「マツコ」とは?

関連ニュース

マツコ&有吉の怒り新党 Part.2 - 12月13日(金)20:47  livejupiter

※前スレ マツコ&有吉の怒り新党 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576234923/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

マツコ&有吉の怒り新党 - 12月13日(金)20:02  livejupiter

たってなかったので ...
»続きを読む
カテゴリー:

ベッキーにとって“悪魔”な存在とは?『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』第2話 - 12月13日(金)16:45 

要潤が主演するオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~※この日は24:10~)の第2話が、12月14日に放送される。今回は、要演じる弁護士・御子柴礼司の事務所で働く日下部洋子役のベッキーが、ドラマの見どころなどを語った。本作は、勝つためなら手段を選ばない“悪魔の弁護人”御子柴礼司が、元少年Aという過去を背負いながら、罪の償いとは何かを問うヒューマン法廷ミステリー。第1話で御子柴は、高額な報酬を得られそうもない主婦・津田亜季子(奥菜恵)による「世田谷の夫殺し」裁判に興味を持ち、担当弁護士から強引な手で奪い取ってまで弁護を担当。法廷で御子柴を敵視する次席検事・岬恭平(津田寛治)と対峙した。亜季子が何かを隠していると確信した御子柴。今週土曜の第2話では、いよいよその謎が明らかに。最終公判で衝撃の事実が明るみに出るとともに、ラストにはさらにもうひとつの大どんでん返しが待ち構えているという、ミステリー好きには堪らない仕上がりになっている。以下、ベッキーのインタビュー。――台本を読んだ感想は?「弁護士もののドラマです」と伺って読ませていただいたんですが、思ったより重いテーマで、これは色々な意見が出るだろうな、色々な考えが生まれるだろうなって思いました。でも「次の台本まだですか?」って、こんなに次の台本を楽しみにするのは久々で、...more
カテゴリー:

マツコ&有吉が語り合う、視聴者が本当に興味のあること - 12月13日(金)11:52 

視聴者から寄せられた投稿メールや、さまざまな欲望を叶えるVTRを見たマツコ・デラックスと有吉弘行が感じたこと、疑問に思ったことなどを独自の視点でトークしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』。12月13日(金)の放送では、予約5年待ちのパンが届くことを心待ちにしているという投稿者の意見について議論する。©テレビ朝日投稿者は、この気持を周りの人に話しても、あまり理解してもらえないという。マツコ&有吉もその気持ちは理解しつつも、自分に置き換えると「想像ができないね…」と戸惑う。「5年待って食べたものは美味しいに決まってる!」というマツコは、「私も何か頼んでみようかな」と思いつき、何がいいかを考えてみることに。しかし、“16年待ちのあるもの”が登場し、ふたりを驚かせる。©テレビ朝日また「専門家が言うことって、たまに“それは現実的にちょっと…”っていうこと、ありませんか?」という視聴者からのメールについてもトーク。有吉は「そうかもしれないけど、情報のひとつとして捉えておけばいいんじゃない?」と提案。マツコも「専門家の人も、聞かれたから答えたんだろうしね」と意見を述べる。ふたりは、情報番組のあり方や、取り上げるテーマについてトークを展開。マツコ&有吉が語り合う、視聴者が本当に興味のあることとは…?※アナタが叶えてほしい「欲望」大募集!※マツコ&有吉に聞いてほしい、トークしてほしい話を大募集!※...more
カテゴリー:

マツコ、ギックリ腰の男性広報スタッフの“頑張り”に「好きになりそう…」『夜の巷を徘徊する』 - 12月13日(金)11:12 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~ ※一部地域を除く)。12月12日の放送では、先週に引き続き、大井競馬場のイルミネーションを堪能した。前回は、インスタ映えする“回らない”メリーゴーラウンドを見た後、ポニーの馬車に乗って移動して、「噴水のショー」を満喫したマツコだが、今回は、東京の過去を描く「タイムトラベルゾーン」のイルミネーションから鑑賞した。「タイムトラベルゾーン」の入口は、内馬場へと続く地下道にあり、過去への時空旅行のスタートということで、真っ暗なトンネルの先にある怪しげな光を通り抜けなければならない。先へ進んだマツコは「皆さん、楽しめるのは2/3くらいです……」と暗闇に躊躇しつつも、時空(暗闇)をくぐり抜けた先では「これが一番いいよ!」と気に入った演出に興奮していた。日本の昔ながらの田園風景が音楽と光で再現された棚田エリアでは、最大の目玉である、長さ100mの“江戸桜トンネル”が登場。「ちょっとこれ、すごいよ。桜の花びら一枚一枚にTCK(東京シティ競馬)って刻まれている」と感動し、煌びやかなピンクの光に包まれながら記念撮影。何パターンもポージングしながら、「何で私、本気でやってるのよ!」と自分へツッコミを入れていた。今回のロケを通じ、マツコは世の中のカップルが普段...more
カテゴリー:

【芸能】ソニン 「1年のうち半年しゃべらない」驚異の喉ケアに共演者も「楽屋が耳鼻科みたい」 - 12月13日(金)20:21  mnewsplus

12月12日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、ソニンがゲスト出演。“1年のうち半年しゃべらない女”として登場した理由を明かしたところ、その徹底ぶりにマツコデラックスらも衝撃を受けた。 ソニンは現在、ミュージカル女優として3年先までスケジュールが埋まるほど多くの作品で活躍中。本番が毎日続くと酷使した声帯が治らないため、本番以外は一切しゃべらないでいると告白。筆談ボードやスマホのメモ帳アプリ、ジェスチャーを活用して、疲弊した声帯を徹底的に守り、休演日には病院を受診して喉ケアの程度を検討するとい...
»続きを読む
カテゴリー:

滝川クリステルも「素晴らしい!」と絶賛!松岡修造、悩める先生に送る“ポジティブになれる言葉” - 12月13日(金)18:44 

悩める学校の先生を応援していく新感覚バラエティー「松岡修造の『聞いてください!先生も悩んでます』」が、12月14日(土)に放送される。同番組では、立場上、普段は“弱い顔”を見せることができない“先生”と呼ばれる人たちの悩みを松岡修造が全力で受け止め、熱いトークを展開。悩みの問題点を掘り下げつつ、世の“先生”たちを全力で応援していく。©テレビ朝日松岡をサポートするMCには滝川クリステルと劇団ひとり、親世代ゲストとして長嶋一茂らが登場。そしてご意見番としてJリーグ初代チェアマンの川淵三郎を迎え、忌憚のない意見で松岡の熱血応援を後押しする。◆先生たちを悩ます「スマホいじめ」「学校の先生スペシャル」として放送される今回は、実際に現場で働く学校の先生たちや教育関係の専門家たちをスタジオに迎え、先生たちがどんな悩みを抱えているのかを聞きながら応援トークを展開。番組の最初には、「スマートフォン」に関する悩みが紹介される。近年、日本では「“歩きスマホ”が原因で駅のホームから転落して死亡した事故」「親に内緒でネットゲームで課金を続け100万円の請求がきた」など、スマートフォン関連の問題が頻発。一方、学校内でも「授業中に隠れてゲーム」「スマホで盗聴&盗撮」「スマホいじめ」などスマートフォンに関する問題が起こっており、先生たちは頭を悩ませている。©テレビ朝日なかでも、先生たちを最も悩ませているのは「スマ...more
カテゴリー:

男性機能を向上させるマル秘テクニックをレジェンドセクシー男優が伝授! - 12月13日(金)15:18 

セクシー男優の田淵正浩が、12月12日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。男性機能向上に役立つトレーニングを伝授した。田淵は1990年、22歳の時にデビュー。先輩に加藤鷹、同期にチョコボール向井がいるなど、90年代のAVバブルを駆け抜けた田淵。2人が引退する中、田淵はデビュー30周年を迎えてもなお現役を続けている。これまでの作品出演本数は1万本、絡んだセクシー女優は9000人にのぼるという。ギャラについては1年目が3万円、2年目が4万円と徐々に上がっていたが、MAX6万円でストップしており、25年間同じギャラだと告白。スタジオが驚く中、これでもかなり良い方だと明かした。ギャラについては、1日最高6現場あり、MAX月収約360万円。こうして多くのギャラをもらってはいるものの、月60現場あったため、プライベートでは奥さんとの営みがうまく出来なかったと振り返った。そんな田淵が思うNo.1セクシー女優は桜樹ルイ。しっかり挨拶をしてくれる性格の良さはもちろん、テクニックも相当なものがあり、プロにもかかわらず暴発してしまいそうになったという。ゲストのセクシー女優・三上悠亜は、男優がコントロール不能になると嬉しくなるとコメント。「モゾモゾしている人を見ると余計にイジワルしたくなっちゃいます」と明かした。ほか、20代後半から体調...more
カテゴリー:

新木優子と高良健吾、ラストのキュンキュン展開に「ステキなドラマに出会えてよかった」『モトカレマニア』 - 12月13日(金)11:29 

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の最終回が、12月12日に放送。インターネット上では、恋の行方とラストシーンに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。マコチと桃香(矢田亜希子)との関係を疑ったユリカのちょっとした誤解から、仲たがいしてしまった2人。翌日、自分のせいで2人の雰囲気が険悪になったことに気づいた桃香は、ユリカのもとを訪ねる。桃香は謝罪をしつつ、SNSでマコチとのことを匂わせたり、2人の間を切り裂く大きな引き金になった彼の肩に頭を乗せた理由は、再婚する元夫を嫉妬させるアピールだったと明かす。誤解がとけた後、桃香は最初は夫のことが好きだったが、だんだんと喧嘩が増え始めたことを回顧。ユリカは「好きだけじゃダメなんですね」とため息まじりにつぶやくと、桃香は「見失わないように真剣に向き合わなきゃダメだったんだよね」と遠くを見つめた。そんな中、マコチから「話がしたい」と連絡が届く。家に戻ったユリカは、桃香と話をしたと言い「きちんと話さずに家を飛び出してゴメン」と謝った。そ...more
カテゴリー:

井上芳雄&小池徹平が証言!ソニンの“しゃべらない生活”とは?『アウト×デラックス』 - 12月11日(水)13:52 

ソニンと松下▽(ぎゃくさんかっけい)が、12月12日に放送される『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)にゲスト出演する。同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、エムレ&エネス、栗原類、戦慄かなの、高橋ひとみ、塚田僚一(A.B.C-Z)、遠野なぎこ、ミラクルひかる、矢部文子、矢部みほ、横川尚隆も出演する。ソニンは、2000年に歌手デビュー、2002年にソロ活動を開始した。現在はミュージカル女優として数多くの作品に出演している。そんなソニン、1年のうち半年間はしゃべらないのだという。その理由とは? そしてソニンの普段の生活にスタッフがロケ同行。“しゃべらない生活”の実態とは? さらに、井上芳雄と小池徹平からソニンに関するアウトな告白も寄せられる。松下▽は、2.5次元の舞台などで活躍中。モテる体を作るために全力を注いでいるのだという。そんな松下、アウト軍団の横川に言いたいことがあるそうで……。果たしてその内容とは? スタジオでは松下と横川のバトルが勃発する。そして、松下、横川、エムレ、エネスの誰の体が一番好みかをアウト女子軍団が判定することに。果たしてナンバーワンに輝くのは? 関連...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「マツコ」の画像

もっと見る

「マツコ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる