「現代社会」とは?

関連ニュース

ヨルシカの書き下ろしの新曲「風を食む」が『NEWS23』新エンディングテーマに - 09月24日(木)17:28 

TBSで放送中の『NEWS23』の新エンディングテーマに、ヨルシカの書き下ろしの新曲「風を食む」が決定した。ヨルシカは、コンポーザーのn-buna(ナブナ)が、女性シンガーのsuis(スイ)を迎えて2017年に結成。エッジの立ったサウンドと繊細なメロディー、文学的な歌詞、そしてsuisの透明感あふれる歌声が若い世代を中心に絶大な支持を得ている。今年7月29日に発売された最新アルバム「盗作」は、8月10日付オリコン週間合算アルバムランキング、8月10日付Billboard JAPAN総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で共に1位を記録、またオフィシャルYouTubeチャンネルは登録者数176万人と、現代の音楽シーンを牽引する注目のアーティストだ。これまでヨルシカの楽曲は、n-bunaが自ら創作したストーリーをもとに作られてきたという。『NEWS23』のテーマ曲として“消費社会”を題材に書き下ろした「風を食む」には、どんな物語が秘められているのか? 報道番組のエンディングテーマという彼らにとって初の試みに注目してほしい。新エンディングテーマは9月28日(月)から放送する。なお、新曲「風を食む」は10月7日(水)より各ダウンロード&サブスクリプションサービスにて配信予定だ。番組のエンディングでは、「風を食む」にその日の印象的なニュ...more
カテゴリー:

ウェアラブル搾乳器のスタートアップWillowが57.8億円を調達 - 09月23日(水)18:00 

Willow(ウィロー)は、女性向けの新しいウェアラブル搾乳器を製造しているスタートアップだ。同社は新しい母親たちに、より多くの製品ラインを提供するために、熱狂の2020年を5500万ドル(約57億8000万円)の新規資金調達で締めくくろうとしている。 同社は売り上げが伸びた1年を終えようとしている。かつてeBayとAirbnbのマネージャーを務めたLaura Chambers(ローラ・チェンバーズ)氏が新しい最高経営責任者に就任し、新しい資金を使って、2021年には搾乳器を超えた新製品を市場に投入する予定だ。 Frost & Sullivan(フロスト&サリバン)による2020年3月のレポート(F&S記事)によれば、母親向けのテクノロジーを含むフェムテック市場全体の規模は10億ドル(約1051億円)強となり、12.9%の成長率をみせている。したがって、このカテゴリーは小さいものの、まだまだ投資不足のこのセクターも、サービスを提供するためのツールが増えるにつれて、急速に成長している。実際、Willowがこれまでに調達してきた1億5500万ドル(約162億9000万円)は、同社を女性の健康に対する投資上位層に位置付けている。 その数字を、勃起不全のためのサブスクリプション投薬サービスを、8800万ドル(約92億5000万円)の投資ラウンドでローンチした(未訳記...more
カテゴリー:

【医学】コロナウイルスが明らかにした「エビデンスに基づく医療」の虚構  - 09月21日(月)14:00  scienceplus

コロナウイルスが明らかにした「エビデンスに基づく医療」の虚構 ■データがあるのに真実は見えない  新型コロナウイルスにどう対応するかは客観的なデータが教えてくれるはず……と思っていた人は、すっかりわけがわからなくなっているだろう。  「ロックダウンして短期間だけがまんすれば未来は明るい」と言う人、「それほど危なくないから経済を優先するべきだ」と言う人、それぞれがもっともらしいグラフを持ってきて、こうすればこの数字はこうなる、だから取るべき策はこうだとプレゼンするのだが、それぞれ客観的な数字を見...
»続きを読む
カテゴリー:

【調査】<世界で人気がある日本のアニメキャラって何?>3位NARUTO、2位ドラゴンボール、 1位は? - 09月18日(金)21:18  mnewsplus

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。 先日、YouTubeでフィギュアスケーターのエフゲニア・メドベージェワさんが、アニメ「セーラームーン」の衣装で滑っているのを見ました。セーラームーンは娘が小さい頃によく見ていたのを覚えています。 メドベージェワさんは大のセーラームーンファンなんですって! 日本のアニメが海外で人気があるって聞いたことがあるけど本当なんですね。他には、どんなアニメが人気なのでしょう? 早速調べてみました! 日本のアニメが世界で人気がある理由の一つに、制作のレ...
»続きを読む
カテゴリー:

日本人に必要な栄養を摂りながら無理なくダイエット 『きれいにやせる食材&食べ方図鑑』 ~ 2020年9月20日(日)発売 ~ - 09月18日(金)12:00 

忙しい大人のための食の推進を行う一般社団法人 大人のダイエット研究所(事務所:東京都渋谷区 代表:岸村康代)は、忙しい大人が毎日の中でおいしく無理なく食事を楽しみながら健康を目指すための活動を推進しています。この度、代表の岸村が日本人に不足している栄養を、より簡単に効果的に楽しむ食べ方を提案する新しい書籍 『きれいにやせる食材&食べ方図鑑』 を9月20日に出版いたします。■書籍内容ダイエットの9割の食べ方が間違っている?!健康&ダイエット成分を効率的に摂って、きれいにやせる!やせないのは選ぶ食材と食べ方がまちがっているから! 落とした脂肪は合計10トンの伝説のダイエットアドバイザーが導き出した「やせ食材」と「栄養を逃さない食べ方」を紹介。楽しいイラストとマンガで自然と知識が身に付きます。毎日の食卓に取り入れやすい、超簡単なズボラレシピつき。知れば食生活が変わり、だれでもやせ体質に。これまで、ダイエットに失敗してきた人にこそ、読んでほしい1冊です。【目次】●あの〇〇ダイエットの落とし穴●ダイエットのお手軽王様食材10●野菜は隠れやせ効果で選ぶ●甘い野菜&果物はスイーツ代わりに●肉・卵・油を上手に摂って若々しくやせる●海のものはダイエットの友●健康と美をサポート!大豆加工品&発酵食品 など【マンガやイラストで楽しく解説】・役立つ成分のお話/得する食べ方・損する食べ方・なかよし食材(相性...more
カテゴリー:

「GJ!(グッジョブ!)はたらくのりもの百景」001~暮らしを支える物流現場~ 9月25日(金)発売 - 09月24日(木)10:00 

2020年9月24日 株式会社トミーテック ~今この時間もがんばっている人への感謝とリスペクトを込めて~ 「GJ!(グッジョブ!)はたらくのりもの百景」 001~暮らしを支える物流現場~ 2020年9月25日(金)発売   ※画像はイメージです 版権元商品化許諾申請中    タカラトミーグループの株式会社トミーテック(代表取締役社長:岩附美智夫/所在地:栃木県下都賀郡)は、「働く現場」をコンセプトに、1/150スケールのリアルなジオラマで働く現場を再現できる新シリーズ「GJ!(グッジョブ!)はたらくのりもの百景」(希望小売価格:各1,400円/税抜き)を2020年9月25(金)から、全国の量販店ホビー売場、鉄道模型店、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(takaratomymall.jp) 等で発売します。  本シリーズは、現代社会において私たちの便利で快適な生活が維持できるのは、様々な現場で働いている「人」がいるからだという感謝の気持ちとリスペクトの想いを込めて、“人が働く現場”にスポットを当てたシリーズとして展開いたします。いま、この時間も現場で汗を流して頑張って働いている人々に、エールを贈る意味を含め、商品名には「GJ!(グッジョブ!)」と付けました。  基本的な商品内容は「車両...more
カテゴリー:

美しいグレーカラーの日本限定モデル、Tissot Gentleman Automatic - 09月22日(火)08:02 

ウォッチメーカーのティソより、紳士のためのタイムピースTissot Gentleman Automatic (ティソ ジェントルマン オートマティック])の2020年AWモデルが登場した。本コレクションは、現代社会で活躍する紳士たちへ向け、・・・
カテゴリー:

【プロレスラー】#大仁田厚、平井IT担当相をチクリ「なんだか俺はデジタル人間なのだと好感のもてない記者会見だったのだ」 - 09月21日(月)10:05  mnewsplus

9/21(月) 9:52 スポーツ報知 大仁田厚、平井IT担当相をチクリ「なんだか俺はデジタル人間なのだと好感のもてない記者会見だったのだ」 大仁田厚  元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(62)が21日、自身のツイッターを更新。菅内閣の目玉的存在の平井卓也IT担当相(62)に注文をつけた。  この日、「平井IT担当大臣」のハッシュタグの元、書き始めた大仁田。  「もっと国民がわかりやすく専門用語並べられてもわかりませんよ?」と苦言を呈すると、「トランスフォーメーション? 日本語でデジタル技術で人々...
»続きを読む
カテゴリー:

米テレビ批評家協会賞で「ウォッチメン」が4冠 現代社会が抱える問題描き評価 - 09月18日(金)13:00 

米ドラマ「ウォッチメン」が、米テレビ批評家協会(TCA)主催の第36回TCA賞で最多4冠に輝いた。TCA賞は、アメリカとカナダに在住の250人以上のテレビ評論家、テレビジャーナリストからなるTC...
カテゴリー:

デジタル世界にほぼつながらず日本を歩いたら、“退屈”で素晴らしい旅になった(後篇) - 09月18日(金)07:00 

スマートフォンを合理的に手放すべく、使用アプリを最小限にして日本国内約1000kmを踏破したライターの体験談をつづる本シリーズ。後篇では、埼玉や群馬をただひたすら歩いているうちに自らの存在が現実世界を浮遊する意識になったような感覚に陥っていく。膨大なインプットに晒される現代社会において、“退屈”という時間を移動し続けることは情報欲を捨て、静けさや穏やかさを体得するためのある種の修行なのだろうか?
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「現代社会」の画像

もっと見る

「現代社会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる