「アーム」とは?

関連ニュース

カメラやレンズの湿度と温度管理に最適!保管ボックスの外から確認しやすい「デジタル温湿度計 C-81」を新発売! - 09月18日(水)16:00 

ハクバ写真産業株式会社(本社:東京都墨田区)は、カメラやレンズなどの保管ボックスの外から確認がしやすい、アーム型吸盤付き「デジタル温湿度計 C-81」を発売いたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/193848/img_193848_1.jpg ■ ■ハクバデジタル温湿度計C-81 カメラ・レンズの保管場所の湿度と温度管理に役立つ、デジタル温湿度計です。 カメラやレンズの保管に対しての湿度値の状態を三段階で示す機能によ...
カテゴリー:

オークマ、「アームロイド」第2弾公開 加工室内4.. - 09月18日(水)08:02 

オークマ、「アームロイド」第2弾公開 加工室内4軸多関節ロボ、複合加工機に搭載
カテゴリー:

【音楽】The Cars リック・オケイセックの家族「起こそうと思い頬に触ったとき、亡くなっているのに気づいた」 - 09月17日(火)17:34  mnewsplus

https://www.barks.jp/news/?id=1000171856 9月15日に急逝したザ・カーズのフロントマン、リック・オケイセックは、高血圧およびアテローム性動脈硬化症を患っており、『NY Daily News』によると、それらに肺気腫が彼に死をもたらしたという。 最近、詳細は不明ながら手術を受けていたそうで、彼の家族は月曜日(16日)、以下のような声明を出した。「リックは手術後、自宅で順調に回復中でした。2人の息子、ジョナサンとオリバー、それに私は、食事を注文したり一緒にテレビを見たりして、彼が快適に過ごせるよう努めていました。日...
»続きを読む
カテゴリー:

野菜の価格が将来、下がるかも!? 「自動収穫」で農業を変える - 09月17日(火)00:49 

「ワールドビジネスサテライト」 (毎週月曜~金曜 夜11時)のシリーズ特集「イノベンチャーズ列伝」では、社会にイノベーションを生み出そうとするベンチャー企業に焦点をあてる。「テレ東プラス」では、気になる第21回の放送をピックアップ。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 有明海に面した、佐賀県南部の太良町。山の上に並ぶビニールハウスの一角で、8月、農業を大きく変えるかもしれない実験が「最終段階」を迎えていた。 取材班の目にまず飛び込んだのは、ハウスへ入っていく小さな機械。本体は人の背丈の半分以下だが、クレーンのようなアームが付いている。タイヤの代わりに、ブルドーザーのようなクローラーで移動している。誰も操作しておらず、自動で動いているようだ。※ 小さな機械が、自動でビニールハウスの中へ... ハウスの入り口をくぐると、機械は生い茂る「林」へと分け入っていく。ここで育てられているのはアスパラガス。大きく育ったものの間に、売り物となる短い「芽」の部分が生えている。ふと、機械が移動をやめてアームが動き出した。その先端は何かをつかむ形になっており、パカッと開いた状態で、「芽」へとまっしぐらに向かっていく。 「ウイーン、サクッ」。アームの先端はアスパラの根元をつかみ、そのままきれいに切り取った。機械の前に付いているカゴにゆっくり入れると、また次の"獲物"へと動きだ...more
カテゴリー:

グリーン・デイが語る、ロックンロールのルーツに立ち返ったニューアルバム - 09月14日(土)10:30 

新たなサウンドを渇望していた、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングは、ロックンロールのルーツに立ち返ることで答えを導き出した。「これまでとは違うことをやりたかった」ビリー・ジョー・アームストロングはそう話す。様々な苦難を乗り越え・・・
カテゴリー:

ソフバンク傘下英アーム:共同創業者で技術責任者.. - 09月18日(水)11:55 

ソフバンク傘下英アーム:共同創業者で技術責任者のミュラー氏退職へ
カテゴリー:

モニターアーム付けてるけどモニターが下向きになるんだが - 09月17日(火)19:53  news4vip

うなだれてるみたいに鋭角になるんだけど ...
»続きを読む
カテゴリー:

750万ドル投資されたカリフォルニアの企業が開発するのは「イチゴ収穫ロボット」 - 09月17日(火)06:00 

2017年に設立されたカリフォルニア州デイビスに拠点を置く新興企業Advanced Farm Technologies(以下、AFT)が、750万ドルの資金調達に成功。彼らは、アメリカ最大のイチゴ生産地で活躍するイチゴ収穫ロボットの開発会社だ。AFT社が開発したT-6というイチゴ収穫ロボットは、摘み取るためのグリップがついた複数のロボットアームを備えたもの。人に頼ってきた収穫作業を自動化できるメリットはとても大きい。細かく一粒ずつ摘んでいく様子は、下の動画を見てもらえればよくわかる。現在、人手不足に加えて高齢化や効率化を背景に、様々な企業によるトマトやイチゴなどの収穫ロボットの開発が盛んになっている。AFT社も、今回の資金をもとに技術を拡大し、他の種類のロボット農業機器を開発していくとのこと。SF映画にでてくるようなロボット社会は、都会よりも農地から現実化するようだ。Top image: © 2019 NEW STANDARD
カテゴリー:

人によるコントロールと機械学習を融合したスマート義手 - 09月14日(土)20:45 

義肢は年々良くなっているが、それらの強度と精度が使いやすさや能力(実際にできること)に貢献していないこともあり、とくに手足を切断手術した人たちがごく初歩的な動作しかできない場合が多い。 スイスの研究者たちが調べた有望と思われるやり方では、手動では制御できない部分をAIが引き受ける。 問題の具体的な例として、腕を切断した人が膝の上でスマート義手を制御する場合を考えてみよう。残存する筋肉に取り付けられたセンサーなどからの信号で、義手はかなり容易に腕を上げ、ある位置へ導き、テーブルの上の物をつかむ。 でも、その次はどうなる?指をコントロールするたくさんの筋肉と腱はない。そして義手の人工的な指を、ユーザーが望む曲げ方や伸ばし方ができるように解析する能力もない。ユーザーにできることが、単に総称的な「握る」や「放す」の指示だけなら、実際に手でできていたことを実行するのほぼ不可能だ。 そこが、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(École polytechnique fédérale de Lausanne、EPFL)の研究者の出番だった。義手に「握れ」と「放せ」と命令したあと、それから先の動作を特に指示しなくても最良の握り方を見つけられるなら問題はない。EPFLのロボット工学の研究者たちは長年、「握り方の自動的な見つけ方」を研究してきた。だから今の義手の問題を解決するには、彼らがうってつけなのだ。...more
カテゴリー:

HAPSモバイル、通信用無人航空機「HAWK30」の初テストフライトに成功 - 09月13日(金)18:44 

 ソフトバンク子会社のHAPSモバイルは9月11日(現地時間)、NASA(アメリカ航空宇宙局)のアームストロング飛行研究センターで、ソーラーパネルを搭載した成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機「HAWK30(ホークサーティー)」のテストフライトに成功した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「アーム」の画像

もっと見る

「アーム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる