「ミニバン」とは?

関連ニュース

絶世のブス顔デリカD:5が最高峰! ミニバンのコワモテ化はなぜ始まったのか? - 04月21日(日)08:53 

 ミニバン天国・日本にも世界的SUVブームが押し寄せている昨今、ミニバンの顔のクセが以前にもまして強くなっている気がいたします。それはなぜか? 今回は当代きってのドブス、世界三大ブス、ブスofブスの誉れも高い、世間も支持 […]
カテゴリー:

風や重さにふんばりが効く ふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤ DUNLOP「エナセーブ RV505」新発売 - 04月19日(金)10:00 

2019年4月19日 住友ゴム工業(株) 風や重さにふんばりが効く ふらつきにくく快適なミニバン専用タイヤ DUNLOP(ダンロップ)「エナセーブ RV505(アールブイゴーマルゴ)」新発売  住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、ミニバン特有のカーブや横風によるふらつきを抑えるとともに、ライフ性能、静粛性能も向上させ安全性能と快適性能を高次元で兼ね備えたミニバン専用タイヤDUNLOP「エナセーブ RV505」を2019年6月1日から発売します。発売サイズは48サイズで、価格はオープン価格です。  DUNLOP「エナセーブ RV505」は、新開発の「FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)」を採用することで多人数乗車でのカーブ時や不意な横風により発生するミニバン特有のふらつきを抑制し、耐ふらつき性能を19%向上※させ安定した直進・コーナリング性能を実現しました。また、耐偏摩耗性能を53%向上※させロングライフも実現しています。さらに新プロファイルと新カオスピッチ配列の採用により静粛性能を高めることで、静かで快適な車内環境を実現しています。  ※従来品「エナセーブRV504」との比較(以下同様) <3リブパターン>  <4リブパターン> タイヤ幅205以下   タイヤ幅215以上 ■特長 〇ミニバン特有のふらつきを抑制し...more
カテゴリー:

平成の最後にセダン人気復活の“深イイ”理由 - 04月17日(水)20:00 

スバルの「レガシィ B4」  自動車業界ではミニバンやSUV(スポーツ用多目的車)といったボディタイプが主役になりつつあるが、一方で「セダン」の人気が20代の間で復活の兆しを見せているという。また、...
カテゴリー:

【車】レクサス初の高級ミニバン「LM300h」公開、ベースはアルファード/ヴェルファイア 2列シートのみで最上級の空間 - 04月17日(水)08:38  newsplus

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開した。トヨタ『アルファード』と車体を共有するが、シートは3列ではなく2列、独立した4席を持ち、ビジネスクラス以上の豪華で快適な空間を作り上げた。 LMはレクサスの最上級シリーズ、『LS』『LC』『LX』に加わる新たなモデルで、「最上級の空間」を実現したモデルとなる。 LCコンバーチブルは市販化前提。トップを閉じるとノッチバック風スタイルになる デザインはアルファードなどと共通の...
»続きを読む
カテゴリー:

【空冷エンジン?】巨大グリルの車カス、レクサスLM300h登場。アイドリングでオーバーヒートか? - 04月16日(火)17:13  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00010004-kurumans-bus_all  レクサスは、新しいフラッグシップミニバンとなる新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)を上海国際自動車ショー2019で世界初公開しました。 これがレクサスの新型ミニバン「LM300h」だ!画像で内外装を詳しく見る(52枚)  2019年の上海国際自動車ショーで発表するレクサスの高級MPV(多目的車)「LM300h」は、レクサスファミリーの新しいフラッグシップモデルです。  新型「LM300h」は、同社ラインナップのセダン「LS」、フラッグシップGTクー...
»続きを読む
カテゴリー:

レクサス初のミニバン「LM」発売いつから?日本で売るの? - 04月19日(金)11:30 

◆販売地域は中国や東南アジアが中心。果たして日本は?「レクサス初のミニバン」として上海で世界初公開された「レクサスLM」。ベースはトヨタ・アルファード/ヴェルフ…
カテゴリー:

【車】レクサス初の高級ミニバン「LM300h」公開、ベースはアルファード/ヴェルファイア 2列シートのみで最上級の空間 ★2 - 04月18日(木)22:56  newsplus

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開した。トヨタ『アルファード』と車体を共有するが、シートは3列ではなく2列、独立した4席を持ち、ビジネスクラス以上の豪華で快適な空間を作り上げた。 LMはレクサスの最上級シリーズ、『LS』『LC』『LX』に加わる新たなモデルで、「最上級の空間」を実現したモデルとなる。 LCコンバーチブルは市販化前提。トップを閉じるとノッチバック風スタイルになる デザインはアルファードなどと共通の...
»続きを読む
カテゴリー:

WaymoがロボタクシーのアプリをGoogle Playで公開 - 04月17日(水)12:20 

自動運転車のWaymoは、より多くのフェニックス住人にサービスを提供するため、自社の配車アプリをGoogle Playストアで公開して広く使えるようにしようとしている。 Alphabet傘下のスピンアウト企業であるWaymoは昨年12月、フェニックスエリアでWaymo Oneと呼ばれる限定商業ロボタクシーサービスを立ち上げた。Waymo One自動運転車サービスと専用のアプリは、アーリー・ライダー・プログラムに参加していたフェニックスの住人だけが利用できた。 テクニカル的には、WaymoはAndroidとiOSのアプリをしばらく有していた。しかしサービスに興味を持っても、Waymoのウェブサイトで申し込んだ後でなければアプリにアクセスできないようになっていた。アーリー・ライダー・プログラムへの参加が許可されると、デバイスにアプリをダウンロードするためのリンクが送られてくる。 2017年4月に始まったアーリー・ライダー・プログラムの参加者数は、前回Waymoが公表したところでは400人超だった。Waymoは、何人がWaymo Oneサービスに移ったかについては「数百人が使っている」とだけしか明らかにしていない。 そしていま、Waymo OneのGoogle Playでの公開で、同社は門戸を広げようとしている。しかしそれでもまだサービスには制限がある。 アンドロイド端末を所有している興...more
カテゴリー:

【自動車】レクサス初の超高級ミニバン、新型「LM300h」を中国で世界初公開 日本発売の可能性は? - 04月16日(火)18:07  newsplus

レクサス初の超高級ミニバン 新型「LM300h」を中国で世界初公開! 日本発売の可能性は? 4/16(火) 11:32配信 ■レクサス新型ミニバン「LM300h」はアルヴェルベース? レクサスは、新しいフラッグシップミニバンとなる新型「LM300h」(ラグジュアリーMPV)を 上海国際自動車ショー2019で世界初公開しました。 2019年の上海国際自動車ショーで発表するレクサスの高級MPV(多目的車)「LM300h」は、 レクサスファミリーの新しいフラッグシップモデルです。 新型「LM300h」は、同社ラインナップのセダン「LS」、フラッグシップGTク...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】レクサスLM発表。 アルファードのレクサス版 - 04月16日(火)15:09  bizplus

レクサスは上海国際モーターショー2019(一般公開:2019年4月18日~25日)のプレスデーで、レクサス初となるフラッグシップ版大型ミニバン「LM300h」を世界初公開した。 その姿を見た日本人メディアの多くは「これって、アルヴェル!?(アルファード/ヴェルファイア)」と思ったに違いない。 この30分ほど前、同会場の別ブースで行われたトヨタ記者会見では、「ヴェルファイア」の中国初上陸が発表されたばかりだった。これまで中国向けには「アルファード」のみが販売されていたが、兄弟車である「ヴェルファイア」の導入が決まった...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ミニバン」の画像

もっと見る

「ミニバン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる