「前評判」とは?

関連ニュース

山田高 王者の貫禄/高校サッカー本紙記者座談会 - 01月19日(土)10:28 

14日まで首都圏で行われた第97回全国高校サッカー選手権で、2度目の頂点に立った青森山田。選手たちが前評判通りの実力を発揮できた背景には、日々の努力に裏打ちされた揺るぎない自信、経験豊富な監督、国内外で活躍するOBの存在などさまざまな要因があった。取材に携わった東奥日報紙の記者たちが選手権を振り返った。A 昨年度優勝の前橋育英(群馬)、同準優勝の流通経大柏(千葉)、本年度インターハイ準優勝の桐光学園(神奈川)、同ベスト8の大津(熊本)など実力校ぞろいだったが、終わってみれば青森山田の強さが目立…
カテゴリー:

【高校サッカー】青森山田、無双外国人と県外出身選手集めて優勝、批判集まる 「別に関係ないと思う」 - 01月15日(火)17:46  livejupiter

県外出身選手集め批判の葛藤を乗り超えて青森山田が2年ぶり高校サッカーV 1/15(火) 5:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-wordleafs-socc&p=2 決勝までの5試合で、11人もの選手が合計17ゴールをあげて頂点へ駆けあがった。 前評判にたがわぬ実力を、試合を重ねるごとにどんどん増幅させていった一方で 心ない指摘も選手たちの耳に入ってくるようになった。 青森県代表でありながら、青森県出身の選手がいない、と。 高校野球でよく聞かれる、県外から選手を集めることに対する批判や反論。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

頼れる〝兄貴〟正木コーチ 躍進支える - 01月15日(火)09:00 

全国高校サッカー選手権で、2年ぶり2度目の頂点に立ち、前評判通り全国トップレベルの実力を証明した青森山田。その陰には、20年前の草創期に快足FWとして活躍し、指導者としても15年にわたって携わる正木昌宣ヘッドコーチ(37)の姿があった。黒田剛監督(48)の右腕として対戦相手の分析や戦術の立案を担いながら、170人もの部員に目を配る兄貴分的存在。14日の決勝・流通経大柏戦後には「1年間、選手たちが頑張った結果。自分がどうこうというよりも、選手たちにおめでとうと言いたい」と教え子たちをたたえ、達成…
カテゴリー:

紅白終了から2週間…世間に最も影響力を与えた歌手は? - 01月14日(月)21:20 

「平成最後の紅白なのに目玉がいない」など何かと前評判の悪かった昨年の紅白だが、蓋を開けてみれば後半の視聴率は41.5%で2年ぶりの40%超えを期すなど大成功を収めた(ビデオリ...
カテゴリー:

高校サッカー「個々の能力で山田高が上」下平氏 - 01月13日(日)12:33 

-前評判では青森山田優位とみられていたが、終わってみれば大接戦。試合の印象は。下平 すごかった。互いの良さを出し尽くした好ゲーム。青森山田は尚志に2度も先行されるという展開で、精神的にも厳しかったはずだが、追いついてPK戦を制するのだから勝負強さが際立っている。-尚志が青森山田を追い詰めた要因は。下平 格上相手に守ってカウンターというのではなく、縦に速く攻めるというスタイルを貫き、個々の選手がしっかりと勝負していたのが印象的。特に、アタッキングサード(ピッチを3分割した中で、最も相手ゴールに近…
カテゴリー:

【高校サッカー】青森山田、無双黒人と県外出身選手集めて優勝、批判集まる 「別に関係ないと思う」 - 01月16日(水)00:04  livejupiter

県外出身選手集め批判の葛藤を乗り超えて青森山田が2年ぶり高校サッカーV 1/15(火) 5:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-wordleafs-socc&p=2 決勝までの5試合で、11人もの選手が合計17ゴールをあげて頂点へ駆けあがった。 前評判にたがわぬ実力を、試合を重ねるごとにどんどん増幅させていった一方で 心ない指摘も選手たちの耳に入ってくるようになった。 青森県代表でありながら、青森県出身の選手がいない、と。 高校野球でよく聞かれる、県外から選手を集めることに対する批判や反論。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<青森山田>県外出身選手集め批判の葛藤を乗り超えて2年ぶり高校サッカーV「別に関係ないと思う」★2 - 01月15日(火)15:26  mnewsplus

平成最後の王者誕生を告げる主審のホイッスルが、晴れわたった真冬の空に鳴り響く。次の瞬間、埼玉スタジアムのピッチに倒れ込んだのは、前回大会に続いて準優勝に終わった流通経済大柏(千葉)ではなく、2年ぶり2度目の全国制覇を成就させた青森山田(青森)のイレブンだった。  切れ味鋭いドリブルで右タッチライン際を支配したMFバスケス・バイロン(3年)が、最終ラインにそびえ立った身長192cmのDF三國ケネディエブス(3年)が、そして同点と逆転の2ゴールを決めたMF檀崎竜孔(3年)が突っ伏し、あるいは仰向けになって涙腺を決...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<青森山田>県外出身選手集め批判の葛藤を乗り超えて2年ぶり高校サッカーV「別に関係ないと思う」 - 01月15日(火)08:47  mnewsplus

平成最後の王者誕生を告げる主審のホイッスルが、晴れわたった真冬の空に鳴り響く。次の瞬間、埼玉スタジアムのピッチに倒れ込んだのは、前回大会に続いて準優勝に終わった流通経済大柏(千葉)ではなく、2年ぶり2度目の全国制覇を成就させた青森山田(青森)のイレブンだった。  切れ味鋭いドリブルで右タッチライン際を支配したMFバスケス・バイロン(3年)が、最終ラインにそびえ立った身長192cmのDF三國ケネディエブス(3年)が、そして同点と逆転の2ゴールを決めたMF檀崎竜孔(3年)が突っ伏し、あるいは仰向けになって涙腺を決...
»続きを読む
カテゴリー:

矢板中央・大塚“フットサル効果”大学サッカーで - 01月14日(月)12:49 

高校サッカー選手権は残酷だ。注目選手を擁する優勝候補は時にプレッシャーに負けて早々に敗退していく。最後まで勝ち上がったチームが真の“強豪”ともいえるが、前評判通りにいかないところが人々を引きつけるのかもしれない。 大会前から注目していた…
カテゴリー:

【芸能】北川景子、佐々木希、戸田恵梨香も! 彼女たちが“あげまん女優”と言われるワケ - 01月07日(月)21:17  mnewsplus

一般的に“あげまん”とは夫や彼氏の運気を上げ、さまざまな面で幸運をもたらす女性を指す言葉だ。芸能界にも“あげまん”と呼ばれる女性は数多く存在し、実際にパートナーを大きな成功に導いた例も多い。 女優の北川景子は、その代表的な1人。2016年1月に、ミュージシャンでタレントのDAIGOと結婚。それをきっかけに、夫のDAIGOのレギュラー出演番組は増え、 『馬好王国~UmazuKingdom~』(フジテレビ系)のメインMCを任されるなど、芸能界で確実にステップアップを果たした。 また、北川自身もDAI...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「前評判」の画像

もっと見る

「前評判」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる