「特別展」とは?

関連ニュース

京都鉄道博物館でEF200形&シキ800形お別れセレモニー、11/24開催 - 11月13日(水)17:02 

JR貨物、日本通運、京都鉄道博物館は13日、京都鉄道博物館で11月16~24日に開催するJR貨物のEF200形式直流電気機関車と日本通運所有のシキ800形式貨車の特別展示に関して、展示最終日の出線シーンをお別れセレモニーとして公開すると発表した。
カテゴリー:

【水戸市立博物館特別展「大正の漫画家・山田みの.. - 11月13日(水)00:15 

【水戸市立博物館特別展「大正の漫画家・山田みのる」】市出身の漫画家・山田みのるの漫画作品や肉筆画など。10/20(日)〜11/24(日)※月曜日(11/4を除く)、11/5(火)休館。 入場料/一般200円、団体(20名以上)150円、高校生以下・65歳以上無料 問合せ/同館(029−226−6521) #水戸
カテゴリー:

「同じ人間」 差別と闘う使命胸に… 在米被爆者、苦悩した日々語る - 11月12日(火)11:00 

 米西部カリフォルニア州ロサンゼルスの全米日系人博物館で9日、特別展「きのこ雲の下で:広島、長崎と原爆」が始まった。原爆展は1992年の開館以来初めてで、日系米国人の被爆者の歩みも紹介されている。在外被爆者への医療費支援の拡充に貢献した友沢光男さん(89)もその一人。日米のはざまで苦悩した日々を振り
カテゴリー:

上皇ご夫妻が正倉院宝物の特別展を鑑賞 東京・上野 - 11月11日(月)20:22 

 上皇ご夫妻は11日、東京・上野の東京国立博物館で、天皇陛下の即位を記念し、正倉院宝物を集めた特別展「正倉院の世界 皇室がまもり伝えた美」を鑑賞された。  ご夫妻は、宝物の中でも有名なガラス製品「白瑠璃碗(はくるりのわん)」や、ペルシャ風の水差し「漆胡瓶(しっこへい)」などを見て回った。上皇さまは「
カテゴリー:

上皇ご夫妻 特別展「正倉院の世界」をご覧に #nhk.. - 11月11日(月)18:48 

上皇ご夫妻 特別展「正倉院の世界」をご覧に #nhk_news
カテゴリー:

山口県大学ML連携特別展「下関から世界へ—現役作家の漫画展」東亜大学で開催(2020年1月31日まで) - 11月13日(水)10:00 

山口県内の大学図書館や大学博物館では毎年、連携特別展を開催しています。東亜大学の付属図書館では、「下関から世界へ—現役作家の漫画展」を開催しています。東亜大学は、芸術学部アートデザイン学科にアニメ・映像コースがあることから、学内に漫画図書館を付設し、県内漫画作家たちの活動を支援しています。今回の展示では、県内で活躍する漫画家のうち、関よしみ氏、遠野かず実氏にスポットをあてています。
カテゴリー:

【郷土博物館】11月17日(日)午後1時30分から午.. - 11月12日(火)14:25 

【郷土博物館】11月17日(日)午後1時30分から午後4時まで特別展「嶺の御嶽山と一山行者」関連の連続講演「一山系御嶽講の地域的展開」を開催。講師は牧野眞一先生(二松學舍大学非常勤講師)。詳細は #大田区立郷土博物館 #特別展 #嶺町 #御嶽神社
カテゴリー:

【水戸市立博物館特別展「大正の漫画家・山田みの.. - 11月11日(月)22:15 

【水戸市立博物館特別展「大正の漫画家・山田みのる」】市出身の漫画家・山田みのるの漫画作品や肉筆画など。10/20(日)〜11/24(日)※月曜日(11/4を除く)、11/5(火)休館。 入場料/一般200円、団体(20名以上)150円、高校生以下・65歳以上無料 問合せ/同館(029−226−6521) #水戸
カテゴリー:

上皇ご夫妻、正倉院特別展へ - 11月11日(月)20:00 

 上皇ご夫妻が、天皇陛下の即位を記念して開かれている特別展を鑑賞されました。  ご夫妻は午後4時半ごろ、東京・台東区の「東京国立博物館」に到着し、正倉院の特別展を鑑賞されました。この特別展は天皇陛下の即位を記念して開かれているもので、皇室と深い関係がある正倉院に保管されている宝物を中心とした、飛鳥・奈良時代の資料などおよそ90点が展示されています。  上皇后さまが皇居で育てた「小石丸」という蚕の絹糸を使った復元の琵琶も展示されていて、説明を聞いた上皇后さまは、笑顔で「使って頂いて嬉しい」と述べられました。ご夫妻はおよそ40分ほどかけてまわり、上皇さまは「正倉院のものは本当によく綺麗に残ってますね」と話されていました。特別展は今月24日まで行われる予定です。(11日18:36)
カテゴリー:

【11月10日は「いい銃の日」】AK47の生みの親カラシニコフ生誕100年 お前らのおすすめは? - 11月11日(月)07:44  news

https://www.afpbb.com/articles/-/3249905 【11月10日 AFP】ロシアの伝説的自動小銃「AK47」の生みの親ミハイル・カラシニコフ(Mikhail Kalashnikov)氏の生誕から10日で100年を迎えた。ロシアの英雄とたたえられた同氏は晩年、自らが設計した銃で大勢の人が殺されていることに苦悩していたという。  ロシアの首都モスクワ西部にある勝利博物館(Victory Museum)では、AK47の特別展が開催されており、若い士官候補生ら来場者が銃を組み立てたり、自撮りをしたりしていた。 同博物館のアレクサンドル・エルマコフ(Alexander...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「特別展」の画像

もっと見る

「特別展」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる