千里(51)が2日、フジテレビの音楽番組「2020 FNS歌謡祭 第1夜」(水曜後6・30)に出演し、10月に死去した作曲家・筒美京平氏の特集の中で「17才」を披露した。  1971年に南沙織がデビューした曲で、森高も89年にカバーしている名曲。この日、森高は昔と変わらぬミニスカートに美脚で登場し、「17歳」を歌唱した。  ネット上では「森高千里はいつおばさんになるの」「森高千里あいかわらず超美脚」「森高千里さんめっちゃ若くね?」「森高千里の美脚ヤバい」...
»続きを読む
カテゴリー:

古関裕而氏“悲願”の野球殿堂入りへ! 2年連続候補、地元福島が猛プッシュ 朝ドラ「エール」も追い風 - 12月02日(水)15:30 

地元の熱い“エール”は届くか。野球殿堂博物館は1日、来年の野球殿堂入りの候補者を発表。先ごろ最終回を迎えたNHKの朝ドラ「エール」で主人公のモデルとなった作曲家…
カテゴリー:

ショパンは同性愛者だった? LGBTQに風当たりの強いポーランドで物議 - 11月30日(月)17:07 

欧州の中でも特にLGBTQ(性的少数者)に対して風当たりの強いポーランドで、国民が敬愛するロマン派の作曲家ショパンが同性愛者だったという説が大々的に報じられ、論議を巻き起こしている。 210年前、首都ワルシャワ西部の小さな村に生まれたショパンの名は、全土の至る所に刻まれている。 毎月100万人以上が利用する首都ワルシャワの空港はショパン空港。生家には記念碑が飾られ、主要都市に胸像や銅像があり、...
カテゴリー:

松任谷正隆に、“ユーミンサウンドの秘密”を聞く!往年のファンも、ひっくり返るような「お宝秘話」も - 11月29日(日)11:37 

11月29日(日)放送の『関ジャム 完全燃SHOW』では、「松任谷由実特集」をお届けする。1972年のデビュー以来、数々の名曲を世に送り出し、音楽界のトップを走り続けている松任谷由実。彼女の夫であり、プロデューサーの松任谷正隆をスタジオに迎え、ユーミンの大ファンである寺岡呼人とともに、“ユーミンサウンドの秘密”や“謎のベールに包まれた素顔”にぐっと斬り込んでいく。今回は「寺岡が聞きたい松任谷正隆に聞きたい8つのこと」を糸口に、松任谷正隆に音楽的な疑問や名曲誕生秘話にまつわる質問をバンバンぶつけていくことに。すると“曲作りで勃発したケンカ・エピソード”や、”誰もが知る曲の名イントロをどうやって作ったか”、“天才ユーミンの取扱説明書”などなど、ここでしか聞けない“ユーミンと松任谷正隆の唯一無二の共同作業プロセス”や“音楽的なこだわり”、“2人の意外な一面”が次々と明らかに。また、松任谷正隆の仕事場や、ユーミンの秘蔵デモテープも公開。往年のファンも十中八九、ひっくり返る、 “骨まで溶ける”ほどユーミンサウンド&素顔をえぐり出した、渾身の特集となっている。※番組情報:『関ジャム 完全燃SHOW』2020年11月29日(日)午後11:00~午後11:55、テレビ朝日系24局(※一部地域を除く) 関連リンク Creepy Nutsが『関ジャ...more
カテゴリー:

ロックバンドWeezerのフロントマンはコンピュータサイエンスの学生として二足の草鞋を履く - 11月29日(日)09:30 

「やあ、僕がWeezer(ウィーザー)のリバースです」と、Rivers Cuomo(リバース・クオモ)は微笑みながら手を振った。ときおりカメラから目をそらしながら、彼は精一杯のインフォマーシャルピッチを始めた。「ツアーに参加していて、楽屋やツアーバスに座っていると想像してみてください。そして舞台裏にいます。あなたはステージ恐怖症で、ストレスでいっぱいです。あちらこちらに歩き回っています。その状況に加えて、ツアーマネージャーが何度も声をかけてきて、さまざまな移動に関する質問をしてきます」。 インターネットピッチ動画を見る限り、それは普遍的なものとはいえない。どちらかといえば、この3分間のクリップは、見ている人を最後まで惹きつける魅力には欠けている。最後に近い場面では、クオモ氏はマルーンのSpaceXパーカーを着て、プライベートジェットへのタラップを昇っていく。飛行機のドアが閉じると、Weezerのフライングロゴ「W」が現れる。 「GitHubからDrivetimes(ドライブタイムス)を今すぐダウンロードしよう」と、クオモ氏はナレーションで付け加えている。「これはCS50Xの成果です」。 これは最高に洗練されたアプリ宣伝ビデオではないし、クオモ氏のセールストークは、ベンチャーキャピタルにシードラウンドを申し込むつもりならもう少し洗練させた方が良いだろう。しかしオンラインプログラミング...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「作曲家」の画像

もっと見る

「作曲家」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる