「圧迫感」とは?

関連ニュース

アロハやドレスの布地で作る、グアムの手作りマスクが人気! - 05月18日(月)10:00 

リゾート気分をUPしてくれるサマードレス。結婚式の参列者がお揃いで身に着けるアロハやドレス。トロピカルなモチーフのプリントが施された質のいい生地と丁寧な縫製は、長年に渡ってグアムの街を彩ってきました。マスク着用が新しい生活様式になった今、グアムならではのアイテムとしてトロピカルマスクが誕生しました。 withコロナ時代、マスクは靴と同じように洋服と合わせて選ぶ着こなしアイテムになるでしょう。アイランドマスクは立体裁断で圧迫感がなく、耳にかけるゴムの部分も引っ張られ感がなく、自然に顔を覆いズレたり落ちたりすることもありません。アロハやドレスのための布地であるため、肌触りがサラッとして汗をしっかり吸い取り、息苦しくなることもありません。夏場にはもってこいのデザインと機能性です。リバーシブルで裏地がストライプや無地のものもあり、男性やBOYSにも愛用してもらっています。
カテゴリー:

【新型コロナ】気づかぬうちに重症化する「サイレント低酸素症」 - 05月16日(土)13:42  scienceplus

■自宅生活中にこんな症状が出てきたら危険なサインかも 患者の家を訪れたノルウェーの医師マリ・セイム氏は当惑していた。  その60代男性の体調が変化したのは1週間以上前のこと。インフルエンザのような症状を示し、呼吸数が上昇しているという。セイム氏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を強く疑いながら男性の家に向かったが、そこで目にしたのは予想外の光景だった。 「その男性は椅子に腰掛けて、ほほ笑んでいたんです」とセイム氏は言う。「少しも具合が悪そうには見えませんでした」  それでも男性の呼吸は速く...
»続きを読む
カテゴリー:

飛沫感染防止対策「ワークガード」「フェイスガード」販売スタート! - 05月13日(水)13:19 

2020年5月13日 表示灯株式会社      表示灯株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田正剛※以下、当社)は、発売中のアクリル製簡易パーテーション「安心ガード」に続き、新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として、折りたたみ式の「ワークガード」と、くり返し洗って使用できる「フェイスガード」の2つの商品を新たに販売いたします。    「ワークガード」は、透過性、加工性に優れたアクリル樹脂板を使用しており、中央下部に直径20㎝の穴を開けることで、医療現場での採血やネイルサロンでの施術など、患者様やお客様の指、手、腕などに対して行う医療行為や施術・サービスを、飛沫感染を防止しながら安心、安全に行える商品となっております。こちらの商品は折りたたみ式となっているため、自由に角度を変えることができ、置き場所を選ばず、採血時などに顔が板面に当たらないような設計になっています。また、折りたたんでコンパクトに収納ができるほか、持ち運びが便利な手穴も付いています。  「フェイスガード」は、アクリル部分が取り外し可能で、繰り返し洗って使えて、常に清潔に保つことができる経済的な商品となっています。    新型コロナウイルス感染症対策への長期化を見据え、当社では皆様の不安を少しでも軽減できるお手伝いが出来ればと考えております。    当社は今後もこ...more
カテゴリー:

【新型コロナ】気づかぬうちに重症化する「サイレント低酸素症」が発生 - 05月16日(土)19:15  newsplus

 患者の家を訪れたノルウェーの医師マリ・セイム氏は当惑していた。  その60代男性の体調が変化したのは1週間以上前のこと。インフルエンザのような症状を示し、呼吸数が上昇しているという。セイム氏は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を強く疑いながら男性の家に向かったが、そこで目にしたのは予想外の光景だった。 「その男性は椅子に腰掛けて、ほほ笑んでいたんです」とセイム氏は言う。「少しも具合が悪そうには見えませんでした」  それでも男性の呼吸は速く、通常の3倍ほどのスピードだった。唇と指がかすかに...
»続きを読む
カテゴリー:

「3食エンドレスごはん」の料理担当はつらい。みんなが少しラクになる食事のコツ(レシピ付き) - 05月16日(土)10:43 

自粛生活が続き、「食事作りが重荷だ」という人が増えていると感じています。そういう思いを共有し、せめても「おつかれさまです」と声かけあっていく場に、このコラムをしたいと思いました。初回で“ごはん作り”のお悩みを募集したところ、たくさんの声を寄せていただきました。外出がままならない現在、多くの人が感じているであろう思いを紹介します。 また、「日々のごはんは誰かに作ってもらっている人」にも、ぜひ読んでいただきたい。ねぎらい合うためのヒントが、必ずやあると思います。第1回「3食エンドレスなのがつらい」(東京都・アラフォー・マコさん)こんにちは。夫が在宅勤務になり、中学生の子どもが休校になって、ごはん作りがエンドレスになりました。料理しようと思える日と、もう何もしたくない日がランダムにやってきます。家族はできあいであろうが、冷凍食品であろうが不満もなく食べてくれます。でもとにかく、3食を用意する日がエンドレスで、つらいです。昼ごはんが終わった後に「夜ごはんは何にするの?」と無邪気に聞かれるときなど、心が折れそうになります。マコさん、本当に、おつかれさまです。しんどかったですね。 私も家での炊事担当者ですが、作り終えて「ああ……数時間後にまた食事の用意するのか」と思って心がゲッソリしてしまうこと、あります。そういうこと家族...more
カテゴリー:

自宅待機中、子どもにイライラしてしまう…。親失格だと感じているのは、私だけですか? - 05月11日(月)18:24 

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言した数日後に、夫と私は2歳の娘のおしゃぶりをやめることを決めた。それは偶然のタイミングだった。私たちはその数日前から、おしゃぶりを卒業しようと話していた。その夜、おしゃぶりの妖精(おしゃぶりを子どもから卒業させる妖精)がやってきて、娘のお気に入りのおしゃぶりを受け取り、他の小さな赤ちゃんに届ける予定だった。しかしおしゃぶりがなくなった初日、娘はお昼寝を拒否した。1時間泣いて、おしゃぶりをねだった。それでも私たちはおしゃぶりを与えなかった。それから娘は、お昼寝をするたび、夜寝るたびに泣いておしゃぶりを求めるようになった。そして赤ちゃんの頃のように、夜中に突然目を覚まして泣き叫んだ。赤ちゃんだった彼女を何度も仰向けにして寝かせていた時のように、私は子ども部屋にいって、何時間もかけて娘を寝かしつけなければならなくなった。それから2日後、保育園が休園になった。途切れ途切れの睡眠で睡眠不足だった私たちは3人は、ずっと一緒に家にいることになった。一日中、毎日だ。日が経つに連れて、あるデジャヴが襲ってきた。以前に感じたことのあるモヤモヤした気持ちが生まれた。そして私の体は、完治していなかった傷が再び痛み出したかのようなズキズキした痛みを、感じるようになった。そして気がついた。私たちは娘が生まれたばかりの時のような生活を、再び送っている...more
カテゴリー:

「圧迫感」の画像

もっと見る

「圧迫感」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる