「ウクライナ侵攻」とは?

関連ニュース

「基本貫く」と広島市長 平和式典のイスラエル招待 - 04月24日(水)22:35  newsplus

 広島市の松井一実市長は24日の記者会見で、8月6日の原爆の日に開く平和記念式典について「(多くの人に来てもらうため)招待するという基本を貫けたらと思っている」とし、パレスチナ自治区ガザを攻撃するイスラエルを例年通り招待すると述べた。  イスラエルの招待は、ウクライナ侵攻で招待しないロシアやベラルーシと対応が異なるとの指摘が出ており、ダブルスタンダードに見えるとの質問に「あなたの解釈です」と声を荒らげる場面もあった。  松井氏は、2006年の式典以降、紛争地域であるかないかにかかわらず、全ての駐日大...
»続きを読む
カテゴリー:

広島 被爆した92歳男性 被爆体験証言者になり初めて悲惨さ語る - 04月24日(水)18:35 

広島の原爆投下で被爆した92歳の男性が、ロシアによるウクライナ侵攻などを受けて、今月新たに広島市の「被爆体験証言者」となり、24日初めて、原爆資料館で核兵器の悲惨さを訴えました。
カテゴリー:

麻生太郎副総裁が「トランプとの会談」で掘る墓穴。「6月解散」もくろむ自民党に“凶人の情念”を浴びる覚悟はあるか? - 04月24日(水)05:00 

訪米中の自民党・麻生太郎副総裁が、トランプ前米大統領と日本時間24日午前にも会談を持つことになった。その目的は何なのか。「麻生氏の行動は独断専行ではなく、当然ながら岸田総理も承認しているはず」とした上で、「6月に都議選とダブルで解散総選挙という構想があり、そこから逆算して有権者に『もしトラ』対策ができている自民党をアピールする狙いがある」と分析するのは米国在住作家の冷泉彰彦氏だ。だが冷泉氏によれば、今回の会談は2016年暮れの安倍総理(当時)と比較しても拙速であり、一歩間違えれば日本の国益を大きく損なう恐れがある。(メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』2024年4月23日号より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:24年バージョンのトランプ現象とは何か? 自民・麻生太郎副総裁とトランプ前大統領の「会談」に大きな懸念 本稿の時点で、飛び込んできたのですが、訪米中の自民党の麻生太郎副総裁が現地時間の23日(火)、つまり本号配信のほぼ1日後に、ドナルド・トランプと面会ができることになったようです。 この麻生太郎によるトランプとの個人的関係を構築する試みということでは、既に一回失敗しており、二度目の今回やっと成功ということになります。もしも、実現したらの話です。 この動きですが、何度かこの欄でお話したように、2016年暮れに当時の安倍晋三総理が、当選し...more
カテゴリー:

プーチン大統領、戦死者の遺族に「人はいつか死ぬ」 - 04月24日(水)02:30  news

ロシアのプーチン大統領は25日、ロシアで母の日にあたる27日を前に、ウクライナ侵攻に派兵された兵士の母たちとの会合に参加した。動員をめぐる不手際への批判が強まるなか、政府の改善策をアピールする必要に迫られた格好だ。プーチン氏は一方で「交通事故で毎年3万人が死亡する」「人はいつかは死ぬ」などと述べて戦死を美化。戦争協力を促した。 「人はいつか死ぬ」という発言が出たのは、ウクライナ東部ルハンスク州の親ロシア派支配地域に住む女性が、息子を亡くしたと話したときだ。 https://www.asahi.com/articles/ASQCW2V5V...
»続きを読む
カテゴリー:

日米同盟深化は不可欠 「3つのC」とは? 駐日米国大使と前駐豪日本大使が語る - 04月23日(火)15:49 

8日、エマニュエル駐日米国大使と山形前駐オーストラリア日本大使が、日米同盟の重要性を力説した。エマニュエル大使は、「新型コロナウイルス感染症」「ロシアのウクライナ侵攻」「中国の威圧的行動」という「3つのC」が世界を変えたと指摘。日米両国がこの2年間で70年来の政策を大きく転換したことに言及し、「日米同盟は新時代を迎えている」と強調した。
カテゴリー:

ロシア国防次官 収賄の疑いで逮捕 国防省の綱紀粛正か - 04月24日(水)18:54 

ロシアでは、ショイグ国防相の側近でもある国防次官が収賄の疑いで逮捕されました。プーチン政権は、ウクライナ侵攻が長期化する中、国防省の綱紀粛正を図ろうとしているとみられます。
カテゴリー:

中国の銀行がロシアと取引停止 ロシアへの包囲網を強めたい米国の圧力、経済に打撃も - 04月24日(水)07:31  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/71e8bf7617990dbe1724aa1cf2478bf5136f0c21  中国の銀行が3月以降、相次いでロシアとの貿易決済を停止している。 ウクライナ侵攻を継続するロシアへの包囲網を強めたい米国の圧力が背景にあり、中ロの貿易にも影響が出ているという。 他の友好国でもロシアとの取引を停止する銀行が相次いでおり、回復傾向にあるロシア経済への打撃となる可能性もある。 「(今の中ロの銀行取引には)問題がある。二国間の貿易・経済関係を損なわない選択肢を探すため、(中国と)緊密に対話している」 ロシア...
»続きを読む
カテゴリー:

「人はいつか死ぬ。戦死と老衰には早いか遅いかの違いしかない」👈これ正論だよな - 04月24日(水)02:37  poverty

ロシアのプーチン大統領は25日、ロシアで母の日にあたる27日を前に、ウクライナ侵攻に派兵された兵士の母たちとの会合に参加した。動員をめぐる不手際への批判が強まるなか、政府の改善策をアピールする必要に迫られた格好だ。プーチン氏は一方で「交通事故で毎年3万人が死亡する」「人はいつかは死ぬ」などと述べて戦死を美化。戦争協力を促した。 「人はいつか死ぬ」という発言が出たのは、ウクライナ東部ルハンスク州の親ロシア派支配地域に住む女性が、息子を亡くしたと話したときだ。 https://www.asahi.com/articles/ASQCW2V5V...
»続きを読む
カテゴリー:

ドイツ、ガスプロム元子会社を通じてパイプライン会社を国営化。欧州のエネルギー安全保障とエネルギー転換に貢献へ - 04月23日(火)15:59 

ドイツ政府が、国営エネルギー大手SEFE(前身はロシア国営ガスプロム独子会社)を通じ、ガスパイプライン運営会社ヴィガ(Wiga)を国営化することが明らかになった(*1)。欧州のエネルギー安全保障を強化するとともに、ヴィガが有するガスパイプラインの水素輸送への転換を進める方針だ。 SEFEはすでにヴィラ株の49.98%を保有している(*2)。今回、独化学大手BASFの子会社ウィンターシャルより、残りの50.02%を買い取り、全額出資子会社にする。買収価格は公表されていないが、ウィンターシャルによると、ヴィガの資産(過去の費用実績をベースに将来価値を評価したRABベース)は約30億ユーロ(約4,900億円)になる(*2)。 ヴィガはガスネットワーク事業者であるGASCADEとNELを所有しており、両社合わせてドイツ国内で約4,150kmのネットワークを構築している。同ネットワークは、ロシア国営天然ガス大手ガスプロム保有の海底パイプライン「ノルドストリーム」とも接続しており、欧州のエネルギー安全保障とグリーンエネルギー転換にとって重要な役割を担っている。 SEFEの最高経営責任者(CEO)を務めるエグベルト・レーゲ博士は「SEFEがヴィガの単独株主となることで、GASCADEは既存の高性能インフラを将来的に水素輸送に転換できるようになる」と述べた(*1)。 SEFEは、セキュアリング・エ...more
カテゴリー:

スロバキアにみる、ポピュリストが跋扈する時代(Forbes JAPAN) - 04月23日(火)15:15 

AFP通信は今月、スロバキアのロベルト・フィツォ首相が11日、ウクライナ侵攻を巡る従来のロシア寄りの発言を改め、ウクライナの「領土保全」を尊重した平和的解決を呼びかけたと伝えた。フィツォ氏は昨年10月
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる