「量販店」とは?

関連ニュース

ゾンビランドサガのカプセルトイが全部集めたくなるキュートさだと俺の中で話題に - 01月23日(木)20:49  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/o_saturday.gif オールフォーゾンビィ! 「ゾンビランドサガ」フランシュシュメンバーのカプセルトイが登場  グッドスマイルカンパニーは、TVアニメ「ゾンビランドサガ」に登場するキャラクターのカプセルトイ「ポケマケット ゾンビランドサガ 01」を、全国の家電量販店やアミューズメント施設にて1月より発売する。 価格は1回400円(税込)。  カプセルトイ第1弾となる「ポケマケット ゾンビランドサガ 01」は、「源 さくら アイドルVer.」、「水野 愛 アイドルVer.」、「ゆうぎり アイドルVer.」、「...
»続きを読む
カテゴリー:

「RED EDITION」モデルがVAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて数量限定で復活 - 01月23日(木)11:50 

2020年1月23日 VAIO株式会社 VAIO理想の「赤」で染め上げた「RED EDITION」モデルが 個人向けモバイルPC VAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて数量限定で復活 VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、2018年夏に数量限定で発売し大好評を博した、VAIO理想の「赤」を表現するプレミアムエディション「RED EDITION」を個人向けモバイルPC「VAIO® SX12」「VAIO® SX14」2シリーズの同日発表した最新モデルにおいて復活、数量限定で発売いたします。今回発売するRED EDITIONモデル(以下 VAIO SX12・SX14 | RED EDITION)ではキートップの刻印まで黒く染め上げた「隠し刻印キーボード(日本語/英字)」が2年越しの開発を経て選択可能となり、レッドとブラックのツートーンが生み出すより鮮烈で印象的なコントラストにより、その世界観を存分にご堪能いただけます。 <「RED EDITION」復活の経緯> 1. プレミアムエディションで最高クラスのPCを持つ喜びを VAIOでは、兼ねてより“テクノロジーとデザインの掛け算“により、強さや信頼性、使い勝手の良さにつながる美しさ、すなわち本質的な「機能美」を追求しています。特にモバイルクラス最高パフォーマンス...more
カテゴリー:

【ノートPC】4台に1台が「Ryzen」搭載の衝撃、「Core i7」と「Ryzen 7」で価格差2万8000円 ★2 - 01月22日(水)21:12  newsplus

消費増税後も販売台数と販売金額がともに好調なノートPC市場で異変が起きている。それまで販売台数で圧倒的なシェアを誇っていたインテル製CPUの「Core」搭載ノートPCが、AMD製CPUの「Ryzen」搭載ノートPCにシェアを奪われているのだ。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」によると、12月23日週の週次データでRyzen搭載ノートPCのシェアが24.3%、Core搭載ノートPCが75.4%となった。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載モデルになっている。  まずは2019年(1~12月)のノートPC市場を振り...
»続きを読む
カテゴリー:

【複合カフェ】AOKI「スーツ販売」低迷のウラで「快活クラブ」絶好調 異業種参入から断トツの1位に - 01月22日(水)20:01  newsplus

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69890 2020.01.22 意外と知られていませんが 年始に放映された『マツコの知らない世界』(TBS系)をご覧になっただろうか。 この番組で190種以上のフライドポテトを食べ比べてきた識者がナンバーワンに選んだのは、なんと複合カフェ「快活CLUB」のポテトであった。ファストフードや居酒屋、回転寿司など飲食店を抑えての選出は驚きであり、ネットで大きな話題になっている。 快活クラブは、紳士服の販売で知られるAOKIホールディングス(以下、AOKI)が、エンターテイメント事業として...
»続きを読む
カテゴリー:

bitFlyerのアプリは使いやすい?他の仮想通貨取引所のアプリと徹底比較! - 01月22日(水)17:03 

仮想通貨の販売所と取引所の両サービスを提供しているbitFlyerは、「bitFlyerウォレット」というスマホアプリも提供しています。bitFlyerウォレットは、仮想通貨の保管だけにとどまらず、仮想通貨の送金や受取、購入、取引にまで利用できるほか、実店舗でのビットコイン決済にも対応しています。 そこで、ここではbitFlyerのアプリ「bitFlyerウォレット」の機能や取引を行う際の使いやすさなどを、他の仮想通貨取引所のアプリと比較しながら徹底解説します。ぜひ参考にしてみてください。 目次 bitFlyerの特徴 1-1. 主要メガバンクが出資 1-2. 不正な日本円出金に係る最大500万円の補償 1-3. 取り扱い通貨は主要な仮想通貨を網羅 1-4. 複数のアルトコインを取引可能な現物取引 1-5. 2種類のレバレッジ取引を利用可能 bitFlyerウォレットの主な特徴 2-1. コミュニケーションツールを使ってビットコインを送金/受取 2-2. 実店舗でのビットコイン決済 2-3. 初心者でも簡単にビットコイン取引が可能 2-4. bitFlyer Lightningで証拠金取引が可能 2-5. 「ビットコインをもらう」機能を利用できる 2-6. Tポイントをビットコインに交換できる Coincheckのスマホアプリとの比較 bitFlyerウォレットの注意点 まとめ ...more
カテゴリー:

家電量販店を名乗る電話に注意 - 01月23日(木)17:29 

唐津警察署からのメールです。【ニセ電話詐欺(家電量販店の店員を名乗る電話に注意)】 1月23日、唐津市内の高齢者宅の固定電話に、家電量販店の店員を騙る男から「最近、家電量販店で電化製品を買っていませんか」「テレビやカメラを買っていませんか」などという電話がありました。 この手の電話は、その後警察官を騙る男から電話があり、個人情報が流出しているという理由などを告げて、自宅でキャッシュカードを騙し取るオレオレ詐欺に発展します。
カテゴリー:

第10世代インテルプロセッサー搭載の高性能モデルがVAIO SX12・VAIO SX14シリーズで発売 - 01月23日(木)09:18 

2020年1月23日 VAIO株式会社 最新 第10世代インテル®プロセッサー搭載の高性能モデルが 個人向けモバイルPC VAIO SX12・VAIO SX14シリーズにて発売 VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市 代表取締役社長:山本 知弘 以下VAIO)は、第10世代インテル® Core™ プロセッサー Uプロセッサーラインを搭載し、最大限にその実力を引き出した高性能モデルを、個人向けモバイルPC「VAIO® SX12」「VAIO® SX14」2シリーズにおいて発売いたします。顔認証対応をはじめとするセキュリティソリューションの拡充やプレミアムエディションとして「ALL BLACK EDTION」、「RED EDITION」の同時発売など、性能面にとどまらず、機能・デザイン面においても、VAIOの追求する快の実現に向けて様々な点で進化を遂げています。 <前モデルからの最大の進化点:モバイルの限界を超えるハイパフォーマンス> 1. PC作業がもっと速く快適に!最大約40%の性能向上を実現 VAIO SX12・VAIO SX14は、いずれもモバイルワークを次のステージへ進めることを目指して2019年に発表した製品で、VAIO PCのラインアップの中核を担っています。同2シリーズには、PC作業をより速く快適に行えるように、VAIOが長年培ってきたノウハウとテクノ...more
カテゴリー:

【飲食】サイゼのラム串焼き 販売休止 - 01月22日(水)21:01  bizplus

どこも品切れ! そんな悲鳴が上がっているのが、サイゼリヤの「アロスティチーニ」だ。ラム(羊肉)の串焼きで、イタリア中部アブルッツォ州の名物料理だが、昨年12月18日にグランドメニューに載って以来、客が殺到。予想以上の反響の大きさに、現在、原料が確保できず一時販売を休止しているのだ。原料が確保でき次第、期間や地域を限定して販売を再開するとのこと。 「小さい」「硬い」「〇〇(羊肉料理の有名店)で食べたものとは段違い」なんて声もあるが、「羊齧協会」代表の菊池一弘さんは、「そういうごくわずかな羊肉マニ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ノートPC】4台に1台が「Ryzen」搭載の衝撃、「Core i7」と「Ryzen 7」で価格差2万8000円 - 01月22日(水)17:24  newsplus

消費増税後も販売台数と販売金額がともに好調なノートPC市場で異変が起きている。それまで販売台数で圧倒的なシェアを誇っていたインテル製CPUの「Core」搭載ノートPCが、AMD製CPUの「Ryzen」搭載ノートPCにシェアを奪われているのだ。全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」によると、12月23日週の週次データでRyzen搭載ノートPCのシェアが24.3%、Core搭載ノートPCが75.4%となった。ノートPCの4台に1台がRyzen搭載モデルになっている。  まずは2019年(1~12月)のノートPC市場を振り返っ...
»続きを読む
カテゴリー:

昨年末に販売されたノートPCのうち約4分の1がRyzen搭載 - 01月22日(水)16:27 

BCNによると、12月23日週に販売されたノートPCの24.3%がAMDのRyzen CPU搭載モデルだったという(BCN+R)。1年前の2019年1月7日週では、Intel製CPUを搭載したモデルは98.8%だったという。しかし、その後AMD製CPU搭載モデルの販売台数は上昇を続け、2019年12月ごろからは販売数のうち25%前後がAMD製CPU搭載モデルになっている。AMD製CPU搭載PCの平均単価はIntel製CPU搭載PCよりも約1万7,000円ほど安いことが追い風になっているようだ。 すべて読む | モバイルセクション | モバイル | ビジネス | ハードウェア | AMD | 関連ストーリー: AMD CPUが量販店市場でシェア68.6%を獲得。PC本体での採用率も増える 2019年07月23日 第3世代Ryzen、ベンチマークテストでは高評価 2019年07月08日 量販店やPCショップなどでの単体CPUの販売台数シェア、AMDがIntelを抜く 2019年07月04日 AMDが16コアモデルの「Ryzen 9 3950X」を発表 2019年06月13日
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「量販店」の画像

もっと見る

「量販店」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる