「融雪剤」とは?

関連ニュース

韓国・ソウルに大雪注意報 市内に2千5百トンの.. - 01月19日(水)10:35 

韓国・ソウルに大雪注意報 市内に2千5百トンの融雪剤散布
カテゴリー:

【環境】融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月16日(日)08:21  scienceplus

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明  雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。  ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。  Tributary chloride loading into Lake Michigan - Dugan - - Limnology and Oceanography Letters - Wiley Onl...
»続きを読む
カテゴリー:

【寒波】寒さ本番“寒の入り”6日は東京でも雪に… - 01月05日(水)23:00  newsplus

1/5(水) 21:42  5日は寒さが本番に入るとされる「寒の入り」です。その言葉の通り、5日は全国的に平年を下回る寒さとなりました。東京では6日、さらに冷え込み、雪が降る可能性もでていて、準備をする人たちの姿もありました。    ◇ 厳しい寒さとなった5日朝、東京・新橋では駅から出て、すぐに手袋をはめる人が目立ちました。 1年で最も寒い時期に入る「寒の入り」の5日、東京都心の午前8時の気温は2.4℃。風も冷たく寒い1日となりました。 女性 「外に出た瞬間『寒い!』と思いました」 5日午後、一面、雪...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤の環境汚染が問題に 塩分が湖に流れ込み、塩分濃度が急上昇 - 01月16日(日)19:01  news

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。 ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。 北アメリカにある五大湖は世界中で利用可能な淡水の約20%を占めており、支流を含む水系は北米大陸に住む人々にとって非常に重要です。ところが、近年では道路の雪を溶か...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月15日(土)23:00 

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる