「塩化ナトリウム」とは?

関連ニュース

融雪剤の環境汚染が問題に 塩分が湖に流れ込み、塩分濃度が急上昇 - 01月16日(日)19:01  news

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。 ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。 北アメリカにある五大湖は世界中で利用可能な淡水の約20%を占めており、支流を含む水系は北米大陸に住む人々にとって非常に重要です。ところが、近年では道路の雪を溶か...
»続きを読む
カテゴリー:

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月15日(土)23:00 

雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。
カテゴリー:

モビコールを計量せずに溶解する工夫は - 01月06日(木)09:31 

モビコールについては、飲み方の指導も大切だ。同薬は、水分を保持して大腸まで届ける機序から、1包当たり約60mLの液体で溶解して服用する必要がある。また、腸内の電解質バランスを維持することなどを目的に、塩化ナトリウムなどが添加されており、塩味が強く、味を嫌がる子どももいる。服薬アドヒア…
カテゴリー:

【環境】融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明 - 01月16日(日)08:21  scienceplus

融雪剤が湖の塩分濃度を急上昇させていることが判明  雪の多い地域では道路上に積もった雪を溶かしたり、溶けた水が凍結したりするのを防ぐために、塩化ナトリウムや塩化カルシウムを使用した融雪剤が使われています。  ところが、融雪剤由来の塩が淡水の池や湖に流れ込むと水の塩分濃度が上昇してしまうそうで、「世界で5番目の面積を持つミシガン湖の塩分濃度が過去40年間で急上昇している」と報告されています。  Tributary chloride loading into Lake Michigan - Dugan - - Limnology and Oceanography Letters - Wiley Onl...
»続きを読む
カテゴリー:

塩の結晶の角には電気素量の1/8の大きさの電荷が分布している、東大が確認 - 01月06日(木)20:43 

東京大学と科学技術振興機構の両者は1月5日、塩化ナトリウム(NaCl=塩)の結晶の角に、電気素量eの1/8の大きさの電荷が生じることを理論的に解明したと発表した。
カテゴリー:

維持療法はモビコールが主役に - 01月04日(火)10:00 

「小児領域で、近年急に処方が増えた薬といえば、何と言ってもモビコール(一般名マクロゴール4000・塩化ナトリウム・炭酸水素ナトリウム・塩化カリウム)だろう」─。小児科の処方箋を多く受ける薬局の薬剤師たちは口をそろえて、そう話す。モビコールは、主成分であるマクロゴール4000が水と結合し、…
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる