「ウクライナ侵攻」とは?

関連ニュース

アーニャと一護奮闘!週間人気記事(11月25日~12月1日) - 12月04日(日)12:30 

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。集計期間は2022年11月25日から12月1日だ。世間の動き。ロシアによるウクライナ侵攻はまだ続いている。新型コロナウイルス関連。東京都の新規感染者数で見ると、上昇傾向はまだ収まっ・・・
カテゴリー:

EUのロシア産原油上限価格、ゼレンスキー氏が不満表明 - 12月04日(日)11:36 

欧州連合(EU)加盟国が2日、ロシア産原油の上限価格を1バレル=60ドルとすることで合意したことに対し、ウクライナのゼレンスキー大統領は不十分な措置だと不満を示している。 EUでは今週、ロシア産原油の大半を輸入禁止とする制裁措置が発効する。これに加えて国際的な上限価格の設定により、EU域外での輸入も制限される。 上限設定は、世界経済に必要なエネルギー供給を確保しつつ、ロシアによるウクライナ侵攻...
カテゴリー:

マリン「欧州はアメリカなしじゃロシアに対抗できないわ」 - 12月04日(日)00:19  poverty

フィンランドのサンナ・マリン首相は2日、欧州はアメリカなしではロシアのウクライナ侵攻に立ち向かうだけの力がないと発言し、欧州の防衛力強化の必要性を強調した。フィンランドはウクライナでの戦争を受けて今年5月、長年の中立方針を転換し、北大西洋条約機構(NATO)加盟申請を決定していえる。 オーストラリア訪問中のマリン首相は、「容赦なく正直に申し上げる必要がある。今の欧州は力が足りない」、「アメリカなしでは大変なことになっていた」と発言した。 https://news.yahoo.co.jp/articles/ebe226d6dcf0b971c3843874d...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍需産業】フィンランドへの兵器売却相次ぐ、今度は地対空ミサイル 米 - 12月03日(土)22:22  newsplus

https://www.cnn.co.jp/usa/35196909.html (CNN) 米国務省は3日までに、バイデン政権が北大西洋条約機構(NATO)への加入を求めている北欧フィンランドへの新たなミサイル売却を承認したと発表した。 総額3億8000万ドル(約510億円)相当で、国務省によると政権は1日に連邦議会に売却計画を通告。引き渡すのは、携帯型対空ミサイル「スティンガー」になるだろうとし、関連装備品も含まれるとした。 米国による、フィンランドへの兵器譲渡の発表は先月28日の約3億2300万ドル相当に続いて2度目となっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロシア】ウクライナめぐる米大統領の対話条件を拒否 - 12月03日(土)21:00  newsplus

※2022年12月2日 20:57  【12月2日 AFP】ロシア大統領府は2日、ウクライナ侵攻をめぐり、ウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領が本気で戦争終結を望むなら対話の用意があるとしたジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領の提案を拒否する意向を示した。  大統領府のドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)報道官は記者会見で、「バイデン大統領は実際、何と言ったのか。同大統領は、プーチン氏がウクライナから撤退すれば交渉が可能になると発言した」と述べた上で、ロシアにこの条件を受け入れる用意など「あるはずが...
»続きを読む
カテゴリー:

米ハーバード大学の認知心理学教授であるスティー.. - 12月04日(日)11:45 

米ハーバード大学の認知心理学教授であるスティーブン・ピンカーは、世界を大局的に見て「人類は良い方向に向かっている」と説いてきた。しかし、パンデミックを経た世界ではウクライナ侵攻で核戦争の危険が高まり、気候変動によって人々の暮らしは苦しくなっている。
カテゴリー:

ロシア「10日で制圧」失敗 ウクライナにも誤認―英報告書 - 12月04日(日)06:05  newsplus

 英王立防衛安全保障研究所(RUSI)は、ロシアによるウクライナ侵攻について「(2月下旬の開始から)10日間で作戦を終えて占領し、8月までに全土を併合する計画だった」とする報告書をまとめた。方面によってはロシア軍の戦力が最大12倍だったにもかかわらず、首都キーウ(キエフ)制圧に失敗した要因を詳述している。<下へ続く>  RUSIがウクライナ軍から聞き取りを行った上で報告書を作成し、11月末に公表した。侵攻初期にロシア軍の進撃を許したウクライナ側の問題点も指摘しているのが特徴だ。  それによる...
»続きを読む
カテゴリー:

ウクライナ侵攻中のロシア軍、今度はザポリージャ州から撤退 - 12月03日(土)22:32  news

ロシアが一方的に併合を宣言したウクライナ4州の一つである中南部ザポリージャ州で、ロシア軍の一部に撤退の動きがあるとウクライナ軍が主張している。ロシアが占拠する州内のザポリージャ原発をめぐっても、ロシア系の独立メディアは、ロシアが条件付きで撤退する可能性を報じている。  ウクライナ軍参謀本部は1日、ザポリージャ原発の東側にあるミハイリウカ、ポロヒ、インジェネルネの三つの町で、ロシア軍に撤退の動きがあるとSNSに書き込んだ。米シンクタンクの戦争研究所(ISW)によると、ロシア軍が自軍の集結地や輸送網をウ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロシア軍機がまたまた墜落 - 12月03日(土)21:30  news

ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、戦争どころではない現状 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2022/12/post-100258.php ロシアのMiG-31戦闘機が12月2日、離陸から間もなくロシア東部ウラジオストク近郊の森林に墜落する事故が起きた。 ウクライナ侵攻後、ロシア国内では同様の航空機の墜落事故が相次いでいるが、いったい何が起きているのか。 ロシア国内の報道によれば、今回の墜落事故はウラジオストクから約50キロに位置するアレクセーエフカ周辺の森で発生。 乗組員は脱出したとされるが、けが...
»続きを読む
カテゴリー:

プーチン、バイデン両氏の会談に否定的 ウクライナ侵攻めぐり米高官 「実のある手段ではない」 - 12月03日(土)20:46  newsplus

 【ワシントン=浅井俊典】米国家安全保障会議(NSC)のカービー戦略広報調整官は2日のオンライン記者会見で、バイデン大統領がウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領と停戦に向けて会談する可能性について、「現時点では実のある手段ではない」として否定的な見解を示した。プーチン氏が戦争を終結させる兆しをみせておらず、条件が整っていないと説明した。  バイデン氏は1日、ホワイトハウスでマクロン仏大統領と会談した後の共同記者会見で、プーチン氏が侵攻を終わらせる考えがあるのならば「話す用意がある」と発言。一...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる