「活動家」とは?

関連ニュース

ゴッホ「ひまわり」トマトスープ事件と地球温暖化懐疑論者、どちらがより暴力的か? - 02月02日(木)17:58 

昨年、日本でも大きく報道された、オランダ人画家ゴッホの名作「ひまわり」にトマトスープをかけられた事件。環境問題に異議を申し立てる目的の抗議行動ですが、果たしてこの行動は正しかったのでしょうか? 今回のメルマガ『モリの新しい社会をデザインする ニュースレター(有料版)』ではジャーナリストの伊東森さんが、この事件と地球温暖化懐疑論者のどちらが悪いかについて持論を展開しています。 この記事の著者・伊東森さんのメルマガ初月無料で読む ゴッホ「ひまわり」トマトスープ事件とは? 昨年10月、イギリス・ロンドンのナショナル・ギャラリーに展示されているゴッホの名作「ひまわり」に2人の若者が近づき、作品にトマトスープをかけ、自らの手を接着剤で壁に貼り付けるという事件がおきた。 この事件は日本でも大きく報道。120億円以上もするゴッホの代表作を傷付けるような行為に批判が集まり、 「エコテロリズム」 などと呼ぶ批判の嵐が巻き起こった。しかし、当のイギリスでは受け止め方が日本と異なっているようだ。英国では、66%もの人が今回の行動に理解を示している(1)。 そもそもの問題は、今までのやり方では、まったくもって不十分であったこと。彼ら環境活動家の熱心な活動にもかかわらず、気候変動対策は一向に進まない。 そればかりか、時が立つにつれて二酸化炭素を排出”する”側が、将来の地球への影響を認識しながら、なんら対策を...more
カテゴリー:

【文春】「クソみたいな人間」朝倉未来、丸山桂里奈が支援 犬の殺処分ゼロを目指す動物保護団体代表のパワハラ音声 - 02月02日(木)10:41  mnewsplus

「週刊文春」編集部 2023/02/02  格闘家の朝倉未来、タレントの丸山桂里奈らも賛同している動物保護団体の代表が、複数のスタッフにパワハラを繰り返していた疑いがあることがわかった。元スタッフたちが「週刊文春」の取材に証言した。  問題が起こっているのは、2019年6月に設立されたNPO法人SPA。 「SPAでは野良犬や野良猫、動物保護センターに収容されて殺処分を待つ動物たちを引き取り、次の飼い主を探す活動をしています。最終的な目的は殺処分ゼロ。都内だけではなく、沖縄県や広島県など、日本各地で殺処分を待つ動物た...
»続きを読む
カテゴリー:

日本在住の中国民主活動家 李大師は「善行を勧めている」 - 01月30日(月)17:43 

法輪大法の創始者である李洪志氏が20日(日本語訳は22日)に「なぜ人類はいるのか」と題した文章を大紀元に発表し […]
カテゴリー:

Rainwater Charitable Foundation、第4回脳研究Rainwater Prize受賞者発表 - 01月30日(月)09:30 

受賞者らは、神経変性疾患に関する革新的な科学的発見が評価されるフォートワース、テキサス州、2023年1月27日/PRNewswire/--神経変性疾患研究の最大の独立系助成機関の1つであるRainwater Charitable Foundationは本日、神経変性疾患研究における「最優秀イノベーション賞」と「革新的若手科学者賞」に対する本年度の Rainwater Annual Prize受賞者を発表しました。本年度の「最優秀イノベーション賞」は、次のチームに授与されます。C. Frank Bennett博士(IONIS社)Don W. Cleveland博士(UCSD、カリフォルニア大学サンディエゴ校)、Timothy M. Miller博士(ワシントン大学)の3名です。また、ドイツ神経変性疾患センター(DZNE)のSusanne Wegmann博士には、Rainwater Prizeの「革新的若手科学者賞」が授与されます。各賞は、2023年4月27日にフランス、リールで開催されるEurotau 2023 Conferenceで発表されます。本Rainwater Prize Program は、脳内のタウタンパク質の蓄積に関連する神経変性疾患の新たな治療法に向けた科学的進歩を評価し、神経変性疾患研究の問題に対する認識を高め、タウオパシー分野に新しい研究者を取り込み、...more
カテゴリー:

女子(30)「奨学金残ってるから結婚なんかできないよ🥺」男子(64)「そんなの俺が一括で返す!結婚しよう!」悲惨な結末へ - 01月28日(土)13:54  poverty

【1月28日 AFP】ウガンダ西部カヌング(Kanungu)県の裁判所は26日、男性に学費を支払わせた後に婚約を破棄した女性に、学費の返還と「迷惑と精神的苦痛」に対する損害賠償として計2800ドル(約36万円)超の支払いを命じた。  AFPが確認した裁判文書によると、元教師の男性(64)は、30代前半とされる女性と婚約中、相手の大学の学費を支払った。しかしその後、女性は「年寄りとは結婚できない」として婚約を破棄したとされている。  裁判所は、女性が婚約を履行しないことで損害を受けたので、男性には弁済を受ける権利がある...
»続きを読む
カテゴリー:

こうまで違う台湾と韓国。何が少年工と徴用工の差を分けたのか? - 02月02日(木)17:14 

1965年の時点で解決済みであるのにもかかわらず、2018年に韓国により蒸し返されて以来対立が続いている元徴用工問題。ここに来て岸田首相が「条件付き」での謝罪を検討していると報じられましたが、果たしてそれは国益にかなうものなのでしょうか。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では台湾出身の評論家・黄文雄さんが、元徴用工問題について日本が韓国に謝罪する必要などない根拠を紹介。さらに謝罪することによって日本が被るデメリットを解説しています。 ※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2023年2月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。 プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう) 1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。 この記事の著者・黄文雄さんのメルマガ初月無料で読む 韓国徴用工と台湾少年工。日本の扱いが180度違ったのはなぜか ● 政府「おわび」継承説明へ 韓国肩代わり案後押し 韓国の「元徴用工訴訟問題」について、韓国政府が...more
カテゴリー:

2/22『ネコの日』には、ニャンとも可愛いアイテムを♡ - 01月31日(火)11:15 

    株式会社レイジースーザン(東京都港区/代表者:春日政彦)は、1987年に制定された2月22日(にゃん、にゃん、にゃん)『ネコの日』を記念して、こだわりがぎゅっと詰まったオリジナルトートバッグをはじめ、ジュエリーケースやポーチ、ヘアアクセサリーなど毎日使うたびに愛おしさが増す、イチ押しのネコグッズを多数揃えました。なかでも注目は、オリジナルのネコ刺繍をポイントに撥水加工を施したナイロン素材のトートバッグ。オンオフ問わず活躍可能な大小2サイズでの展開で、それぞれスマートフォンやカードなどが入るミニポーチがセットになります。また、商品開発者の地元で生活する「さくらねこ」の“タロちゃん”をデザインモデルにしたことから、オリジナルトートバッグの売上の一部を公益財団法人どうぶつ基金に寄付し、「さくらねこTNR(TNR先行型地域猫活動)」活動を支援することにいたしました。   レイジースーザンでは、可愛く愛くるしいネコアイテムで『ネコの日』を盛り上げ、お楽しみいただきながら、対象のトートバッグにはチャリティタグをお付けし、この活動を広めてまいります。   大¥11,000・小¥9,350各¥5,720各¥3,300~   「さくらねこ」とは・・・ 不妊手術の麻酔が効いている間に不妊去勢済みである印として、耳の先端を...more
カテゴリー:

【民間人ミサイル被害】ゼレンスキー大統領 長距離ミサイルを米国に要求 28日にも死者/ドニプロのアパート住民らATACMS要求動画 - 01月30日(月)15:13  newsplus

ゼレンスキー大統領 長距離ミサイルを米国に要求 テレ朝01/29 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000285295.html  ウクライナのゼレンスキー大統領は、ロシア軍のミサイル攻撃を阻止するためにはアメリカの長距離地対地ミサイルの供与が必要だと訴えました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「ウクライナには、長距離ミサイルが必要です。ロシアが前線から離れた所にミサイル発射台を設置し、ウクライナを攻撃するのを阻止するためです」  ゼレンスキー大統領は28日朝にも東部ドネツク州の住宅にロシ...
»続きを読む
カテゴリー:

<書評>『フリチョフ・ナンセン 極北探検家から「難民の父」へ』 果敢な姿、現代へのエール - 01月29日(日)15:00 

 日本を代表する難民研究者が、「知の翼」を広げ、丹心こめて彫琢(ちょうたく)した評伝。北極圏を踏破し、後年は希代の人道支援活動家としても知られるフリチョフ・ナンセンの精神と生きざまを、閉塞(へいそく)感に押しつぶされそうな今を生きる若い人々に「エール」として送り届けようとする著者の思いがあふれて...
カテゴリー:

Google、親中派の活動家グループによる5万件以上の悪意ある活動を排除 - 01月27日(金)20:26 

Googleは1月26日(米国時間)、2022年に親中派の活動家グループによる5万件以上の悪意のある活動を排除したと伝えた。「DRAGONBRIDGE」と呼ばれる中国国家支援のサイバー犯罪者グループがYouTube、Blogger、AdSenseなどのGoogleサービスで政治的な活動を展開していたことが明らかとなった。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる