「ヤフー」とは?

関連ニュース

ヤフー、ユーザーによってクリエイティブを出し分けられる動画広告「じぶんCM」を提供開始 - 12月06日(金)17:36 

ヤフーは12月6日、データ分析を基に複数のクリエイティブを作成し、ターゲットごとに適したクリエイティブを出し分けられる新動画広告商品「Yahoo! JAPAN じぶんCM」の提供を開始したと発表した。
カテゴリー:

【ビジネス】ソフトバンクの孫正義、破綻したダイエー創業者と重なる「孤高」 - 12月06日(金)15:15  newsplus

孫正義率いるソフトバンクグループ(SBG)が2019年7月~9月決算で約7000億円という創業以来、最大の最終赤字を計上した。 米シェアオフィス大手、WeWork(ウィーワーク)など「ユニコーン」と呼ばれるベンチャー企業への投資失敗が主な原因だ。 10兆円規模のソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)を核に「株価が上がり続けることを前提にした超拡大路線」で突っ走る孫の経営に危うさが見えてきた。 その姿は、かつて「地価が上がり続けることを前提にした超拡大路線」で破綻したダイエーの中内?に重なる。 孫は中内と同じ「永遠...
»続きを読む
カテゴリー:

時価総額「100億円」超のスタートアップ、採用を強化する10社はここ - 12月06日(金)11:12 

2019年11月、日本経済新聞社が「NEXTユニコーン(*1)」を発表。企業価値(推計)が100億円を超えるスタートアップは前年より34%増え、63社となった。今回はその中でも、特に採用を強化する企業10社を選出。その動向とともに、実際の求人を見ていこう。「NEXTユニコーン」10社【1】TBM【2】スマートニュース【3】ウェルスナビ【4】WHILL【5】dely【6】ABEJA【7】ispace【8】プレイド【9】ピクシーダストテクノロジーズ【10】ヤプリ大手企業によるスタートアップ投資の動き。日本発「ユニコーン」誕生へ3800億円超ーーこれは2018年の国内スタートアップにおける資金調達額だ。ここ5年間で5倍近い成長を遂げ、過去最高を記録した(*2)。この背景のひとつとして、国内大手企業によるスタートアップへの投資の動きがあると言えるだろう。多くの企業が新たな事業創出を目指す中、優れた技術・アイデアを持ったスタートアップとの連携を手段の一つとして掲げている。実際に、2019年5月には、トヨタグループが1億ドル(約110億円)規模のファンド立ち上げを発表。2017年にも同規模のファンドを立ち上げており、自動運転、ロボティクス、AI、データ、クラウドなどの領域に投資を行なっている。その他、博報堂、JALなども相次いで投資ファンドを設立するなど、各企業でスタートアップ・ベンチャーへ...more
カテゴリー:

髪の毛で健康診断 手法開発を本格化 理研など、提供者募集 - 12月06日(金)05:00 

 理化学研究所生命機能科学研究センター(神戸市)やIT大手ヤフー(東京都)など18機関でつくる「毛髪診断コンソーシアム」が、髪の毛の成分から健康状態を診断する手法の開発を本格始動させた。相関関係を解析するデータを集めるため、年内に3000人を目標に毛髪の提供ボランティアの募集をしている。
カテゴリー:

【コラム】ヤフーが約4000億円で買収カリスマが去.. - 12月05日(木)21:15 

【コラム】ヤフーが約4000億円で買収カリスマが去るZOZOの今後(有料会員限定記事) #前澤友作
カテゴリー:

ヤフー、データ分析を基にユーザー毎に出し分けができる新動画広告を開始 - 12月06日(金)16:08 

ヤフーは、新しい動画広告商品「Yahoo! JAPAN じぶんCM」の提供を開始し、第一弾として資生堂ジャパンの「マジョリカ マジョルカ ミルキースキンマスク」の動画広告を配信したことを発表した。
カテゴリー:

「Yahoo!天気」アプリ、天気予報の期間を8日間から17日間に延長 - 12月06日(金)14:47 

 ヤフーは、アプリ「Yahoo!天気」の天気予報期間を従来の8日間から17日間に延長した。
カテゴリー:

ヤフー検索大賞、大阪部門は「G20」 - 12月06日(金)07:00 

12月4日に発表された『Yahoo!検索大賞2019』。47都道府県のローカルカテゴリーにおいて近畿地方では、大阪府「G20 交通規制」、兵庫県「阪神タイガース」、京都府「祇園祭 2019」、滋賀県「2019びわ湖大花火 […]
カテゴリー:

【通販】楽天とか、ヤフーってア○ゾンと比べて正直どうなんだ? - 12月05日(木)21:54  poverty

ソフトバンク、ヤフーの新流通革命5 アマゾンと楽天に勝つために必要な「連携性」とは? https://diamond-rm.net/management/45358/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

消費者庁 プラットフォーム規制で検討会、新経連は検討委員にならず - 12月05日(木)13:40 

 消費者庁がデジタル・プラットフォームの環境整備に向けた検討会を行う。12月5日に第1回会合を開催。月1回のペースで検討を行い、来夏をめどに報告書をまとめる。デジタル・プラットフォームの規制をめぐっては、政府が新法案の策定を検討するほか、公正取引委員会も独占禁止法上の考えを示すなどしている。消費者庁は、検討結果の反映について「どういった形になるかまだ固まっていない」(消費者制度課)としており、今後検討する。  「デジタル・プラットフォーム企業が介在する消費者取引における環境整備等に関する検討会」は、デジタル・プラットフォームをめぐる消費者被害の実態を把握し、産業界の自主的な取り組みや共同規制を含め検討する。内容は原則非公開で行う。  事務局は、消費者制度課と取引対策課が横断で組織したプロジェクトチームが担う。それぞれ消費者契約法、特定商取引法を所管。同法への検討結果の反映や制度設計の必要性は今後検討する。  検討会メンバーは、業界団体が経団連、アジアインターネット日本連盟(=AICJ)など3団体から3人を選任。ほかに学識経験者5人、弁護士や消費者団体が2人の計10人で構成する。  ただ、検討メンバーには、楽天の三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める新経済連盟は含まれていない。メンバーに含まれていないことに消費者庁は、「なぜ入っていないか分からない」としている。AICJは、ア...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ヤフー」の画像

もっと見る

「ヤフー」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる