「継続審議」とは?

関連ニュース

【NHK】国民投票法の改正案 会期内の成立 困難な情勢 衆院憲法審査会 - 05月29日(金)12:44  newsplus

衆議院の憲法審査会で継続審議になっている国民投票法の改正案は、与野党が折り合っておらず、今の国会の会期内での成立は困難な情勢です。 衆議院憲法審査会は28日、今の国会で初めて開かれ、憲法改正の手続きを定めた国民投票法をめぐって与野党の議員による自由討議が行われました。 与党側は、継続審議になっている国民投票法の改正案について審査会で早期に質疑と採決を行いたい考えです。 以降ソースにて https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200529/k10012449561000.html 国民投票法の改正案 会期内の成立 困難な...
»続きを読む
カテゴリー:

衆院・憲法審査会、今国会初の開催 - 05月28日(木)13:13 

 憲法改正をめぐり、衆議院憲法審査会が今の国会で初めて開かれました。各党は国民投票の際における課題などについて、意見を表明しています。 「いかなる状況下においても政府の行為を監視し、適切な立法を行うといった国会機能を確保する観点から、本会議の定足数をめぐる憲法解釈上の論点や国会議員の任期に関する議論が早急に必要ではないかと提起しております」(自民党 新藤義孝 衆院議員) 「ネット広告については、なんらの規制がありません。流言飛語が跋扈(ばっこ)するおそれがあるなど、対応策の検討が必要ではないでしょうか」(立憲民主党 山花郁夫 衆院議員)  今の国会で初めての開催となった衆議院憲法審査会では、国民投票の際のCM規制をめぐり、立憲民主党の山花氏が「資金量の多寡によって結果に影響を与えるおそれがある」と指摘。一方、公明党の北側副代表は“ネット広告の規制は現実的には困難で、政党側で自主規制ルールを設けるべき”などと主張しました。  国民投票法の改正案は6国会にわたって継続審議となっていて、自民党の新藤氏は早期の採決を求めましたが、野党側は採決には応じない構えで、今国会での成立は見通せていません。
カテゴリー:

【定年延長法案】公務員法めぐり政府・与党混乱 自公幹部、「廃案」に異議 - 05月26日(火)22:06  newsplus

自民、公明両党は26日の幹事長・国対委員長会談で、国家公務員の定年を引き上げる国家公務員法改正案について、継続審議とする方針を再確認した。22日の衆院厚生労働委員会で、廃案を念頭に見直しの可能性に言及した安倍晋三首相に異議を唱えた格好で、政府・与党は足並みの乱れを露呈した。 【点描・永田町】心に響かない首相の記者会見  26日の会談後、自民党の森山裕国対委員長は同改正案について、公明党との間で18日に継続審議と確認したことに触れ、「与党として確認した方針が変わっているということは、きょう現在...
»続きを読む
カテゴリー:

公務員法「廃案」自公幹部が異議 - 05月26日(火)17:09 

自民、公明両党は26日の幹事長・国対委員長会談で、国家公務員の定年を引き上げる国家公務員法改正案について、継続審議とする方針を再確認した。22日の衆院厚生労働委...
カテゴリー:

国民投票法改正、今国会も困難 衆院憲法審、28日開催 改憲議論遠のく 肩落とす自民党幹部 - 05月24日(日)11:05  newsplus

 衆院憲法審査会が28日、今国会で初めて開催される。  国民投票法改正案の自由討議を行うが、与党が求める速やかな採決を野党は拒否している。新型コロナウイルス対応をめぐり、野党に協力を呼び掛ける中、与党も強引な手法は取りにくく、成立は困難な情勢だ。  改正案は、憲法改正国民投票の利便性を高めるもので、2018年6月に自民、公明両党などが国会に共同提出した。しかし、野党は採決後に与党が憲法審で改憲論議の進展を図ることを警戒。国民投票に関するCM規制の議論を優先すべきだと主張し、今国会まで計6国会にわたっ...
»続きを読む
カテゴリー:

国民投票法の改正案 会期内の成立 困難な情勢 衆院憲法審査会 - 05月29日(金)05:38 

衆議院の憲法審査会で継続審議になっている国民投票法の改正案は、与野党が折り合っておらず、今の国会の会期内での成立は困難な情勢です。
カテゴリー:

政府・与党「国家公務員法改正案は継続審議です」安倍首相は廃案を念頭に見直しと言及も自公は異議 - 05月26日(火)22:24  newsplus

公務員法めぐり政府・与党混乱 自公幹部、「廃案」に異議 5/26(火) 20:33  自民、公明両党は26日の幹事長・国対委員長会談で、国家公務員の定年を引き上げる国家公務員法改正案について、継続審議とする方針を再確認した。  22日の衆院厚生労働委員会で、廃案を念頭に見直しの可能性に言及した安倍晋三首相に異議を唱えた格好で、政府・与党は足並みの乱れを露呈した。  26日の会談後、自民党の森山裕国対委員長は同改正案について、公明党との間で18日に継続審議と確認したことに触れ、 「与党として確認した方針が変わ...
»続きを読む
カテゴリー:

【西村官房副長官】国家公務員の定年延長法案 政府“撤回は考えていない” - 05月26日(火)22:00  newsplus

検察官なども含めた国家公務員の定年を引き上げる法案について、衆議院内閣委員会の理事懇談会で、政府は、撤回は考えていないと説明し、与党側は、現時点では継続審議とする方向で、国会の会期末に取り扱いを決める考えを示しました。 今の国会での成立が見送られた、検察官なども含めた国家公務員の定年を段階的に引き上げる法案について、安倍総理大臣は国民の理解なくして前に進めることはできないとして取り扱いを再検討する考えを示しています。 26日開かれた衆議院内閣委員会の理事懇談会では、出席した西村官房副長官が「...
»続きを読む
カテゴリー:

【朝日新聞謝罪】黒川検事長の賭けマージャン…「報ステ」コメンテーターの朝日新聞記者が謝罪「同じ社員として申し訳なく思います」  - 05月26日(火)08:07  mnewsplus

 21日放送のテレビ朝日系「報道ステーション」(月~金曜・後9時54分)で、新聞記者と賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長(63)が辞任したことを報じた。  黒川氏は、安倍晋三首相に辞表を提出し、22日の閣議で承認を得る。森雅子法相は今回の問題で訓告処分にしたことを発表し、安倍首相は、記者団に黒川氏の定年延長を閣議決定したことに対し、 「法務省、検察庁において人事について厳正なプロセスを経て整理がなされたが、最終的には内閣として決定するので、総理大臣として当然、責任がある。ご批判...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】「賭けマージャン検事長」に7000万円超の退職金を支払うべきではない ★3 - 05月23日(土)12:38  newsplus

「賭けマージャン検事長」に7000万円超の退職金を支払うべきではない 5/21(木) 19:45配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/c6f72d6a67f3a86bb1c1cbafd47e5df7159df32a ■「検察OB」も異例の反対意見書を法務省に提出  「安倍1強」といえども国民の怒りには勝てなかった。今国会での成立が見送られた検察庁法改正案を巡っては、多くの国民がツイッターで抗議の意志を表明した。さらに元検事総長をはじめとする検察OBも異例の反対意見書を法務省に提出した。  検察庁法改正案のどこが問題なのか。法案には、政権が必要と判...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「継続審議」の画像

もっと見る

「継続審議」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる