「ワシントン」とは?

関連ニュース

トランプ氏「台湾は防衛費を支払うべきだ」 半導体ビジネスで批判も ★2 - 07月17日(水)17:24  newsplus

 米国のトランプ前大統領はブルームバーグ通信が16日に報じたインタビューで、台湾の防衛に関して「我々は保険会社のようなものだ。台湾は我々に防衛費を支払うべきだ」と主張した。「台湾は米国から半導体ビジネスを奪った。彼らは莫大(ばくだい)な富を得ている」と批判もしており、11月の大統領選で返り咲いた場合、台湾に何らかの「取引(ディール)」を迫る可能性もありそうだ。  インタビューは銃撃事件前の6月下旬に実施された。トランプ前政権は中国に強硬な姿勢を示し、台湾を重視してきた。ただトランプ氏は今回のインタ...
»続きを読む
カテゴリー:

「過去の結果を改変する」タイムトラベルする量子センサーの実証に成功! - 07月17日(水)17:00 

アメリカのワシントン大学(UW)で行われた研究により、量子もつれを利用することでタイムトラベルの概念を組み込んだ量子センサーの構築が可能であることが実証されました。 研究者たちはこの概念を「望遠鏡を過去に送り、目の端で見た流れ星を捉えることができるのと似ていると」説明しています。 日常の常識では過去に戻ることは禁じられていますが、新たな量子センサーはこのルールを思わぬ方法で回避することができます。 研究内容の詳細は2024年6月27日に『Physical Review Letters』にて発表されました。 目次 タイムトラベルを使って観測を成功させる量子の世界では過去の観測を改変できる タイムトラベルを使って観測を成功させる タイムトラベルのアイデアは、長年SFファンを魅了してきました。 現行の物理学のアイデアによれば、未来への旅行は、少なくとも光速に近い速度で移動すれば技術的には可能ですが、過去に戻ることは不可能です。 しかし新たな研究では、量子もつれを利用してタイムトラベルの概念を組み込んだ量子センサーが作れることを実証しました。 この量子センサーは弱い測定と強い測定という異なる2つの測定を利用し、強い測定によって発生した影響を、もつれが生成された過去に送り込むことで、まるでセンサーの検知が失敗したかのように過去を改変する挙動をみせます。 研究ではまず、地球のようにクルク...more
カテゴリー:

ヴァンス氏が「イギリスはイスラム主義の核保有国」と発言 英副首相は一蹴 - 07月17日(水)13:53  newsplus

ドナルド・トランプ前米大統領が副大統領候補に選んだ上院議員が、労働党政権下のイギリスは核兵器を保有する初の「真のイスラム主義国」かもしれないと発言したことについて、イギリスのアンジェラ・レイナー副首相は16日、イギリスはそのような国ではないと一蹴した。 トランプ前大統領は15日、米共和党の全国大会で11月の大統領選に向けた候補に正式指名された。副大統領候補には、J・D・ヴァンス上院議員(39、オハイオ州選出)が選ばれた。 ヴァンス副大統領候補の発言は先週、首都ワシントンで開かれた国民保守主義の会議で...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ暗殺、イランが計画か - 07月17日(水)12:21  poverty

【ワシントン=赤木俊介】米CNNテレビは16日、米当局がここ数週間でトランプ前大統領を狙ったイラン政府による暗殺計画の情報を入手し、シークレットサービス(大統領警護隊)の警備体制を強化していたと報じた。 CNNが複数の政府関係者の話として報じた。暗殺計画はトランプ前政権が2020年1月に無人機でイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことに対する報復とみられる。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1700Y0X10C24A7000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ大統領「利下げすなー!👆🏻」 - 07月17日(水)07:28  poverty

米大統領選前の利下げ回避を=トランプ氏、FRBに要求 https://sp.m.jiji.com/article/show/3286679  【ワシントン時事】11月の米大統領選の共和党候補に指名されたトランプ前大統領は、16日公表されたブルームバーグ通信のインタビューで、連邦準備制度理事会(FRB)に対し、選挙前の利下げを行わないよう求めた。  また、選挙で返り咲きを決めれば、政権の要となる財務長官に米金融最大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)を充てることを検討していると明らかにした。  [時事通信社] ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏銃撃の容疑者 当日欠勤 - 07月17日(水)17:21 

【ワシントン時事】トランプ前米大統領が銃撃された暗殺未遂事件で、米CNNテレビ(電子版)は16日、現場で射殺されたトーマス・クルックス容疑者(20)が勤務先のリ...
カテゴリー:

トランプ氏「台湾は防衛費を支払うべきだ」 半導体ビジネスで批判も - 07月17日(水)15:35  newsplus

 米国のトランプ前大統領はブルームバーグ通信が16日に報じたインタビューで、台湾の防衛に関して「我々は保険会社のようなものだ。台湾は我々に防衛費を支払うべきだ」と主張した。「台湾は米国から半導体ビジネスを奪った。彼らは莫大(ばくだい)な富を得ている」と批判もしており、11月の大統領選で返り咲いた場合、台湾に何らかの「取引(ディール)」を迫る可能性もありそうだ。  インタビューは銃撃事件前の6月下旬に実施された。トランプ前政権は中国に強硬な姿勢を示し、台湾を重視してきた。ただトランプ氏は今回のインタ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、ドル高は「大きな問題」 FRB、選挙前利下げ回避を - 07月17日(水)13:50  newsplus

 【ワシントン時事】11月の米大統領選の共和党候補に指名されたトランプ前大統領は、16日配信の米ブルームバーグ通信のインタビューで、米国がドル高により「大きな問題を抱えている」と述べた。連邦準備制度理事会(FRB)に対しては、選挙前に利下げを行わないよう求めた。  トランプ氏は、足元の外国為替相場に関し「対ドルでの円安や人民元安がはなはだしい」と指摘。米国の輸出企業にとって「すさまじい負担だ」との懸念を示した。その上で、米国製自動車の輸入が進まず、対米貿易黒字を抱える日本に対し「不作法だ」と...
»続きを読む
カテゴリー:

ドラえもん大ヒットの秘密はここにあった。中島聡氏が提案、日本が開発をリードすべき「IQ」ではなく「EQ」の高いAI - 07月17日(水)10:00 

東京都知事選に出馬し5位となる大健闘を見せたAIエンジニアでSF作家でもある安野たかひろ氏。そんな安野さんと世界的エンジニアとして知られる中島聡さんとの対談が実現したことは先日掲載の記事でお伝えしましたが、そこで中島さんが提案した「EQの高いAIの開発」に対して視聴者が大きな反応を見せました。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では中島さん本人が、なぜ日本は「IQではなくEQが高いAI」の開発に勝負をかけるべきなのかを改めて解説。「ドラえもん」を例に上げつつその創出がいかに賢い国際戦略にマッチしたものかを説いています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:EQの高いAI プロフィール:中島聡(なかじま・さとし) ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。 EQの高いAI 都知事候補だった安野たかひろさんとの対談で、私が「IQの高いAIよりもEQの高いAIが必要とされている。日本はそこで勝負すべき」という話をしたところ、ネットでの反応がとても盛り上がったので、少し解説し...more
カテゴリー:

24年世界成長、3.2% 日本は0.2ポイント引き下げ―IMF予測 - 07月17日(水)07:03  newsplus

 【ワシントン時事】国際通貨基金(IMF)は16日発表した最新の世界経済見通しで、2024年の世界全体の成長率を3.2%と、前回4月時点の予測を維持した。日米を引き下げる一方、中国やインドを引き上げた。25年の世界成長は3.3%と、0.1ポイントの上方修正。  日本の24年の成長率は0.7%と、0.2ポイント引き下げた。認証不正問題による一部自動車メーカーの生産停止や、民間投資の鈍化が響いた。ただIMFは、春闘での大幅な賃上げが「年後半からの個人消費好転を支える」と予測した。25年の見通しは...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる