「タックル」とは?

関連ニュース

【サッカー】サッカーW杯:韓国連敗、「闘魂」頼みの限界露呈 - 06月25日(月)10:05  mnewsplus

 24日(韓国時間)、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会グループリーグF組第2節、韓国対メキシコ戦が行われたロストフ・アリーナ。メキシコが2-0でリードしたまま、前後半90分間が終わった。スタジアムを緑一色に染めたメキシコのサポーター3万人は勝利の喜びに酔い、跳び上がって歌を歌った。韓国はスウェーデン戦に続いてまた無得点という恥をさらしたかのようだった。 ■ソン・フンミンの涙  後半48分。韓国代表のエース、ソン・フンミンがペナルティーエリア外側のボールを取った。メキシコのDFがソン・フンミンに近づ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「魅力ない韓国サッカーの退歩」連敗の代表チームに母国メディアが嘆き節…パク・チソンらOB陣も落胆 - 06月24日(日)16:41  mnewsplus

「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』) 初戦のスウェーデン戦を0-1で落としたことで、背水の陣の覚悟で挑んだはずのメキシコ戦でも、1-2で敗れてしまった韓国代表。敗北の衝撃度は各メディアのヘッドラインを見てもよくわかる。   「情熱はあったが…韓国、冷静さ不在が呼んだ惨事」(『OSEN』) 「韓国対メキシコ…雪辱も反撃も希望もなかった」(『イルガン・スポーツ』) 「意欲も自信も失ったシン・テヨン号、メキシコの相手にもなれなかった」(『アジア経済』)   といった具合...
»続きを読む
カテゴリー:

【水曜日のダウンタウン】芸人拉致・TBSの危ない演出体質 取材に「東スポさんにはお答えしないことになっている」 - 06月23日(土)19:46  mnewsplus

2018年06月23日 11時00分 https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1045462/ 連れ去られたナダル “勘違いスタッフ”の暴走――。TBS系バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」で先月下旬、都内の路上で“芸人連れ去り企画”のロケを行ったところ、目撃者から110番通報が相次ぎ捜査に乗り出した警視庁が、同局を厳重注意していたことが21日わかった。お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダル(33)がいきなり拉致・監禁される内容だったが、同様の事件が頻発するなか、この演出は完全にアウト。同...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー/W杯】カンテがすごい! 『Who Scored』の評価は決勝ゴールのムバッペ(7.81)を上回る(7.88) - 06月22日(金)10:33  mnewsplus

【フランス 1-0 ペルー ロシアワールドカップ・グループリーグC組第2節】  現地時間21日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグC組第2節で、フランスはペルーに1-0で勝利した。 立ち上がりはペルーに押し込まれたフランスだったが、粘り強い守備で失点を許さず。結局、前半34分のキリアン・ムバッペによる先制ゴールを守り切り、C組一番乗りで決勝トーナメント進出を果たした。  もちろん、勝利に導く先制ゴールを挙げたムバッペは大きな賞賛を受けるだろう。しかしもう一人、チームの勝利に大きく貢献した人物がいる。...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】鈴木大地長官、サッカー日本代表を表敬訪問「長官になって2年半で初めて良かった」 - 06月21日(木)18:16  mnewsplus

 スポーツ庁の鈴木大地長官(51)が21日、ロシア・カザンでベースキャンプ地を張るサッカー日本代表を表敬訪問した。  長官は、W杯1次リーグ初戦で日本が強豪コロンビアを2―1で撃破する“サランスクの奇跡”も現地で観戦。2105年の長官就任以来、メダルラッシュに沸いた今年の平昌五輪など明るい話題もあったが、大相撲の暴行問題、レスリングのパワハラ問題、日大アメフト部の悪質タックル問題と不祥事も多かったため、サッカーの快挙について「スポーツ庁の長官になって2年半で初めて良かった。スポーツ界が明るい話題...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「痛恨のミスは大きな代償となった」 韓国メディアがPK献上のDFに厳しい視線 - 06月24日(日)18:44  mnewsplus

前半24分のPK献上シーンに韓国メディアは厳しい視線  ワールドカップ(W杯)ロシア大会は23日、F組の韓国はメキシコに1-2で敗戦。初戦のスウェーデンに続いて連敗を喫した。ドイツが勝ったため、グループリーグでの敗退決定は免れたが、依然として厳しい状況には変わりがない。同国メディアは、先制点につながるPKを献上したDFチャン・ヒョンスに対し、「無責任なタックル」と厳しい視線を送っている。  韓国が2試合連続で痛恨のファウルから失点を許してしまった。前半24分、エリア内でスライディングでブロックしようとしたDFチ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】ロシアで与えられたPKの数が前回大会を既に上回る…VARや新技術の影響か - 06月24日(日)06:14  mnewsplus

6/24(日) 4:37配信 ロシアで与えられたPKの数が前回大会を既に上回る…VARや新技術の影響か  2018 FIFA ワールドカップ ロシアは27試合が終了した段階で13本のPKが与えられている。この数字は4年前のブラジル大会全体のPK本数と並ぶ数値である。  今回のワールドカップで試合の勝敗に影響を与えているのがPKである。各試合において、試合終了の段階で、ペナルティーキックの結果が大きく試合を左右していると言える。  日本代表MF香川真司や、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自国のために冷静にPKを得点へと変え...
»続きを読む
カテゴリー:

日本、ジョージアに完勝-ラグビー=6月のテストマッチ勝ち越し - 06月23日(土)18:18 

 ラグビー日本代表は23日、愛知・豊田スタジアムでジョージア代表とテストマッチを行い、28-0で完勝した。対戦成績は日本の5勝1敗。 日本はキックを効果的に使い、防御でも出足鋭いタックルで圧力をかけた。前半は3本のPGを決めて9-0で折り返すと、後半は圧倒。途中出場のファンデルバルト(NTTドコモ)がチーム初トライを奪い、その後もレメキ(ホンダ)、姫野(トヨタ自動車)のトライで突き放した。 日本は今月のテストマッチ3試合を2勝1敗で終えた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【サッカー】アルゼンチンの崩壊はなぜ?今大会は、中盤の守備力の高いチームが結果を残している - 06月22日(金)10:27  mnewsplus

 特筆すべきはモドリッチ。この試合では長短織り交ぜたパスで狭いスペースを切り裂いた。難しい体勢からワンタッチで一気に逆サイドの味方へとつなぐ技術は、世界中でも最高といえるだろう。さらに守備面でもピッチを広くカバーし、3度のインターセプトでアルゼンチンの攻撃の芽を摘むなど存在感を発揮した。  攻撃的なタスクを担えば、ピッチを支配する力を見せ、守備のタスクを担えば豊富な運動量と頭脳的なディフェンス能力で世界最高峰の守備的MFと化す。16/17シーズン、カンプ・ノウで行われたクラシコにおいて、中盤の底で起用...
»続きを読む
カテゴリー:

タックル処分選手「日大を早く復活させて」 6/21 15:25更新 - 06月21日(木)15:25 

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、タックルをした日大選手が、処分を決めた学生連盟に対し「日大を早く復活させてあげてほしい」と要望していたことが分かった。
カテゴリー:

もっと見る

「タックル」の画像

もっと見る

「タックル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる