「保護犬」とは?

関連ニュース

「神ボランティア」に賠償命令、犬猫を保護…実は虐待 大阪地裁 - 11月26日(金)15:34 

 行き場を失った犬や猫を無償で引き取っていた女性(55)に保護犬を譲ったにもかかわらず、劣悪な環境で死なせたとして、三重県の動物愛護団体の代表が慰謝料など計約145万円を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(横田昌紀裁判長)は26日、女性に6万円の賠償を命じた。
カテゴリー:

ネットで人気の占い犬、ニューヨーク州から表彰される。「今日はボーンズデー」って何? - 11月25日(木)13:16 

今日は「ボーンズデー」?それとも「ノーボーンズデー」?1日の始まりを明るくしてくれるインターネットの人気犬、ヌードルがその貢献を讃えられてニューヨーク州から表彰された。ヌードルの飼い主のジョナサン・グラジアーノさんは11月4日、ヌードルの表彰状を喜びのコメントとともにツイートした。my just dog got a proclamation from the state of New York and that was my day pic.twitter.com/XhnInmmACZ— Jonathan Graziano (@jongraz) November 24, 2021グラジアーノさんのツイート「うちの犬がニューヨーク州から表彰された。最高の日だ」今日はどっちの日?立派な表彰状だが、一体ヌードルはどんな貢献をしたのだろうか。実は13歳の保護犬ヌードルは、占い犬だ。その占いはとてもシンプル。毎朝グラジアーノさんがヌードルをベッドから起き上がらせる時に、真っ直ぐ立てば「ボーンズデー」。立ち上がらずにゴロリと寝転べば「ノーボーンズデー」だ。「ボーンズデー」は活動的な日で、前からやりたかったことなどに取り組む。グラジアーノさんはTikTokの投稿で、「ボーンズデーは何かをやる日です」「自分に冬の準備をしてあげるのもいいですね。例えばハンドクリーム。自分のために新しいハ...more
カテゴリー:

脚4本切断の保護犬、義足装着の手術成功 ロシア - 11月22日(月)10:29 

ロシアでこのほど、けがしているところを保護された犬の「モニカ」に対して手術が行われ、4本の脚に義足が装着された。モニカは大けがを負ったことから安楽死の話も出ていた。 義足の装着手術を行ったのは獣医師のセルゲイ・ゴルシュコフさん。ノボシビルスクを拠点にしており、2015年以来、37匹の動物に対して義肢を取り付ける手術を行っている。 手術から2週間が経過し、モニカは義足にうまく対応しているという。...
カテゴリー:

ツンデレだけど…責任感強め カフェで働く"看板犬".. - 11月12日(金)20:06 

ツンデレだけど…責任感強め カフェで働く"看板犬" 保護犬譲渡会で主人が一目ぼれ【金曜日のわんこ】 #FNNプライムオンライン #北海道文化放送
カテゴリー:

日本の動物虐待がひどすぎる。それでもペットショップを利用しますか?  - 11月11日(木)10:23  poverty

繁殖引退犬を保護しました パッと見て 何の犬種かわかりますか?? コーギーです 何年も何年も何年も 医療にもかけず この状態でほったらかし 繁殖に使ってたんでしょう 目はもう治りません 殆ど見えていません 眼球が乾き過ぎて 寝てる時も瞼はおりません この子達は人間みたいに 苦しかったら自殺なんてできません 辛くても苦しくても 心臓が動く限り生き続けてしまいます 生体販売がある限り こんな子達が今も沢山います この子の残りの犬生が 少しでも幸せであるように 手助けできたらと思...
»続きを読む
カテゴリー:

「神ボランティア」に賠償命令 - 11月26日(金)15:23 

行き場を失った犬や猫を無償で引き取っていた女性(55)に保護犬を譲ったにもかかわらず、劣悪な環境で死なせたとして、三重県の動物愛護団体の代表が慰謝料など計約14...
カテゴリー:

【ロシア】脚4本切断の保護犬、義足装着の手術成功 - 11月22日(月)18:18  newsplus

※CNN 脚4本切断の保護犬、義足装着の手術成功 ロシア https://www.cnn.co.jp/fringe/35179782.html 2021.11.22 Mon posted at 10:29 JST (CNN) ロシアでこのほど、けがしているところを保護された犬の「モニカ」に対して手術が行われ、4本の脚に義足が装着された。モニカは大けがを負ったことから安楽死の話も出ていた。 義足の装着手術を行ったのは獣医師のセルゲイ・ゴルシュコフさん。ノボシビルスクを拠点にしており、2015年以来、37匹の動物に対して義肢を取り付ける手術を行っている。 手術から2週間が...
»続きを読む
カテゴリー:

「人間も動物も安心して一緒に暮らすために何がで.. - 11月13日(土)14:30 

「人間も動物も安心して一緒に暮らすために何ができるのか。」 保護犬・保護猫と共に暮らしながら社会で活躍している女性お二人に、保護動物との暮らしやペットとの生活におけるこだわりをお伺いしました🐾
カテゴリー:

犬も猫も人も、家族になれば、ずっと幸せ 神戸の動物愛護施設 - 11月11日(木)11:27 

 神戸市北区の動物愛護拠点「こうべ動物共生センター」で開かれている保護犬・猫の譲渡見学会やふれあい体験のイベントが盛況だ。オープンから1カ月で約2700人が訪れており、担当者は「動物と人がずっと一緒に、幸せに暮らせる社会づくりに向けてサポートをしたい」と意気込んでいる。【木田智佳子】
カテゴリー:

ツイッター人気

こんなの見てる