「千円札」とは?

関連ニュース

『ムカムカする』 結婚記念日、夫がくれた「チケット」を見たら? - 05月24日(金)10:40 

パン🍞 (@jampan_jampan)さんが、結婚記念日を迎えたときのこと。 旦那さんから、ある「チケット」を渡されたそうなのですが ・ ・ ・ 昨日は結婚記念日だったんですが、配偶者に「家事券(※有効期限付き)」とやらをいただきました。わたしがこの券を出さない限り家事はやらないつもりなんだと思うと胃がキリキリムカムカする。。 pic.twitter.com/MtxkKtpCXw— パン🍞 (@jampan_jampan) 2019年5月23日 家事券…!?( ;∀;) これを「プレゼント」として渡される側の気持ちを、考えてほしいですね! なんと2枚もくれましたよ😊😊😊ヤサシイネー(白目)— パン🍞 (@jampan_jampan) 2019年5月23日 券を出さなきゃ家事しないなら365枚欲しいですね。— 🧷Neconomics🧷 (@mysogynyshine) 2019年5月23日 複写不可の注意書きは記載されていないのでコピーしてきますね!!— パン🍞 (@jampan_jampan) 2019年5月23日 共働きで1歳の子どももいるというパンさん家。 日ごろの苦労が伺えます…! 関連:22時半、夫から『ラーメン食べる』との連絡。食事を用意した妻は… ネットの反応 ●子どもでも...more
カテゴリー:

中学で偽2千円札使った犯人だけど質問ある????????????????????? - 05月20日(月)17:19  news4vip

8億円分使ったわ fuckuesakasuremi.hatenablog.com/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

「もっと絵がうまくなりたい!」天才・葛飾北斎が「北斎漫画」に秘めたさらなる野心 - 05月18日(土)11:00 

 2024年から流通する紙幣のうち、千円札の裏面デザインには、葛飾北斎の浮世絵《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》が採用されると先ごろ発表された。では改めて北斎の作品に触れてみたい! と思った際、いつでもたっ…
カテゴリー:

千円札の新しい顔、北里柴三郎が疾走した「熱と誠」というレール - 05月13日(月)18:55 

破傷風は、傷口から破傷風菌が侵入し最後は手足切断・死に至るほどの感染症として怖れられてきました。その治療法を見出すなど医学の発展に多大な貢献をした「日本細菌学の父」と呼ばれる人物が、新千円札の肖像に選ばれ話題となっています。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、そんな北里柴三郎が人生で大切にしてきた2本のレールについて、京大総長・荒木寅三郎とのエピソードを交えつつ紹介されています。 北里柴三郎が貫いた人生の2本のレール 一万円の新紙幣に肖像画が用いられることになった渋沢栄一に注目が集まっていますが、千円札の新紙幣に肖像画の採用が決まった北里柴三郎もまた、大変な功績を遺した偉人です。 本日は『致知』2017年2月号に掲載された編集長コラム「総リード」にて、北里柴三郎の生き方に光を当てます。 特集「熱と誠」 人生には二本のレールが必要だ。 新幹線も二本のレールがあるから どこまでも走って行ける。 森信三師が言っていたという。弟子の寺田一清さんから聞いた。 では、何をもって人生の2本のレールとするのか。思い浮かんだことがある。 『致知』平成25年6月号にご登場いただいた北里柴三郎の曾孫、英郎さんの話である。 1891(明治24)年、ベルリン滞在中の北里柴三郎を一人の青年が訪ねてきた。ストラスブルグ大学留学中の医化学生で、後に京都帝国大学総長となる荒木寅三郎である。 ...more
カテゴリー:

柴犬紙幣の次は ”猫 ”が登場!? 大反響の「猫の紙幣」が商品化! - 05月23日(木)18:13 

[株式会社スペースファクトリー] [画像1: https://prtimes.jp/i/31510/8/resize/d31510-8-849300-6.jpg ] ◆ 「弐千円札(猫)」とは イラストレーター、ぽん吉氏が「新しい紙幣のデザインに柴犬とかあったら」とTwitter上で発表した柴犬の千円札...
カテゴリー:

千円札バトンタッチ “非エリート”野口英世と“東大の反逆児”北里柴三郎は「数奇な師弟」 - 05月21日(火)11:00 

 1928年5月21日、西アフリカのアクラ(現在のガーナの首都)で、アメリカのロックフェラー医学研究所から当地に赴任していた細菌学者の野口英世が51歳で死去した。いまから91年前のきょうのできごとである…
カテゴリー:

【芸能】西山茉希「娘が千円札を破ったときの対処法」に賛否両論 - 05月19日(日)11:28  mnewsplus

5月17日、モデルの西山茉希(33)が自身のインスタグラムに“千切れた千円札”の写真を投稿。2枚目と3枚目には長女(5)か次女(3)と思われる写真を アップしており、《見つかってやばそうな顔してた人が犯人》と綴った。 どうやらまだ幼い娘が千円札を破るイタズラをしてしまったようだが、その後の西山の対処法が話題を呼んでいる。 《#お金に対しての行動は説明する #そしたら次はみんなのプラス造り #ふーと呼吸を整えて『お守りをつくろう』 #ちびパンさん(娘のこと)に ペンを持たせた #描いていいよと任せた #真ん中に...
»続きを読む
カテゴリー:

素朴な疑問。なぜ、新紙幣の発行開始は今から5年も後なのか? - 05月15日(水)21:03 

2024年度に一新させると発表のあった新紙幣。政権の話題作りとの声も聞かれますが、識者はどう見ているのでしょうか。ジャーナリストとして数々のメディアで活躍中の嶌信彦さんは自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』の中で、新紙幣の詳細を解説するとともに、安倍首相に上げてもらいたい業績についても記しています。 新紙幣発行より賃上げが必要 新紙幣が2024年度上半期に一新するという。千円、五千円、一万円の紙幣(日本銀行券)で2004年以来20年ぶりのこととなる。最近、世界ではキャッシュレス化が進み、中国などでは日常の買物やタクシーの乗車支払いなどもスマホやカードで行なうようになってきたと聞くが、私は紙幣の発行に大賛成だ。 むろんキャッシュレスを進めることに反対するわけではない、現金払いのため、お札や小銭を常に用意しておかなければならないことは手間のかかることだ。それよりスマホで支払いできるシステムがあったり、Suicaのようにカードにおカネをチャージしておけばカードを機械に触れるだけで支払いが出来、いちいち紙幣やコインの出し入れの手間が省け、数え間違いも無くなって便利になることだろう。だからキャッシュレス化のシステムを残すことは便利で、現金使用と併用すればよいと思う。 しかし現金には現金の“味”がある。私たちはこれまで聖徳太子や福澤諭吉のお札(一万円)、樋口一葉(五千円札)...more
カテゴリー:

長崎・壱岐市のイベント会場で偽の5千円札が見つかる - 05月13日(月)17:03 

 12日に長崎県壱岐市で開かれていたイベントで、偽の5千円札が見つかりました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「千円札」の画像

もっと見る

「千円札」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる