「徳島県」とは?

関連ニュース

【徳島】阿波おどり プレミアム桟敷席が建築基準法に違反 観光庁が補助金不交付 - 03月01日(金)22:59  newsplus

阿波おどり 桟敷席が建築基準法に違反 観光庁が補助金不交付|NHK 徳島県のニュース https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20240301/8020019743.html 03月01日 19時15分 去年夏の徳島市の阿波おどりで、1人20万円の桟敷席が建築基準法に違反した状態だったことを受け、観光庁は1日、この事業にかかる補助金を交付しないことを決めました。 去年8月に開かれた徳島市の阿波おどりでは、実行委員会や東京のイベント会社などが1人20万円の「プレミアム桟敷席」を初めて導入しましたが、建築基準法の基準を満たさず、違法...
»続きを読む
カテゴリー:

【俺の楽器・私の愛機】1557「KAWAIのBS10というピアノ、バッカスのストラトタイプギター」 - 03月01日(金)10:22 

【ピアノ(KAWAI、BS-10)ギター(バッカス、ストラトタイプ)】(徳島県徳島市 としちゃんねる 46歳)愛機といえば、KAWAIのBS10というアップライトとバッカスのストラトタイプ。実はピアノは3年間ずっと...
カテゴリー:

全国決勝大会出場を目指し、全国各地で熱戦スタート! 「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」開幕! - 02月29日(木)19:30 

令和6年2月29日 全国農業協同組合連合会(JA 全農 )   全国決勝大会出場を目指し、全国各地で熱戦スタート! 「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会」開幕! ~JA全農が「ニッポンの食」で子どもたちを応援~    JA全農は、3月2日(土)の東北大会(福島県相馬市)、関西大会(京都府京都市)を皮切りにスタートする「JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会(主催:日刊スポーツ新聞社)」に特別協賛します。  この大会は小学生を対象とした8人制のサッカー大会です。全国9か所で開催する地区大会を勝ち上がった全16チームが、5月3日から5日にかけて神奈川県横浜市で開催される全国決勝大会へ出場します。決勝戦は5月5日、日産スタジアムにてキックオフです。  小学生サッカー日本一の栄光をつかみ取るため、子どもたちが各地で熱戦を繰り広げます。   2023年 九州大会決勝戦の様子    全農は、各地区大会に出場するチームの出身地の農畜産物(お米や果物、肉製品、ジュースなど)を副賞や参加賞として贈呈し「ニッポンの食」で子どもたちを激励します。また、この大会を通じて、子どもたちの健やかな心身の成長と未来の夢を応援します。   2023年 東北大会優勝の青森FC 2023年 関西大会優勝のDREAM FC 2023年...more
カテゴリー:

【徳島】昨年は4万3千人来場したアニメ・ゲームのイベント、今春開催は不透明…「負担金多すぎ」知事見直し方針 - 02月27日(火)19:44  mnewsplus

読売新聞2024/02/27 13:18 https://www.yomiuri.co.jp/culture/subcul/20240227-OYT1T50042/ 例年春と秋の年2回開催されているアニメ・ゲームのイベント「マチ★アソビ」について、今春の開催が不透明となっている。徳島県の後藤田知事が負担金の減額やイベントのあり方を見直す方針を示しているためで、準備が進まない事態に県議らからは「県外から人を呼び込める人気イベントがなくなってしまうのでは」と懸念の声が上がっている。(北野浩暉) 「マチ★アソビ」は、徳島市中心部で2009年から計27回開かれてきた。昨年は5月...
»続きを読む
カテゴリー:

ヤマト運輸/徳島県と地方創生推進で連携協定締結 - 02月27日(火)14:30 

ヤマト運輸は2月27日、持続可能な地域社会の実現などを目的に、徳島県と「地方創生の推進に係る連携協定」を締結し、徳島県庁で締結式を行った。 <(左) 徳島県マスコットキャラクター「すだちくん」、(中央左) 徳島県の後藤田 […] The post ヤマト運輸/徳島県と地方創生推進で連携協定締結 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

川嶋あい、徳島商業卒業式にサプライズ参加 代表曲「旅立ちの日に…」歌唱 - 03月01日(金)20:34 

シンガー・ソングライター川嶋あい(38)が1日、徳島県立徳島商業高校の卒業式にサプライズで参加し、卒業生に向けて自身の代表曲「旅立ちの日に…」を歌唱した。生徒たちはあふれる涙を抑えきれなかった。 野球部のエースで主将、昨夏チームを甲子園…
カテゴリー:

学校タブレットの故障多発で、教育長が退任へ 代替機調達追いつかず - 03月01日(金)07:00 

 徳島県教育委員会の榊浩一教育長(60)が来年3月の任期満了を待たずに退任する意向を固めたことが29日、関係者への取材でわかった。県立学校に配備した「1人1台」のタブレット端末に故障が相次いでいる問題…
カテゴリー:

徳島県内の新型コロナ感染状況(2月19~25日) - 02月29日(木)17:50 

新型コロナウイルス感染者が、徳島県内37カ所の定点医療機関…
カテゴリー:

愛知県の「家庭ごみ開封調査」が波紋。全国に波及の恐れ?食品ロス削減名目も「キモすぎ」反感の声9割以上… - 02月27日(火)18:27 

SDGsの観点からも注目を集めている食品ロス。しかし「いくらなんでもやり過ぎでは」との声が噴出しているのが、愛知県のこんな取り組みだ。 報道によると愛知県は今年度、回収されたゴミ袋の中から無作為で選んだものを開封し、一般家庭でどれほどの量の食品ロスが発生しているか調査するという。その狙いを「県民の意識を高めてもらう」としているという。27日、中日新聞が伝えた。 【関連】家庭ごみ袋を開封「食品ロス」調査します 愛知県が19年度以来、夏と冬に実施予定 この報道にネット上では上記のような「いくらなんでもやり過ぎ」という声のほか、以下のような書き込みがあふれる事態となっている。 《ゴミみたいな調査だな》 《他にやり方ないのかよ》 《戦時中じゃないんだから》 《ゴミまでチェックされるとかあの国以下だろ》 《とにかく気持ち悪い》 等々、上げればきりがないほどで、そのほとんどが「ゴミ開封」に抵抗を示すポストばかりだ。 ゴミから「個人情報やプライバシー」が暴かれる危険性 そもそもゴミ袋の開封を快く思う人間など皆無に等しいと言っても過言ではないだろう。さらにこんな指摘をするのは、サブカルチャーに詳しい50代の男性ライターだ。 「他人のゴミ袋を開けると聞いて真っ先に思い浮かべるのは、“鬼畜系”を名乗って活動していたライターの村崎百郎さんです。ゴミを漁って人のプライバシーを暴くことを『自分の趣味』として...more
カテゴリー:

徳島県とヤマト運輸「地方創生の推進に係る連携協定」を締結 - 02月27日(火)13:01 

2024年2月27日 ヤマト運輸株式会社 徳島県とヤマト運輸「地方創生の推進に係る連携協定」を締結   ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕、以下「ヤマト運輸」)は、持続可能な地域社会の実現などを目的に、徳島県と「地方創生の推進に係る連携協定」を締結しました。本日2024年2月27日(火)に、徳島県庁にて締結式を行いました。             (左)    徳島県マスコットキャラクター「すだちくん」         (中央左)  徳島県知事 後藤田正純         (中央右)  ヤマト運輸株式会社 代表取締役社長 長尾裕         (右)    ヤマトグループ公式キャラクター「クロネコ」   記   1.背景および目的 現在の日本を取り巻く環境は、気候変動の深刻化や労働力人口の減少、少子高齢化や過疎化の進展、輸送力不足の深刻化など、不確実性が高まっています。 ヤマトグループは、2024年2月5日(月)に、ヤマトグループ中期経営計画「サステナビリティ・トランスフォーメーション2030 ~1st Stage~」を発表し、持続可能な未来の実現に貢献する「価値創造企業」になることを目指しています。日本全国を網羅する宅急便ネットワークを活用し、全国各地の自治体など多様なパートナーと連携して、地域活...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる