「マイル」とは?

関連ニュース

ベネトクラクスの慢性リンパ性白血病に対する一定投与期間治療を評価する試験の複数のマイルストーンを発表 - 03月25日(月)16:00 

2019年3月25日 アッヴィ合同会社 治療歴のない慢性リンパ性白血病の治療薬として、ベネトクラクスの一定投与期間治療を評価する第III相試験の複数のマイルストーンを発表 ●ベネトクラクスとオビヌツズマブの併用療法を評価する第III相CLL14試験は、併存疾患があり、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)に対し、化学療法を含まない一定投与期間の治療を検討する、初めての無作為化臨床試験 ●治療歴のないCLL治療薬として、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用療法の適応追加申請(sNDA)を米国食品医薬品局(FDA)に提出 ●FDAは、本申請の審査にReal-Time Oncology Review(RTOR)パイロットプログラムを適用する予定で、審査を迅速化する意向 ●第III相CLL14試験結果に基づき、ベネトクラクスは5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定をFDAより取得 イリノイ州ノースシカゴ、2019年3月7日(米国時間)-グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE: ABBV)は、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)の成人患者さんを対象に、一定投与期間の治療として検討されているオビヌツズマブ併用療法について、ベネトクラクスが米国食品医薬品局(FDA)より5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定を受けたことを...more
カテゴリー:

福島・新地にフットサル場完成 交流人口増をアシスト - 03月25日(月)14:48 

東日本大震災の津波で被災した福島県新地町のJR新地駅周辺の復興事業で、町が新設したフットサル場「スマイルドーム」が完成し、落成式が24日あった。「ドリブルデザイナー」としてプロも指導する岡部将和さんか
カテゴリー:

個人宅配物を職場で受け取って再配達問題解決を狙う職場受け取り運動の賛同企業が100社を突破 - 03月25日(月)09:00 

リスティング広告の専門会社として、運用代行や運用支援ツールの開発を行うカルテットコミュニケーションズは運送業界の再配達問題の解決に向け、2017年3月より個人宅配物の会社で受け取る職場受け取り運動を開始し、他企業にも参加を呼びかけ、賛同企業が100社を突破したことをお知らせいたします。▼再配達問題とインターネットマーケティング企業の関係昨今、取り沙汰されている宅配業界における再配達増加という社会課題は、インターネットをはじめとした通販などが発達して配達量が激増したことで大きな問題となってきていると考えております。私たちの生活が便利になる反面で宅配業界にだけ負担をかけ続けることは、通販業界や私たちの生活ひいては日本経済の健全な発展につながらないと考え、私たちは職場受け取り運動という活動を広げることでこの問題を解決すべく活動しております。▼職場受け取り運動について再配達問題が起こる要因としては、勤務中に自宅に荷物が配達されてしまうというケースが多数を占めると考えております。そこで当社含め賛同企業・団体は、宅配物の職場での受け取りを実施しております。本活動により下記の効果が見込めると考えております。1.再配達件数の減少2.複数の宅配物を一か所で受け取ることで、そもそもの配達件数の削減3.通販の活性化による、日本経済の活性化一般的には、再配達問題に対しての解決策として宅配ボックスの活用やコ...more
カテゴリー:

米ネット専業スーパーがラストワンマイルを効率化する新たな配送プログラムを開始 - 03月25日(月)06:30 

米サンフランシスコ・ベイエリアで2016年に創設されたネット専業スーパーFarmstead(ファームステッド)は、2019年3月、配送ルートを効率化して宅配コストや環境負荷の軽減につなげる新たな配送プログラム「Sustainable Routes」を開始した。 ・近隣ユーザーをグループにして配送し、ラストワンマイルを効率化 Farmsteadは、野菜や果物、牛乳など、品質の高い新鮮な旬の食材を農家から直接調達し、オンラインプラットフォームを通じて手ごろな価格で消費者に販売するネット専業スーパーだ。 消費者はオンラインで商品を注文し、自宅などの指定場所に配送してもらう流れとなっている。 「Sustainable Routes」は、近隣に居住する複数の消費者がグループを形成し、毎週同日同時間帯に「Farmstead」の商品を配送させる代わりに、送料が無料となり、割引サービスなどの特典が得られるというもの。 配送効率を高め、環境負荷の軽減につなげるのが狙いで、Farmsteadの試算によると、配送ルートあたりに要する配送車を9台から10台削減できるという。 ・米国でネットスーパーの普及が急速にすすむ 米国では、ネットスーパーの普及が急速にすすんでおり、専門市場調査会社「Packaged Facts」によると、その市場規模は、2013年から2018年までに3倍、2018年から2023年まで...more
カテゴリー:

【社会】今の時代「男と女」どっちが得だと思う!? みんなのホンネは…★5 - 03月24日(日)22:04  newsplus

3/23(土) 18:12配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00010011-tokyofm-life TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「今の時代、男と女、どっちが得?」に寄せられたエピソードに答えてくれました。 電車の女性専用車両や、映画館や飲食店などで女性だけが割引になるレディースデーなど、女性に優しい(!?)気がする今の時代。実際に得をしているのは、男なのか女なのか? まずは「男性が得!」という意見からどうぞ。 「立ち食いソバ屋や牛丼屋でビー...
»続きを読む
カテゴリー:

ZMP 宅配ロボット走行公開、世界初のコンビニ商品無人配達 - 03月25日(月)15:10 

 自動運転システムやロボットの開発などを行うZMP(ゼット・エム・ピー)は3月13日、ローソンと慶應義塾大学SFC研究所の協力を得て行ってきた自律走行の配送用ロボットによるコンビニ商品の無人配送に関する実証実験の成果を公開した。慶應大学キャンパス内で行ってきたもので、ローソンの仮設店舗から注文者のところまでロボットが走行して商品を受け渡すラストワンマイルの配送を実現。無人によるロボットでのコンビニ商品の配送は世界初とし、歩道での走行を行える規制緩和につなげていき、オリンピック開催時の2020年に実際の運用を目指している。  実証実験を行った配送用ロボット「CarriRo Deli(キャリロデリ)」は、ZMPが2017年から取り組んできたもの。本体には複数のカメラ、レーザーなどを搭載し、人や障害物などに反応して走行できるもの。走行ルートを予めインプットして自律走行できるようにしている。  今回の実証実験は、1月21~31日まで行った。専用アプリから商品を注文できるようにし、店舗側で注文に従ってロボットの商品格納用のロッカーに収納。アプリはクレジットカードの登録も行い、決済が行えるようにしているもので、今回は一連の流れを公開した。  商品を積み込むと、ロボットは自動的に走行し、途中に人とすれ違うなどすると、あいさつしたり、アイコンタクト(ロボットの前面が顔のデザインを施しており目...more
カテゴリー:

自動運転配達のNuroはソフトバンクからの巨額資金で今後どう展開する? - 03月25日(月)13:00 

自動運転配達スタートアップNuroは、ソフトバンクが今年2月に10億ドル近くを出資して以来、アイデアであふれているようだ。最近明らかになった書類がそうしたことをうかがわせる。 最近の特許申請には、どうすれば自動運転車両R1に荷物を届けるために芝生を横切ったり階段を登ったりする小型のロボットを搭載できるか、といったことが詳細に書かれている。Nuroは配達サービスの名称として「Fido」を商標登録する動きをすでにとっている。 「名称については何かしら適切なものがあるはずだと考えた」とNuroの創業者Dave Ferguson氏はTechCrunchに対し語った。「フレンドリーで、お隣さん的で、あなたのところに荷物を届けるヘルパーであるという思いを具現化するものだ。文字通りロボットの犬を意識したものではなかったが(編集部注:Fidoは犬によくつけられる名前)、他社が手がけている足をもつプラットフォームは、玄関先までの最後の10フィート問題にとってかなり気になる存在になるかもしれない」。 Nuroの特許ではそれとは別に、R1が走行しながら搭載オートメートキッチンで準備し、熱々のピザや飲み物を配達する、というものが示されている。 「我々は、人々が考えつくあらゆるアプリケーションに対応できうるよう、R1のコンパートメントにフレキシビリティを持たせたつもりだ」とFerguson氏は語った。「コー...more
カテゴリー:

元ももクロ 有安杏果 脱退後初コンサートで完全復活 月額7000円or400円のファンクラブもスタート - 03月25日(月)07:01  poverty

Sweet会員(年額) 入会金1,000円+年会費6,000円=7,000円(税別) Standard会員(月額) 月会費 400円(税別) https://www.sanspo.com/geino/news/20190325/geo19032500440004-n1.html 有安杏果「私が何を言われてもいいけど…」 卒業後初コンサートで心境吐露  昨年1月にももいろクローバーZを卒業し、今年1月から活動を再開した有安杏果(24)が24日、東京・EXシアター六本木でソロコンサートを行った。  ももクロ卒業後、初開催となるコンサートに会場は満員。チケットを購入できず、会場の外から見守るファン...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】有安杏果「私が何を言われてもいいけど…」 卒業後初コンサートで心境吐露 - 03月25日(月)01:38  mnewsplus

昨年1月にももいろクローバーZを卒業し、今年1月から活動を再開した有安杏果(24)が24日、東京・EXシアター六本木でソロコンサートを行った。 ももクロ卒業後、初開催となるコンサートに会場は満員。チケットを購入できず、会場の外から見守るファン約40人の姿もあった。 観客によると、約1年2カ月ぶりにファンと対面した有安は「みんなに会いたかった」とMCで感極まり、言葉を詰まらせる場面も。 結婚を前提に交際している医師の一般男性について直接は触れなかったが、 「私が何を言われてもいいけれど、周りの...
»続きを読む
カテゴリー:

プラセンタ、幹細胞コスメ…平成“美のキーワード”を再評価! | ananweb - マガジンハウス - 03月24日(日)18:30 

平成も残りわずか。そこで振り返っておきたいのが、我々ニッポンの女子の肌をサポートしたコスメたち。平成の美容業界をざわつかせた美のキーワードを、化粧品のプロ、コスメコンシェルジュの小西さやかさんに解説いただきました。30年続いた平成も、いよいよ今年で終了。この間、日本の美容事情は大きく変化し、スキンケアコスメも大いなる発展を遂げました。「化粧水や美容液などスキンケアの基本になる製品がほぼ登場したのが、昭和の終わりごろ。その処方や浸透技術が大幅に進化したのが、平成の特徴だと思います」と、小西さん。「幹細胞由来の成分が開発されたり、角質ケアが手軽になったり。成分や浸透技術がめざましく進化し、より細かな悩みに対応できるようになりました。結果、美白やエイジングケアなど、平成を通じてコスメは様々に細分化されてきました。次の時代も新しい成分や技術がどんどん開発され、私たち女性の多種多様な美容欲を満たしてくれると期待しています」プラセンタ一度は消えかけたものの根強い人気で再ブレイク中。「プラセンタとはもともとヒトの胎盤から抽出される成分を含む薬品で、医療に役立てられてきました。化粧品に応用されるようになったのは、おそらく昭和55年くらいのこと。豚の胎盤から抽出したプラセンタを配合したコスメはコラーゲン増殖やターンオーバーの正常化などの美容効果に注目が集まり、ブームになりました。ところが平成13年以...more
カテゴリー:

もっと見る

「マイル」の画像

もっと見る

「マイル」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる