「小中高」とは?

関連ニュース

【子どもの不登校】街の中にもある! 不登校の子どもの居場所(ダイヤモンド・オンライン) - 05月19日(日)06:02 

 2023年度に発表された小中学校における不登校者数は過去最多の29万9048人、小中高校などで判明したいじめ件数も過去最多の68万1948件になっています。不登校は個人の問題ではなく社会問題です。本
カテゴリー:

AIの「間違い」見抜ける? 先進的授業で小学生に学んでほしいこと - 05月18日(土)09:00 

 生成AI(人工知能)を使いこなせるか、はたまたフェイクニュースに踊らされるか。それは、現在の子どもや若者たちが未来を切り開くための重要な岐路となる。  対話型AIの「チャットGPT」に代表されるような生成AIを巡り、2023年7月に文部科学省が小中高校での活用ガイドラインを発表した。AIとどう付き
カテゴリー:

新潟県「修学旅行で新潟に来て」 - 05月17日(金)20:14  news

新潟県と新潟県観光協会は、教育旅行を誘致するための専用サイトを開設した。サイト内では防災学習やものづくり体験など、 県内で学べるコンテンツ61件を掲載している。5つのモデルコースやデジタルパンフレットも閲覧できる。 旅行会社との商談会や、小中高の教員が修学旅行や校外学習のコースを選定する際に活用してもらう。 教育旅行の情報案内サイト「Egata(イーガタ)」を公開した。「SDGs・探究学習」「自然・環境学習」など、 体験したい内容から最適な学習を検索できる。田植え体験や金属加工工場の見学、 スキー教室...
»続きを読む
カテゴリー:

【子どもの不登校】フリースクールとオルタナティブスクール、どう違う?(ダイヤモンド・オンライン) - 05月17日(金)06:02 

 2023年度に発表された小中学校における不登校者数は過去最多の29万9048人、小中高校などで判明したいじめ件数も過去最多の68万1948件になっています。不登校は個人の問題ではなく社会問題です。本
カテゴリー:

万博、子ども無料招待に学校は混乱 見学先、下見期間情報なく - 05月15日(水)18:53 

 2025年大阪・関西万博に子どもを無料招待する大阪府の事業を巡り、学校現場に混乱が広がっている。府内の小中高校生は個人ではなく学校行事での来場が前提。行事の計画に必要な受け入れ態勢が不明瞭なまま、5月末までに参加意向の回答を求められているためだ。見学できるパビリオンや会場の下見期間に関する情報がな
カテゴリー:

子どもの多くは「休日は家で」、保護者は「外で運動して」の割合高く…親子の意識差浮かぶ - 05月18日(土)14:38  newsplus

 家でゆっくりしたい子どもと外で運動してほしい保護者――。国立青少年教育振興機構(東京)の調査で、休日の過ごし方に親子で意識の差がある実態が浮かび上がった。  調査は昨年1~3月、小中高校生と、小学生の保護者を対象に実施し、計約3万人から回答を得た。子どもに放課後や休日にしたいことを複数回答で尋ねたところ、「テレビ、音楽」(72・1%)、「ゲーム」(66・9%)、「体を休める、寝る」(64・5%)が上位だった。  一方、保護者に聞いた子どもの望ましい放課後や休日の過ごし方では、「運動、スポー...
»続きを読む
カテゴリー:

「英検3級以上」30.1%、全国ワースト 佐賀の中学3年生、英語に苦戦 全国平均は50% 県教委、緊急対策へ - 05月18日(土)07:00 

佐賀県内の公立中学3年生で「英検3級」相当以上の英語力がある生徒の割合は30・1%で、都道府県と政令市の中で全国ワーストだったことが、文部科学省の2023年度英語教育実施状況調査で分かった。全国平均の50・0%を大きく下回っている。県教育委員会は授業中に発話する時間の割合が少ないことが要因の一つと分析。外部有識者による検討委員会を設置して緊急対策に乗り出す。 文科省は13年度から、全国の公立小中高校の英語担当教員を対象にアンケート調査を実施している。
カテゴリー:

「学校で人生がめちゃくちゃになったから」ひきこもり経験者が語る避難のつらさ 当事者が能登地震での経験語る - 05月17日(金)12:33  newsplus

ひきこもりを経験した人が災害時に避難所で過ごす困難さを知ってほしいと、1月の能登半島地震で被災した2人が、東京都豊島区内で開かれた当事者らの集いで地震直後の葛藤や体験を語った。(押川恵理子) 「避難所に行くのが嫌だった。学校で人生がめちゃくちゃになったから」。集いの会場で今月4日、石川県珠洲市の実家が倒壊した石尾大輔さん(43)は打ち明けた。小中学校で「変な子」といじめられ、高校で不登校に。通算で10年間ほどひきこもった。 地震が起きた元日、「家が壊れる」と感じ、体の不自由な祖母と母親を連れて外に飛...
»続きを読む
カテゴリー:

ペーパー先生を教壇に、青森県内で研修へ - 05月16日(木)09:00 

青森県内の6教育事務所は本年度、教員免許状を持ちながら教職経験がない、または長期間ブランクがある「ペーパーティーチャー」向けに、県内6市でそれぞれ研修会を開く。教育現場で働く魅力を知ってもらい、次の教員採用試験応募者や臨時講師希望者を確保する狙い。幼稚園や小中高校、特別支援学校いずれかの免許状を持った人が対象で、免許状を更新せず失効した人も参加できる。年齢制限はない。県教育委員会教職員課によると、昨年度の研修会には計112人が参加し、このうち18人が小中学校、特別支援学校の臨時講師や非常勤講師…
カテゴリー:

費用がかからず学校がわりに通える、不登校の子を支援する公的機関とは?(ダイヤモンド・オンライン) - 05月15日(水)06:02 

 2023年度に発表された小中学校における不登校者数は過去最多の29万9048人、小中高校などで判明したいじめ件数も過去最多の68万1948件になっています。不登校は個人の問題ではなく社会問題です。本
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる