「今国会」とは?

関連ニュース

「GDP600兆円」の大嘘。アベノミクス偽装のからくり - 02月23日(土)09:40  seijinewsplus

 毎月勤労統計偽装の実態が明らかになるに連れて、偽装された目的が「GDPを嵩上げして、アベノミクスの成果を捏造しようとしたから」ではないかという疑惑が濃厚になってきている。    『月刊日本3月号』では、この問題は与野党が挙って糺すべき重大問題だとし、このまま与党が権力に阿り、安倍政権の追及を躊躇するならば、政党としての存在価値はないと断じている。そして、偽装統計を根絶できないならば、我が国は亡国の道を歩まざるを得ないとして、第一特集、第二特集ともに統計不正、GDP嵩上げの実態を追及する特集を組んでい...
»続きを読む
カテゴリー:

「しつけで体罰禁止」法案明記へ 政府、里親や施設長も対象 - 02月22日(金)21:26 

親から子への体罰禁止の法制化を目指す政府が、今国会に提出する児童虐待防止法と児童福祉法の改正案に「児童のしつけに際...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

大津いじめ自殺事件に判決。もう「子供だから」は通用しない - 02月22日(金)18:53 

「いじめ防止対策推進法」が生まれるきっかけにもなった、滋賀県大津市のいじめによる自殺事件。先日下された民事裁判の判決は、「いじめが自殺の原因になった」という画期的なものでした。今回の無料メルマガ『いじめから子どもを守ろう!ネットワーク』では、産経ニュースにもコメントが掲載された代表の井澤一明さんが、判決が画期的であったとする理由を記しています。 大津いじめ自殺事件、3,750万円を認める 2019年2月19日、滋賀県大津市で起きたいじめ自殺事件の民事裁判の判決がおりました。中学2年の2011年の10月に亡くなってから8年、加害者も成人を迎えるほどの歳月がすぎました。 私たちが2007年から、長年訴えてきた法制化が、この自殺事件をきっかけにすすみ「いじめ防止対策推進法」が生まれました。その意味でもこの大津いじめ自殺事件は、学校関係者だけでなく、社会的にも大きな影響を与えました。 今回の判決は、加害者側の元同級生と保護者に慰謝料など約3,850万円の損害賠償を求めていた訴訟で、大津地裁は「いじめが自殺の原因になった」とし約3,750万円の支払いを命じました。 判決が出たその日のうちにYahooには「大津いじめ訴訟判決を読み解く『被害者救済にかじをきる判断』」という産経ニュースが流れました。私も電話でのインタビューを受け、そのコメントが掲載されましたが、改めて、今回の判決に思うところを簡...more
カテゴリー:

飲酒後のドローン操縦禁止に 飛行前の機体点検も義務付け - 02月21日(木)16:35  newsplus

 小型無人機ドローンの安全対策を強化するため、政府が今国会に提出する航空法改正案が21日分かった。飲酒後の操縦を禁止し、飛行前の機体点検を義務付ける。事故が起きた場合、国土交通省が操縦者の自宅やメーカーの事業所などを立ち入り検査し、事情聴取できる制度も新設する。3月上旬に閣議決定し、秋までの施行を目指す。  ただ飲酒の状態や機体点検の有無を国が常に確認するのは事実上不可能なため、規制の実効性が課題となる。  酒や薬物の影響で、道路や公園など公共の場所で危険な飛行をした場合は1年以下の懲役または30...
»続きを読む
カテゴリー:

公明党にもドローン規制反対意見書提出 日本新聞協会 - 02月21日(木)00:33 

 日本新聞協会は20日、公明党に、政府が小型無人機「ドローン」によるテロ対策として今国会に提出予定の規制法改正案に反対する意見書を渡した。政府は法案に自衛隊や在日米軍施設上空の飛行禁止を盛り込む方針で「国民の知る権利を侵害する」としている。
カテゴリー:

「端末購入条件」の通信料値引き禁止へ 総務省が電気通信事業法改正案 - 02月23日(土)06:00 

 総務省は、分かりやすい携帯電話料金の実現や、業界の競争促進に向けた電気通信事業法の改正案をまとめた。端末購入を条件にした通信料金の値引き禁止や、「2年縛り」などを念頭に、利用者の解約を妨げる条件提示の禁止を明記する。違反した携帯電話会社などは業務改善命令の対象とする。近く閣議決定し、今国会に提出す
カテゴリー:

学童保育 1人体制へ法改正、基準緩和 保護者不安「ありえない」 - 02月22日(金)20:07 

 共働きや一人親家庭の小学生が過ごす放課後児童クラブ(学童保育)について、政府は職員の複数配置を義務付けた基準の扱いを緩め、今国会で児童福祉法改正を含む地方分権一括法案を提出する。子どもの少ない土曜日や夜間を職員1人体制にしても違法ではなくなり、子どもの安全が守られないと保護者らの間で不安が広がって
カテゴリー:

【朗報】所有者不明の土地を、政府が勝手に売却可能な法案が閣議決定したぞ! - 02月22日(金)10:00  poverty

所有者不明の土地、売却可能に 政府が法案を閣議決定 政府は22日、全国で問題となっている所有者不明の土地について一定の条件下で売却を可能にする法案を閣議決定した。 所有者が特定できないために活用が進まない土地の取引を促し、公共事業や民間企業による利用を促す。今国会に提出し成立をめざす。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41598550S9A220C1EAF000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

飲酒後のドローン操縦禁止 点検義務付け、航空法改正案 - 02月21日(木)16:21 

小型無人機ドローンの安全対策を強化するため、政府が今国会に提出する航空法改正案が21日分かった。飲酒後の操縦を禁止...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

ふるさと納税も「100億還元」 欠陥ついた?寄付競争 - 02月20日(水)05:00 

 ふるさと納税の返礼品をめぐり、総務省と大阪府泉佐野市の対立が過熱している。地場産品に限るよう求める総務省は、規制を強化する改正法案を今国会に提出。泉佐野市は規制前の「駆け込み寄付」を狙ってギフト券の…
カテゴリー:

もっと見る

「今国会」の画像

もっと見る

「今国会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる