「ニコン」とは?

関連ニュース

ニコン、APS-Cミラーレス「Z fc」にブラックモデル追加 張り革の無料交換も実施 - 02月07日(火)13:52 

ニコンが、APS-Cミラーレスカメラ「ニコン Z fc」の新色としてブラックモデル「Z fc ブラック」を追加。海外では2022年11月に先行して販売を開始していましたが、今回日本での販売が決定しました。
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~金融セクターや輸出関連などへのリバランスに伴う買いが意識されやすい~ - 最新株式ニュース - 02月06日(月)08:36 

6日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:金融セクターや輸出関連などへのリバランスに伴う買いが意識されやすい■三菱商事、23/3上方修正 純利益1兆1500億円←1兆300億円■前場の注目材料:ニコン、レンズ新工場、300億円投資、複数種類を効率生産■金融セクターや輸出関連などへのリバランスに伴う買いが意識されやすい6日の日本株市場は、米国市場の下落影響はありそうだが、底堅
カテゴリー:

メニコンから、遠近両用カラコン「2WEEKメニコン Rei マルチフォーカル」誕生! - 02月02日(木)14:18 

メニコンはこのほど、2週間交換遠近両用カラーコンタクトレンズ『2WEEKメニコン Rei マルチフォーカル』を開発。2月1日より、全国のメルスプラン取扱施設にて順次発売している。
カテゴリー:

大相撲を最大限に楽しむための一冊が登場!『家で楽しむ大相撲 「観る相撲」のためのガイドブック』1月31日発売 - 01月30日(月)14:00 

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、『家で楽しむ大相撲 「観る相撲」のためのガイドブック』を2023年1月31日(火)より全国書店にて発売いたします。 番付!取組!テレビ!新聞! 大相撲をとことん楽しむテクニックを紹介 日本独自の文化として、国内外に人気が高い大相撲。ここ最近はNHKの全国中継だけではなく、Abema TV「大相撲LIVE」、YouTube公式チャンネルなど、インターネットで大相撲を楽しむコンテンツも増えています。この本は、そんなメディア以外にも「番付争い」や「取組編成」などの仕組みを学ぶことで、目の前にある大相撲の世界をより楽しめるようになるガイドブックです。初心者のかたにはもう一歩先の世界へ、そしてベテラン好角家には新たな気付きをしてもらえる一冊になっています。【コンテンツ一覧】●冒頭ギャラリーニコンミラーレスカメラ「Z9」で撮影した、瞬間を切り取る迫力あるショット。●第1章 番付編~大相撲の楽しさはここから始まる勝てば上がる、負ければ下がるのが番付だというのは、皆さんご存じだと思います。大相撲の世界では「番付は生き物」と言われますが、どういうことなのか? それを知ると、大相撲の楽しみ方が拡がります。●第2章 取組編成編~次は誰と当たる?横綱はどういう順番で取り組みが組まれているのでしょうか。大関は? 関脇は? 終盤の優勝争...more
カテゴリー:

ヨドバシカメラ 1年間で最も売れた一眼交換レンズが40万のやつ。金持ちの趣味だな - 01月26日(木)20:18  news

ヨドバシカメラ売れ筋ベストテン「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」2022年間ランキング 毎回のようにトップが入れ替わり、激戦だった2022年の「デジタル一眼カメラ用交換レンズ」ランキング。供給不足に悩まされた機種も数多くあって、波乱の年だった。その1年間でもっとも売れた交換レンズは、キヤノンの望遠ズーム「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」。2位はソニー「FE 24-70mm F2.8 GM II」。3位はキヤノン「RF70-200mm F2.8 L IS USM」で、トップ3にキヤノンの2機種がランクインした。 メーカー別ではタムロンが3機種で一...
»続きを読む
カテゴリー:

【女性500人調査】自信を持ちたい時に何をする? 最多回答は? - 02月06日(月)09:50 

メニコンは2月1日、「目元の印象と行動変化に関する調査」の結果を発表した。調査は2022年12月12日〜13日、20代〜40代の女性500人を対象に行われたもの。
カテゴリー:

ChatGPT の助けを借りて作られた CatGPT - 02月05日(日)15:18 

ChatGPT の助けを借りて作ったという CatGPT が公開されている (Neowin の記事、 GitHub リポジトリ)。 作者は ChatGPT に似たウェブサイトを作るため、HTML と CSS、JavaScript の生成を ChatGPT に依頼したそうだ。ただし、最終的なコードは手作業による調整が行われている。猫版のChatGPTのような感じにはなっているが応答にAIが使われているわけではなく、CatGPTは適当な数の猫の鳴き声 (meow) を返してくるだけだ。ページ読み込み後はオンラインである必要もない。なお、特定の入力にのみ異なる応答をするイースターエッグも含まれている。 すべて読む | idleセクション | 変なモノ | idle | 関連ストーリー: OpenAI、テキストを書いたのが AI か人間かを区別するよう学習させた分類ツールを公開 2023年02月03日 ChatGPT 開発の背後にはケニアの労働者による人力作業 2023年01月22日 複雑な問いかけにも回答するチャットAI「ChatGPT」がテスト公開 2022年12月05日 Googleフォト、猫のモフモフな手を[不鮮明な写真]として削除提案 2022年0...more
カテゴリー:

日米蘭、半導体製造装置の対中輸出規制で合意 - 02月01日(水)16:07 

日本と米国、オランダは27日に、先端半導体製造装置の対中輸出を規制することで合意したそうだ。Bloombergによるとワシントンで行われていた協議が27日に妥結したという。日本とオランダは米国が昨年10月に発表した半導体の対中輸出規制に足並みをそろえることになった(Bloomberg、ロイター、NHK)。 こうした制限は半導体・同製造装置の対中輸出規制は、主要サプライヤーである東京エレクトロンやニコン、ASMLホールディングを擁する日本とオランダを加えた多国間の枠組みに拡大するとしている。ただこの対中輸出制限の合意を公表する予定はないという。また日本とオランダが法整備を完了する必要もあり、実施に数か月かかる可能性もあるとしている。 こうした報道に対して、米国半導体工業会(SIA)が26日に中国への半導体の輸出規制に対してパブリックコメントを発表している。それによると、輸出規制は国家安全保障のために必要ではあるものの、外国製の競争力のある技術などを阻害した場合、米国の産業基盤を揺るがすリスクを伴うなどといった問題を指摘している(SIA、PC Watch)。 すべて読む | 日本 | ビジネス | アメリカ合衆国 | 関連ストーリー: 米国が半導体の対中輸出規制を強化。中国の半導体企業勤務者に選択を迫る結果...more
カテゴリー:

アメリカ「おいジャップ!中国の半導体製造や開発を規制するぞ!手伝え!」日本&オランダ「わかりました!」 - 01月28日(土)16:45  poverty

日本がオランダとともに、米国主導となる中国制裁の枠組みに参画する構えです。具体的には、先進的な半導体製造装置へのアクセスを規制し、中国のチップ製造能力を削ぐことを目的としています。 すでに協議は完了 Bloombergの報道では、すでに米国と日本・オランダによる話し合いは以前から行われており、1月27日(現地時間)には協議を終え、中国企業に供給できる製品の制限を取り決めたとのことです。 問題に詳しい関係者が明かしたところによると、具体的な制限内容は公にされないそうですが、オランダの半導体メーカーASML...
»続きを読む
カテゴリー:

カメラ識者「ソニーのカメラは動かない物しか撮れない。動く被写体はキヤノンかニコン一択」これマジ? - 01月20日(金)16:07  poverty

「モフモフの弾丸!」 疾走感あふれるねこの決定的瞬間に驚愕 撮影のコツとは https://news.yahoo.co.jp/articles/9147f417cda373a20a3e3e22555854ae39948e8f ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる