「ヤマハ」とは?

関連ニュース

早大とヤマハがロボット量産へ 力を制御し人と協働 - 01月21日(火)15:15 

 ヤマハ発動機は21日、早稲田大発のベンチャー「東京ロボティクス」に2億円を出資し、人と一緒に作業できる「協働ロボット」分野に参入すると発表した。技術提携契約も締結。東京ロボ社が持つ制御技術と、産業用ロボット事業を行っているヤマハ発の生産ノウハウや販売網を生かし、量産・普及を図る。将来的にはオフィス用や家庭用も見据えるとしている。
カテゴリー:

ヤマハ発動機、協働ロボット分野への参入に向け東京ロボティクスに出資 - 01月21日(火)13:52 

ヤマハ発動機は1月21日、協働ロボット分野への本格的な参入に向け、早稲田大学発のスタートアップ「東京ロボティクス」に対して出資を行うとともに技術供与に関する契約を締結したことを発表した。
カテゴリー:

繊細な処理が可能なロボットの「手」を開発するSoft Roboticsが大手FANUCと提携、約25億円調達 - 01月21日(火)09:45 

ロボティクスのスタートアップ、Soft RoboticsがシリーズBラウンドを完了、2300万ドル(約25億円)の資金を獲得した。このラウンドはCalibrate VenturesとMaterial Impactがリードし、Honeywell、ヤマハ、Hyperplaneなどの既存投資家が加わった。注目すべき点は世界最大の産業用ロボットのメーカー、FANUCがラウンドに参加したことだ。同社や最近SostRoboticsと戦略的な提携を行っている。 Soft Roboticsのプレスリリースによれば、今回のラウンドは「募集枠を超えた」額だったという。つまり同社は差し迫った資金需要があったわけではないらしい。実際、今回の2300万ドル(約25億円)を調達したラウンドの前、2018年の2000万ドル(約22億円)のラウンドも「募集枠を超えた」ものと発表されている。それ以前のラウンドは500万ドル(約5億5000万円)のシリーズAで2015年にクローズされている。Soft Roboticsのクライアントには世界の大企業多数が含まれるため、おそらく資金は潤沢なのだろう。 Soft Roboticsはロボットが対象をつかむ手の部分を開発している。社名からも推察できるが、このグリッパーにはソフトな素材が用いられ、各種のデリケートな処理を可能としている。従来の変形しない強固なグリッパーの場合、壊...more
カテゴリー:

山下達郎がNHK紅白の『AI美空ひばり』をバッサリ斬る。「一言で申し上げると冒涜です」 - 01月20日(月)10:57 

シンガーソングライターの山下達郎さんが1月19日、自身のラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TokyoFM)で、2019年の『第70回NHK紅白歌合戦』で話題となった『AI美空ひばり』によるパフォーマンスについて「冒とくです」と表現し、否定的な考えを示した。山下達郎「ごもっとも。冒とくです」 AI美空ひばりを両断山下さんが『AI美空ひばり』に言及したのは、番組開始から35分が過ぎた頃だった。リスナーから届いたお便りで、「単刀直入にお聞きします。昨年の紅白、『AI美空ひばり』についてはどう思われますか?私は技術としてはありかもしれませんが、歌番組の出演、CDの発売は絶対に否と考えます。AI大瀧詠一とかAI山下達郎なんて聴きたくありません」と感想を求められた。この質問に対して山下さんは、「ごもっともでございます。一言でも申し上げると、冒とくです」と批判した。NHK紅白での『AI美空ひばり』、どんな企画だったのか?2019年の『NHK紅白歌合戦』での『AI美空ひばり』は、1989年に亡くなってから没後30年を迎えた昭和の歌姫・美空ひばりさんの歌声を現代のAI(人工知能)技術を用いて再現するというプロジェクト。美空さんの歌声が蘇るとして、放送前から多くの注目を集めた。放送では、AIで再現された美空ひばりさんが、紅白歌合戦のために制作された楽曲『あれから』を歌唱した。美空さんの声...more
カテゴリー:

王者・神鋼、貫禄の連勝!震災から25年…神戸市出身・日和佐トライ/TL - 01月19日(日)10:49 

 トップリーグ第2節第1日(18日、ヤマハ発動機24-36神戸製鋼、ヤマハ)前日17日、阪神大震災の発生から25年の節目を迎えた。「神戸の人を代表して戦う」(ディロン・ヘッドコーチ)負けられない試合。神戸製鋼はしたたかだった。
カテゴリー:

早大とヤマハがロボット量産へ 力を制御し人と協働 - 01月21日(火)15:04 

 ヤマハ発動機は21日、早稲田大発のベンチャー「東京ロボティクス」に2億円を出資し、人と一緒に作業できる「協働ロボット」分野に参入すると発表した。技術提携契約も締結。東京ロボ社が持つ制御技術と、産業用ロボット事業を行っているヤマハ発の生産ノウハウや販売網を生かし、量産・普及を図る。将来的にはオフィス用や家庭用も見据えるとしている。
カテゴリー:

ヤマハが早大発スタートアップの東京ロボティクスに出資、協働ロボット分野へ参入 - 01月21日(火)11:05 

ヤマハ発動機は1月21日、早稲田大学発のスタートアップである東京ロボティクスへの出資と技術提携を発表した。具体的には同社が東京ロボティクスの転換社債型新株予約権付社債を引き受ける。 東京ロボティクスが擁する協働ロボットの高度化に欠かせない関節柔軟性(力制御)の技術とヤマハの量産化能力を組み合わせることで、協働ロボット市場へのビジネス参入を目指すとのこと。ヤマハは長期ビジョンの1つとして「ART for Human Possibilities, Advancing Robotics」を掲げており、今回の資本・技術提携もその一環だ。
カテゴリー:

『へやキャン△』BD&DVDが発売決定、ヤマハのバイクとコラボした新作アニメも収録! - 01月20日(月)19:05 

2020年1月6日(月)よりTOKYO MX、BS11他にて放送中のショートアニメ『へやキャン△』のBlu-ray&DVDが2020年5月27日(水)に発売することが決定した。『へやキャン△』は、2018年1月~3月に放送され好評を博したT・・・
カテゴリー:

サントリー・松島、NTTコムねじ伏せ初勝利!7人制挑戦は「微妙」/TL - 01月19日(日)10:55 

 トップリーグ第2節第1日(18日、秩父宮ラグビー場ほか)2季ぶりの優勝を目指す昨季2位のサントリーは、昨年のW杯で活躍したFB松島幸太朗(26)の好突進などでNTTコミュニケーションズを22-10で破り、今季初勝利。松島は7人制で東京五輪に挑戦するパナソニックのWTB福岡堅樹(27)に辛口エールを送った。2連覇を狙う神戸製鋼はヤマハ発動機を退け、開幕2連勝。W杯日本代表SH田中史朗(35)が新加入したキヤノンは今季初白星を挙げた。
カテゴリー:

ヤマハ発動機が開幕連勝逃す、堀川監督は手応え強調 - 01月18日(土)20:18 

ヤマハ発動機は昨季王者神戸製鋼に24-36で敗れ、開幕ホーム2連戦を1勝1敗で終えた。 前半11分、WTBシオネ・トゥイプロトゥが左サイドを独走するトライで先制。同18分には、FBサム・グリーンのPGで3点リードした。開幕トヨタ自動車戦…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ヤマハ」の画像

もっと見る

「ヤマハ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる