「パン屋」とは?

関連ニュース

パン屋バイトわい、暇すぎてスレ立て - 10月13日(日)19:09  livejupiter

暇すぎて急遽休憩してる ...
»続きを読む
カテゴリー:

『オマケ』をくれたパン屋のお婆ちゃん。ホッコリしてたら…あれ!? - 10月12日(土)06:15 

もちぎ🐈11月15日エッセイ発売 (@omoti194)さんが投稿した、とあるパン屋さんでのエピソードに注目が集まっています ・ ・ ・ 今日おばあちゃんがやってるパン屋さんに行ったんやけど「もう今日閉店するからオマケ❤️」って言って、えだ豆パンを袋に入れてくれたの。その優しさにあたいほっこりしちゃって、あったかい気持ちで家に帰ってレシート見たら普通にえだ豆パンもお会計に含まれてて笑った。強いわあのパン屋。— もちぎ🐈11月15日エッセイ発売 (@omoti194) 2019年10月7日 おばあちゃん(笑)!? 有料!? これは予想外です!! 「もう閉店するから(店の売上プラスの)オマケ♥」— Shinya@【スーパーヒーロータイム】 (@Shinya_580407) 2019年10月7日 単なる「うっかりミス」だったと、そう信じたいですね…!(;∀;) 関連:レジに並んでたら、なぜか店員に笑われてる? 理由を知って赤面! みんなの反応 ●昔似たようなことされたことあるなあ(笑) ●スーパーでグズってる子を見かけて「あらあら。おばちゃんのお菓子あげるわ」って、自分の買物カゴから未清算のお菓子つかませたおばちゃんの話思い出した ●それ、オマケじゃないし。さすが、商売上手 ●オマケじゃないwww 押し売りwww ま...more
カテゴリー:

9歳児に「お金の大切さ」を伝えようとしたら…もうマスターしてた! - 10月11日(金)19:25 

チホケスタ🦐『yes,and』育児のでこぼこ母ちゃん (@chihokesta)さんが投稿した、「金策」をめぐる息子さんのエピソードに注目が集まっています! そろそろ長男(小3)にお小遣い制を導入しお金の使い方を教えねばと思ってたら自分で自治会長に話をつけ月1で自治会の青空市場でパン屋を開き売上金で場所代材料費等、納め残りをお小遣いにするということをやってのける長男にはもはや教えることは何もない。息子9歳の秋。— チホケスタ🦐『yes,and』育児のでこぼこ母ちゃん (@chihokesta) 2019年10月4日 凄すぎる…!!(;∀;) 経営者の器 大人顔負けの企画力と行動力です! ほんと凄いなぁ。このまま店長とか投資家とかなっても良い— ことさん@保育園児と小学生のワーママ (@sattie14) 2019年10月5日 長男さん本人、そして親御さんにもぜひ、この境地に至るまでの経緯を教えていただきたくなる一幕ですね(*´∀`*) 関連:『オレ持つよ』 4歳の息子が「大人っぽさ」を見せたと思ったら…オチに噴いた! みんなの反応 ●お小遣いとしてでなく出資としてお金を出せば、配当金をくれそうな息子さんだ… ●もう個人事業主 ●神童ですやん ●将来が有望すぎる! 脱帽する他ないお話に、他のユーザーたちからも大きな...more
カテゴリー:

熊本からLAへ。ベーカリー「ろじぱん」が目指す “パン×エンタメ”とは? - 10月09日(水)19:00 

目指しているのは、お客様がワクワクする“パン×エンターテインメント”——そんな九州・熊本のベーカリーが地元の人たちを魅了しています。その名も「ろじぱん」。熊本県内に4店舗を構え、9月中旬にはなんとアメリカ・ロサンゼルスに5店舗目をオープン。東京をスキップして海を渡る挑戦には、パンづくりの経験ゼロからお店を始めたオーナーの想いが込められています。黒糖パンは母の味郊外型ベーカリー「ろじぱん」ろじぱんの創業は2007年。熊本県内に展開する4店舗は、それぞれ趣が違います。熊本城の近くにある古城店は落ち着きがあって上品。かと思えば、熊本市の郊外にある小山本店は敷地面積450坪の広さを誇り、大型駐車場やカフェ、キッズスペースを完備しています。店舗によって客層も雰囲気もまったく違う、その街に合わせた店舗づくりが、ろじぱんの特徴であり魅力。熊本県民を中心に、幅広い世代から愛されています。「ろじぱんの原点はおふくろなんですよね。感謝しかないです」そう語るのは、オーナーの藤井さん。ろじぱんの「黒糖パン」は、シャリシャリした食感がクセになる看板メニュー。これは、自宅で小さなパン屋を営んでいたお母さんのレシピを再現したもの。創業以来、母から受け継いだ味を広め、いまや50〜80種類のなかで最も人気をよんでいます。「そこにオーブンがあったから」一文無...more
カテゴリー:

なぜ街中の暗く寂れた個人商店はいつまで経っても潰れないのか? - 10月08日(火)21:33 

営業しているかどうかもわからないほど暗く寂れた外観、商品の陳列がほとんどされていないウインドウ、店番をしている店主と看板ネコが昼寝中……。そんな街中の小さな個人商店が潰れない理由はなぜでしょうか? 今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、そうした商店の「秘密」を暴露しています。 実は儲けている! サビれた個人商店の裏側 世の中には、お客さまが来ていないのに、いつまでも潰れない個人商店があります。営業しているのかどうかさえ、中に入らなければわからないほど、暗い商店があります。どうやって稼いでいるのでしょうか?近隣の住民でさえ知りません。年金暮らしの高齢者が暇つぶしで開けているのか、と悪態をついてしまうほど、潰れない理由が浮かばないのです。 実は、こうしたお店に共通する“稼ぎ方”があるのです。 たまに電話に出て、たまに出掛けて行きます。一時的に忙しくなる時もありますが、それが過ぎれば、ほとんどは店番で1日が終わります。非常に羨ましい商売です。 その“稼ぎ方”とは……、「学校納品」です。学校から注文が入ったり、定期的な納品に対応していれば、まとまった利益が確保できるのです。生徒数の多い学校との取り引きができれば、たった1本の電話で、多額の収益が生まれるのです。 最初に契約を取りつけるまでは苦労したかもしれません...more
カテゴリー:

パンのフードロスを削減するお取り寄せ「rebake」 - 10月13日(日)06:00 

「ロスパン」とは、パン屋さんでまだ食べられるのに廃棄になってしまいそうなパンのこと。パン屋さんでは、日々の製造工程や販売工程で、食べられるのにどうしても廃棄になってしまうパンが出ることがある。しかしこれらは、食品衛生上は問題がなく、お店で買うものと変わりがない。全国のこだわりのパン屋さんのパンをお取り寄せできるサービスを展開する「rebake(リベイク)」では、このようなロスパンもお取り寄せ商品として積極的に取り扱うことによって「パンのフードロス削減」に貢献している。パンの作り手は皆、パンを廃棄することに心を痛めているという。彼らは毎日朝早くから作業をし、長期熟成のものだと前日夜から作業をすることもある。たくさんの人が買えるように出来るだけ多く、だけど売れ残らないようにさまざまな要素を考え抜いた微妙なバランスの数を、日々計算して作っている。それでも悲しいことに、天候による影響や、「遅い時間帯に来てくれたお客さんにスカスカな棚を見せるわけにはいかない」という作り手の優しさや心意気などからパンのロスは生まれてしまう。そこでこの「rebake」が活躍してくれる。嬉しいのは、取り扱うパンの種類が多種多様なこと。北海道から沖縄まで、自分ではなかなか足を運ぶことができない全国のパン屋さんが作るヴィーガンやベジタリアン向け、アレルギーの人向け、自家製酵母を使ったこだわりのパンなど、多くのパンのな...more
カテゴリー:

「パンも人の人生も一緒」開拓者・農家・パン職人の奥土盛久に密着『情熱大陸』 - 10月11日(金)19:49 

10月13日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、「パンも人の人生も一緒」と語る、至高の石窯でパン作りに励む農家でパン職人の奥土盛久(69歳)に密着する。最近、熱い視線が注がれているパン。パンのフードフェスティバルには多くの人が訪れ、高級食パンはブームともなっている。奥土は、北海道・羊蹄山のふもとでライ麦・小麦を育て、手造りの石窯で、香ばしくて美味しいと評判のライ麦パンをはじめ20種類のパンを焼いて販売。彼が作るパンの原料となる小麦・バター・牛乳・水・砂糖・酵母はすべて北海道産を使用。ジャガイモ、かぼちゃ、トウモロコシ、黒豆も全て自分の畑で作っている。パン生地に練りこむ野菜は出来るだけ低農薬で、よく熟させることで、野菜の本当の味を味わえるようにしているという。奥土はもともと開拓者で、農業をするため26歳で神戸から北海道に入植、農地を開墾、作物を育て、パンを作って来た。奥土のパンは、子供の頃から食べていたライ麦パンと、大学卒業後に農業研修で訪れたドイツの地方都市で食べたパンの味がベースになっている。「ドイツの地方都市にあったパン屋さんの、皮の黒い、ぽこんと割れるパンが本当においしくて。その味が忘れられなくてね」と、その味を再現するため、何年も試行錯誤した末にやっと納得のいくパンが完成。さらにアレンジを加え、今、自身が食べたいと思うパンになったと語る。そして、...more
カテゴリー:

【パン】高級食パンブーム まだ終わってなかった - 10月10日(木)08:04  poverty

行列のできる食パン店「銀座に志かわ」が新たに3店舗連続オープン! 「水にこだわる高級食パン」として銀座本店のオープン以来、行列の絶えない「銀座に志かわ」が、この秋、新たに恵比寿店・近鉄八尾店・宝塚店の3店舗をオープンします。 値段は800円(税抜き) 伊勢神宮に奉納実績のある食パンがベースに 多くの人々を虜にする「銀座に志かわ」の食パンですが、そのベースとなっているのは、三重県や愛知県で11店舗を展開する人気のパン屋さん「513ベーカリー」の食パンです。 「513ベーカリー」の食パンは、あの伊勢神...
»続きを読む
カテゴリー:

木村佳乃も仰天!1つ6500円もする超高級食パンを紹介 - 10月09日(水)13:43 

所ジョージと木村佳乃がMCを務め、社会の片隅で起きている、小さいけれど見過ごせない“事件”の意外な真相を徹底調査する教養番組『所さん!大変ですよ』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。10月10日の放送は、「幸せ運ぶ!?焼きたてパン」と題して、日本人の心を揺さぶるパンに注目する。総務省が発表する家計調査によれば、パンの年間支出額は米より上。日本人の食卓にとってパンは欠かせない存在となっている。今回、ディレクターが食べると幸せになれるという「不思議なパン」を発見。それは、職人が深夜1人で焼き、家まで届けてくれる“出来たてパン”だった。食べる人に喜んでもらいたいと、職人は年末年始を除き、1日も休まずパンを焼き続けているという。番組では、シニアが好んで食べる高級食パンにも注目。一体なぜシニアは高級食パンが好きなのか――。パン文化の研究者によれば、老後資金に不安を抱えるシニアにとって、高級食パンは程よいプチ贅沢なのだという。さらに、三重県にある小さな島で漁師に大人気のパン屋や、1つ6500円もする超高級食パンを作る兵庫県のパン屋も取材。さらに、木村も仰天する絶品パンも登場する。 関連リンク 歌姫・浜崎あゆみ誕生秘話も…エイベックス松浦氏「俺がお前を歌手にする!」『金スマ』 スピ...more
カテゴリー:

メゾン・ランドゥメンヌの「ハロウィンフェア」開催中!!10月31日(木)まで - 10月08日(火)10:00 

2019年10月8日 株式会社メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン 【季節のフェア開催中】ハロウィンモチーフのかぼちゃ、棺桶、ブリオッシュ、秋の味覚を彩るパンやお菓子が登場!! 『メゾン・ランドゥメンヌのハロウィンフェア』期間:10月31日(木)まで開催中 メゾン・ランドゥメンヌ オフィシャルサイト https://www.maisonlandemainejapon.com/ 株式会社メゾン・ランドゥメンヌ・ジャポン(所在地:港区麻布台3-1-5/代表取締役社長:石川芳美)が展開するパリ発ブーランジェリー・パティスリー「メゾン・ランドゥメンヌ」は、麻布台・赤坂店両店にて、10月31日(木)までの季節限定で、ハロウィンをテーマにした3商品を発売しています。 ■メゾン・ランドゥメンヌ オフィシャルサイト https://www.maisonlandemainejapon.com/ かぼちゃ飴のブリオッシュ、棺桶(セルキュイル)をかたどったチョコと木苺のハロウィンクロワッサン、濃厚なかぼちゃクリームと軽いなめらかなプラリネクリームの二層仕立てのシュークリームなど、ハロウィンモチーフのユニークな商品が、ハロウィンならではの楽しくワクワクした気分を演出してくれます。是非この機会にお召し上がりください。 【ハロウィンフェア商品概要】 ・名  称:「ハロウィンフェア」 ・実施期...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「パン屋」の画像

もっと見る

「パン屋」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる