「参議院」とは?

関連ニュース

国民の血税を大量投入!安倍政権「お友達企業マル秘リスト」 - 08月01日(土)23:32  seijinewsplus

「安倍政権の税金の使い道は、デタラメもいいところ。新型コロナの感染が拡大する中、多くの医療従事者が給料ダウンしている一方、国民の7割以上が反対する『Go Toキャンペーン』に1兆3000億円もの血税を投じてるんですから」  野党系議員秘書がこう嘆くのも無理はない。安倍政権下では、“お友達”に公金がジャブジャブと注入される一方で、公正で効果的な使い道は無視される事態が後を絶たないのだ。  その象徴が前述のGo Toキャンペーン。コロナ第2波襲来が取り沙汰される真っ只中に行われるこの政策は、「全国...
»続きを読む
カテゴリー:

立民 石川大我参議院議員の秘書が新型コロナ感染 .. - 08月01日(土)17:45 

立民 石川大我参議院議員の秘書が新型コロナ感染 #nhk_news
カテゴリー:

【文春】コロナ拡大の中、不倫デート 橋本岳副大臣と自見英子政務官 離婚・再婚は「神のみぞ知る」…加藤厚労相が注意★2 - 07月31日(金)13:23  newsplus

■コロナ拡大の中、2週間で5回不倫デート 厚労省の橋本岳副大臣と自見英子政務官が交際 感染者数が過去最多となるなど全国に感染が拡大している新型コロナ。コロナ対応の最前線に立つ厚労省では、官僚たちが終電間際まで残業を続けている。その最中、ナンバー2である橋本岳副大臣(46)と、ナンバー3の自見英子政務官(44)が、不倫関係に陥り、連日夕刻に退庁後、デートを重ねていることが「週刊文春」の取材で分かった。橋本氏には妻と4人の子供がいる。 「週刊文春」の取材では7月、最近の2週間で、赤坂の居酒屋、丸の内の和牛レ...
»続きを読む
カテゴリー:

【文春】コロナ拡大の中、不倫デート 橋本岳副大臣と自見英子政務官 離婚・再婚は「神のみぞ知る」…加藤厚労相が注意 - 07月30日(木)20:17  newsplus

■コロナ拡大の中、2週間で5回不倫デート 厚労省の橋本岳副大臣と自見英子政務官が交際 感染者数が過去最多となるなど全国に感染が拡大している新型コロナ。コロナ対応の最前線に立つ厚労省では、官僚たちが終電間際まで残業を続けている。その最中、ナンバー2である橋本岳副大臣(46)と、ナンバー3の自見英子政務官(44)が、不倫関係に陥り、連日夕刻に退庁後、デートを重ねていることが「週刊文春」の取材で分かった。橋本氏には妻と4人の子供がいる。 「週刊文春」の取材では7月、最近の2週間で、赤坂の居酒屋、丸の内の和牛...
»続きを読む
カテゴリー:

ファクターXの鍵は「日本の伝統食」か。実は新しかった古の知恵 - 07月30日(木)18:37 

新型コロナウイルスの感染者増加が止まりません。人類はなぜこのウイルスに翻弄されてしまっているのでしょうか。そんなコロナ禍の中で「価値観の転換」について考察しているのが、メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』の著者であるジャーナリストの高野孟さん。1回目は「コロナ禍に想う。日本が今一度、脱近代、脱合理を目指すべき理由」で文明発達の歴史について、2回目は「なぜ旧民主党は政権交代を果たしたにも関わらず短命に終わったか」で明治以降の日本の近代史について述べてきました。第3回目となる今回は、私たち日本人が古来から食べてきた伝統食に注目。日本人がコロナで重症化しない理由とされる「ファクターX 」を解明する鍵があるのかもしれない、としています。 高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ   コロナ禍を機に起こるべき価値観の転換ーー自然免疫力を高める食事こそが「新しい生活様式」 この連載は、第1回の冒頭で述べたように、平野貞夫=元参議院議員の「コロナ禍による混乱を克服するには、稲作・漁撈・発酵文化の再生が急務だ」という趣旨の講話に大いに触発され、それを私なりに補充・拡張しつつ綴っている。 平野の論旨のユニークなところは、稲作を中心とした日本の伝統的な食生活への回帰を、単なる懐古趣味やロマンティックな田舎暮らしへの憧れからではなく、玄米・米ヌカをはじめ無農薬の野菜、海藻類などに豊富に含まれてい...more
カテゴリー:

【緊急速報】立憲民主党・石川大我議員の秘書が新型コロナ感染 - 08月01日(土)18:02  news

立民 石川大我参議院議員の秘書が新型コロナ感染 立憲民主党の石川大我参議院議員の秘書が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。 感染が確認されたのは、参議院比例代表選出で、立憲民主党の石川大我氏の議員会館の事務所に勤務する秘書です。 石川氏の事務所などによりますと、この秘書は、先月28日に発熱し、味覚に異常を感じるなどしたため、翌29日にPCR検査を受け、31日夜、陽性と確認されたということです。 石川氏は体調に異変もなく、保健所から濃厚接触者にはあたらないと判断されたということですが...
»続きを読む
カテゴリー:

山本太郎「衆院選までに百人候補たてたいがコロナの影響でまだ11人しか決まってないから発表できない」 - 08月01日(土)15:08  poverty

――衆院選の候補者選びは、どんな感じですか? 山本氏: 水面下では行っています。11人の候補予定者は決定していますが、候補予定者をなぜ発表できないかというとコロナの影響ですね。 これまでは候補予定者と私が一緒に記者会見をやっていたのですが、コロナでなかなかうまくいかず、タイミングが難しいですね。 山本氏: 候補者として必要なことは、参院選と衆院選は違うと。たとえば参議院では1人の東京選挙区と全国比例だったので、どちらかというと「れいわ新選組がやってきた」みたいな感じ、お祭りでしたね。 それは衆議...
»続きを読む
カテゴリー:

【李登輝氏死去】 立民・#蓮舫副代表「心から、心からご冥福を」 - 07月30日(木)22:48  mnewsplus

7/30(木) 22:06 産経新聞 李登輝氏死去 立民・蓮舫副代表「心から、心からご冥福を」 蓮舫参議院議員(飯田英男撮影)  立憲民主党の蓮舫副代表は30日、台湾の李登輝元総統が死去したことを受け、自身のツイッターに「心から、心からご冥福をお祈りします」と投稿した。蓮舫氏の父親は台湾出身。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200730-00000615-san-pol ...
»続きを読む
カテゴリー:

Go Toトラベルの“移動” 尾身会長「必要に応じ政府に意見」 - 07月30日(木)18:51 

政府の観光需要の喚起策「Go Toトラベル」をめぐり政府の分科会の尾身茂会長は、30日開かれた参議院の国土交通委員会で「感染の拡大が徐々に進んでいることは、ほぼ間違いない。県を越えた移動を控えたほうがいいか必要に応じて政府に意見を申し上げたい」と述べました。
カテゴリー:

またも繰り返される「首都機能移転」論に見る、ニッポンの病 - 07月29日(水)18:42 

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、自民党内では首都機能移転議論が再燃しているようです。この報道に接し、15年前に危機管理面の担当者として同様の議論に参加していた軍事アナリストの小川和久さんは、主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』で、議論ばかり繰り返され何も進まないのは、この国の治ることのない病だと指摘。本当に必要なことを実現できないリーダーシップの欠如を嘆いています。 首都移転か、首都機能移転か 地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の計画撤回から敵地攻撃論が再燃したのと似ていますが、コロナの第2波の兆しを受けて首都機能の移転や首都移転(遷都)の議論も頭をもたげてきました。 「自民党で、新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、首都機能を地方に移転する議論が再燃している。東京一極集中を是正し、都市部の人口密集によるリスクを回避するのが狙いだ。   党内では6月に『社会機能の全国分散を実現する議員連盟』(会長・古屋圭司元国家公安委員長)が設立された。政府や企業の本社機能などを地方に分散させることに主眼を置く。年内に提言をまとめる予定で、古屋氏は『東京に集中しすぎて効率が悪い。スリムで稼げる東京を作る』と話す。   かつての首都機能移転論議は、費用負担が課題となったほか、移転候補地以外では盛り上がりに欠け、下火になった。今回は感染症対策でテレワークが広まったことも...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「参議院」の画像

もっと見る

「参議院」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる