「防衛費」とは?

関連ニュース

ウクライナ侵攻で電気代高騰、だからと言って「原発回帰」でいいのか 通常国会の「新たな争点」 - 02月02日(木)15:37 

2023年1月23日に召集された通常国会では、防衛費増額をめぐる増税、育児休業中のリスキリング(学び直し)、岸田文雄首相の長男で政務秘書官を務める翔太郎氏の行動など、政府・与党は防戦を迫られている。
カテゴリー:

菅義偉元首相、再登板「私はもうパスだ」完全否定 - 02月02日(木)07:51  newsplus

菅義偉前首相は1日夜のインターネット番組で、自身が再び首相を目指す可能性について「私はもうパスだ」と明確に否定した。自身を中心とする勉強会の開催も重ねて否定しつつ、派閥に所属していない若手を中心に後進の議員らの指導に力を入れていく考えを示した。 防衛費増額の財源に関しては、税以外の財源捻出を検討する党の特命委員会(委員長・萩生田光一政調会長)での議論を通じて国民への理解と納得が広がることに期待を示した。「萩生田氏の下で行われている財源に関する議論で、国民に説明できる形で進めなければならない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

「知性を育み挑戦を」 佐賀新聞の佐賀大学提供講座、中尾社長が講義 - 02月01日(水)17:00 

佐賀新聞社が佐賀大に提供している講座「ジャーナリズムの現在」の今学期最終講義が1日、佐賀市の佐賀新聞社本社であった。中尾清一郎社長が「ポストコロナ社会で日本、若者はどうなる」というテーマで講義し、「知性を育み、自らの限界を決めずに好きなことに挑戦してほしい」などと述べた。 講義は43人が聴講した。中尾社長は、防衛費拡大や台湾有事など日本が抱える社会問題に触れ「民主主義国家に求められる知性が、改めて問われている」と指摘。物事の本質を理解し、社会を知ることの重要性を説いた。
カテゴリー:

日本の防衛力強化 「支持しない」が50%超 琉球新報調べ - 02月01日(水)14:15  news

防衛体制強化の方針を盛り込んだ安全保障関連3文書の決定を受け、琉球新報社とJX通信社は28、29の両日、県民を対象とした世論調査を実施した。南西諸島の自衛隊配備強化など、防衛力強化を打ち出した政府方針に対して、過半数の51.9%が「支持しない」と回答し、「支持する」とした回答を27.5ポイント上回った。 防衛費の増額は6割超、増税は7割超が反対し、安全保障体制を抜本的に変える政府の方針に対し、県民の支持や理解が広がっていない現状が浮き彫りとなった。 他国のミサイル基地などをたたく反撃能力(敵基地攻撃能力)の...
»続きを読む
カテゴリー:

IMFが岸田に激怒「余計な支出を増やすな。増税しろ。あと黒田は正しい」 - 02月01日(水)09:43  poverty

今回、4条協議を担当したIMF幹部が公表した「協議終了にあたっての声明」で、特に目を引くことは3つある。  第一は、日本経済が引き続き、「(新型コロナウイルス感染症の)パンデミックと(ロシア軍の侵攻に伴う)ウクライナでの戦争からの回復の最中にある」と分析して見せたことだ。このため、「経済回復は短期的に続く見通しだ」との見方を示し、成長率を上方修正した。今年は1.8%増と、昨年10月の前回予測(1.6%増)よりも加速するとしたのである。これは、他の先進国などと比べて、日本経済が非常に安定していることを意味してい...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】菅前首相「総理再登板?総理なんか叩かれるだけで誰がやりたがるかよ。私はもうパスだ」 - 02月02日(木)08:58  news

菅義偉前首相は1日夜のインターネット番組で、自身が再び首相を目指す可能性について「私はもうパスだ」と明確に否定した。自身を中心とする勉強会の開催も重ねて否定しつつ、派閥に所属していない若手を中心に後進の議員らの指導に力を入れていく考えを示した。 防衛費増額の財源に関しては、税以外の財源捻出を検討する党の特命委員会(委員長・萩生田光一政調会長)での議論を通じて国民への理解と納得が広がることに期待を示した。「萩生田氏の下で行われている財源に関する議論で、国民に説明できる形で進めなければならない」...
»続きを読む
カテゴリー:

【財務省】少子化対策が新たな〝火種〟? 防衛増税に続く国民負担増か - 02月01日(水)15:00 

財政運営を担う鈴木俊一財務相にとって今年は近年にない正念場に直面するかもしれない。防衛費増額を巡る財源確保に向けた議論を踏まえた政府・与党内の調整に加え、岸田文雄首相が1月4日の年頭記者会見で「異次元」の少子化対策に「挑戦」すると明言したた・・・
カテゴリー:

資産運用と現金の割合の決め方は?年代別のモデルケースも - 02月01日(水)11:51 

資産運用をしていくうえで、一定の割合の現金は欠かせません。現金は使いたいときに使えて元本割れもありませんが、持ちすぎるとインフレリスクに対応できないなどの注意点もあります。 この記事では資産運用と現金の合理的な割合について、考え方と決め方、年代別・ケース別の例を紹介します。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定サービスの利用を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 ※2022年12月26日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 目次 資産運用と現金の割合の決め方 1-1.資産運用における現金の意味 1-2.ベースとなるのは年齢 1-3.状況によって現金の割合を調整する 1-4.目的に応じて資産を分ける 1-5.自分のリスク許容度を把握する データで見る年代別預貯金と資産運用の割合 資産運用と現金の割合のモデルケース 3-1.20代単身者 3-2.30代の子どもがいない共働き夫婦 3-3.40代で子どもの教育費がかかる夫婦 3-4.40代の単身者 3-5.50代で子育てが一段落した夫婦 まとめ 1.資産運用と現金の割合の決め方 最初に、資産運用における現金の役割や割合について解説します。 1-1.資産運用における現金の意味 ...more
カテゴリー:

【岸田首相】「子育て経験した」反論も妻は「ワンオペ育児」を告白の矛盾…「全信頼失う」と火に油 - 02月01日(水)07:16  seijinewsplus

育休、産休を巡る発言で批判を浴びている岸田文雄首相(65)。 1月27日に国会で、「育児中など様々な状況にあっても、主体的に学び直しに取り組む方々をしっかりと後押しして参ります」と発言し、産休・育休中にリスキリング=学び直しをするという取り組みを支援する考えを示した岸田首相。この発言に、ネット上で《育休中に勉強している時間なんてない》《育児をしていない人の発言》と批判が殺到したのだ。 【写真あり】1988年に結婚した岸田裕子夫人 その後30日に行われた2023年度当初予算案の実質審議内で、自身の発言につい...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる