「不妊治療」とは?

関連ニュース

【注目の裁判】三つ子次男の「暴行虐待死」事件 孤立する母親、多胎児育児の辛労…執行猶予付かず母親控訴 9月24日判決 - 09月19日(木)15:27  newsplus

東京都目黒区の船戸結愛ちゃんの虐待死事件で9月17日、母親の優里被告に懲役8年(求刑懲役11年)とする判決が下されたが、9月24日に予定される控訴審判決にも注目が集まっている。2018年に愛知県豊田市で発生した、三つ子育児の母親による0歳児の次男への暴行死事件の判決である。 2018年1月11日19時ごろ、愛知県豊田市に住む三つ子の母(当時29歳)が、自宅で生後11カ月の次男が泣きやまないことに腹を立て、床に2回たたきつけた。次男は病院に運ばれたが、同26日に脳損傷により亡くなった。母は殺人未遂容疑で逮捕された。 . 今年3月、...
»続きを読む
カテゴリー:

不妊治療中に凍結胚紛失 京都の夫婦、病院を提訴へ - 09月18日(水)06:00 

 不妊治療中に受精卵を育てた凍結胚(はい)を紛失され、精神的苦痛を受けたとして、京都市の夫婦が18日、同市西京区の産婦人科病院「身原(みはら)病院」を運営する医療法人「倖生会」に慰謝料など2358万円…
カテゴリー:

金がないから出産は…妊娠中に激怒した「死んでも忘れない夫の言動」 | ananweb - マガジンハウス - 09月13日(金)19:50 

妊娠。それは女性にとって人生の一大イベント。特に初めての妊娠は、不安も楽しみも多く、ワクワクドキドキでいっぱいになるのではないでしょうか。しかし、そんな女心を知らない男性は、想像以上にひどい言葉を妊婦に投げかけてしまうことも。今回は、妊婦が絶対に忘れないと誓った、夫からの衝撃の言葉をご紹介します。妊娠中、腹が立った夫のひと言心身ともに不安定になりがちな妊娠中の妻に対して、世の夫はいかに鈍感なものか。最低すぎる夫の言動を集めました!夫の「お金ないから、やっぱり産むのやめよう」に絶望「数年の不妊治療で授かった待望の子。赤ちゃんのための資金のことで夫と言い合いになった時、『お金がないから、産むのをやめよう』と夫が衝撃のひと言。その日は大泣きして、離婚を考え義母に電話。結果、主人が義母から怒られたようで謝ってきました。結局、父親になる不安から言い放ったひと言だったようですが、私の心をボロボロにした言葉は、墓場まで絶対に忘れない」(32歳・会社員)いくらケンカ中の言葉とはいえ、酷すぎるひと言。確かに、男性は女性よりも親になる意識が芽生えるのが遅いとは言いますが、やはり許せません!ケンカ売ってる!?「お相撲さんみたいな歩き方するね」に傷ついた「初めての妊娠、初期は想像以上につわりが辛く、地獄のような日々でした。やっと終わったと思ったら後期はお腹の圧迫に苦しむ日々。そんな時、夫に『お相撲さんみた...more
カテゴリー:

「子どもはいらない」と主張する私が、友人の涙を見て気づいた、違う選択肢を知るということ。 - 09月12日(木)11:32 

自分の常識は他人の非常識。自分が当たり前だと思っていたことが、ふとしたきっかけで変わることがある。少しだけ視野を広げて、違う選択肢を知ると見える世界は変わってくる。私にそれに気付かせてくれたのは、「生理」と「友人」でした。自分を知ること。違う選択肢を知るということ。生理は多くの女性にとって、人生の半分以上付き合わなくてはならない、身体的にも精神的にもしんどいもの。そして、生理の悩みは本当に人それぞれです。私の生理の悩みは、経血量の多さでした。それに加えて、「ナプキン交換のためだけにトイレに行くのが面倒」というガサツな性格が拍車をかけ、よく経血を漏らしていました。何度、経血がデニムを貫通したか…何度オフィスからユニクロへ向かったか数えきれません。でもある時、そこに「選択肢」があることを知りました。きっかけは、発展途上国で「月経カップ」が配られているという情報をネットで見つけたこと。生理用品の交換の回数が少なく、繰り返し使えるため経済的、ゴミも少なくなる。これ私にぴったりなんじゃ…!すぐさま注文していました。月経カップを購入した後も、より生理が快適になるのではないかと、吸収型サニタリーショーツなど新しい生理用品を試すようにもなりました。自分の悩みに向き合い、新たな生理用品を試してみることで、生理期間がこれまでより快適に過ごせるようになると実感しました。そして...more
カテゴリー:

不妊治療を経て高齢出産…妊娠中・産後にできること - 09月11日(水)21:50 

不妊治療専門クリニックの漢方外来では、ご自身の年齢を気にされながら妊活に取り組まれる方も少なくありません。無事に妊娠・出産できるだろうかというご不安に加えて、子育てをする頃の年齢を心配するご相談も実際…
カテゴリー:

【京都】不妊治療で凍結保存の受精卵を身原病院が紛失、提訴へ 元患者夫婦「我が子の源だった」 - 09月18日(水)13:35  newsplus

 京都市西京区の産婦人科病院「身原病院」が不妊治療中の患者の受精卵の凍結胚を紛失させたとして、元患者の京都市内の夫婦が18日にも、凍結胚を保存・管理していた同院に対して採卵費用や慰謝料など約2300万円を求める訴訟を京都地裁に提起することが17日に分かった。  凍結胚は、女性から採取した卵子を受精させ、細胞分裂した受精卵(胚盤胞)をストロー状の器具に載せて液体窒素で凍結させたもの。子宮に着床しやすい時期に受精卵を移植することができ、複数の胚の保管も可能で、次の妊娠に活用できるなどの利点があるとされてい...
»続きを読む
カテゴリー:

種のない私の代わりに、大学生の甥に妻を孕ませるように頼んだ結果・・・ - 09月16日(月)17:00  livejupiter

結婚して10年経ち、私達はどうしても子供が授かれませんでした。子作りを始めて3年目に、夫婦そろって検査したところ、不妊の理由は私でした。 精液の中の精子の量が少なく、ギリギリ自然に受精出来るかどうかという境界にいるようでした。 ただ、まだ若かった事もあり、そのうち授かれると思い、不妊治療はせずに基礎体温を取ってセッ◯クスをするというようなやり方で子作りをしました。 結果、それから7年経っても授かれませんでした。そして、不妊治療を本格的に始めようとしてもう一度検査をすると、私の精子の量は絶望的なほど...
»続きを読む
カテゴリー:

埼玉県三郷市 永井マザーズホスピタル開院30周年記念イベントのお知らせ - 09月12日(木)15:00 

当院は1989年に開院し、地域医療に貢献することを目標に診療を続けてまいりました。2015年には、よりよい医療を皆さまにご提供したいと考え、診療所から病院へ改組いたしました。現在当院では、産科、婦人科をはじめ、不妊治療、形成・美容外科、そして小児科と、女性とそのファミリーにかかわる総合的な医療を担っております。今年で開院30周年を迎え、全ては当院を支えてくださった多くの方々のおかげだと感謝しております。これを記念し、全ての方々が楽しめるようなイベントを催します。ぜひ、多くの方にお声をかけて頂き、ご参加いただければと思います。
カテゴリー:

 40歳女性「23歳の卵子の力ってすごい!」 - 09月12日(木)10:46  news

37歳から不妊治療フルコースした私が台湾で卵子提供を受けるに至るまで 卵子提供①「卵子の老化」とは 子どもが授かるということは、欲しくても必ずという保証はありません。国立社会 保障・人口問題研究所の調査によれば、子どものいない夫婦の55.2%が不妊を心配し、 不妊の検査や治療を受けたことがある、または現在受けている夫婦は全体で18.2%、 子どものいない夫婦では28.2%。つまり6組に1組の夫婦が治療をしているのです。 さらに、女性には仕事との両立という問題もあります。現在不妊治療に挑む夫婦の アンケート調...
»続きを読む
カテゴリー:

さて、俺クラスになると店内売場のナプキンやタンポンを見るだけでも勃起するわけだが? - 09月11日(水)12:48  news

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00010000-esse-life 毎月やって来る「生理」。どうしても煩わしく感じてしまいますよね。 しかしご存じのように生理は、女性の体に欠かせないものなのです。 今回は、生理の仕組みからよくあるお悩みの解決方法まで、生理との上手なつき合い方を、 杉山産婦人科理事長で、不妊治療の専門家である杉山力一先生に伺いました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「不妊治療」の画像

もっと見る

「不妊治療」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる