「飛距離」とは?

関連ニュース

【ダル敗北】筒香「ウェート(トレ)はやめてからの方が飛距離が伸びた。」 - 01月22日(火)10:47  livejupiter

また、技術練習よりも、ブリッジや倒立などの床運動を勧めた。 幼少期は「出来るのは一番遅かった」というが課題を克服し成長を遂げた。 現在も継続しており「全てを否定するわけではないけど、ウェート(トレ)はプロに入って何年かやって、やめてからの方が飛距離が伸びた。しなやかでなおかつ強さのあるイメージ」と説明。 床運動がけが予防とともに野球での体の使い方に生かされている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【スキージャンプ】W杯個人第13戦:小林陵侑7位W杯連勝6でストップ 男子史上初逃す - 01月14日(月)03:03  mnewsplus

<ノルディックスキー:ワールドカップ(W杯)ジャンプ男子>◇個人第13戦◇13日(日本時間14日)◇イタリア・バルディフィエメ(ヒルサイズ=HS135メートル) 個人総合首位を独走する小林陵侑(22=土屋ホーム)は7位に終わり、男子史上初のW杯7連勝はならなかった。 1回目に128メートルで2位につけたが、2回目は122・5メートルと飛距離を伸ばせず、合計249・2点で7位にとどまり、連勝は6でストップした。 通算勝利も、原田雅彦を抜く日本人歴代単独3位の10勝目はお預けとなった。 1/14(月) 2:55配信 日刊スポーツ https://headli...
»続きを読む
カテゴリー:

女子ジャンプ丸山「素直にうれしい」自己最高15位 - 01月13日(日)09:26 

20歳の丸山希(明大)は119メートルを飛んだ2回目に順位を9つ上げた。 自己最高の15位に入り「素直にうれしい。2本目は風ももらって飛距離も伸ばすことができて楽しく飛べた」と笑みを浮かべた。今季からW杯を転戦。30位以内に与えられるW…
カテゴリー:

小林陵侑、史上最多タイ6連勝 通算も原田氏に並ぶ - 01月13日(日)01:48 

個人総合首位を独走する小林陵侑(22=土屋ホーム)が、男子史上最多に並ぶ6連勝を圧勝で飾った。 1回目にHSと同じ135メートルの大ジャンプ。2位のクバツキ(ポーランド)に飛距離で13メートルもの大差をつけてトップに立つと、2回目も13…
カテゴリー:

【スキージャンプ】男子W杯個人第11戦: 小林陵侑が今季8勝目=ジャンプ週間4戦4勝の「完全総合優勝」!! 史上3人目の快挙達成 ★2 - 01月08日(火)06:01  mnewsplus

<ノルディックスキー・ワールドカップ(W杯):ジャンプ男子>◇ジャンプ週間最終戦兼個人第11戦◇6日◇オーストリア・ビショフスホーフェン(ヒルサイズ=HS142メートル) 小林陵侑(22=土屋ホーム)が1回目135メートルで4位につけると、2回目は137.5メートルを飛び、合計282.1点で優勝した。 記録ずくめの勝利となった。今年で66回を数える伝統のジャンプ週間で4戦4勝の「完全総合優勝」は史上3人目で、日本勢の総合優勝は1997~98年シーズンの船木和喜以来2人目。W杯通算、シーズンともに8勝目となったが、こちらは自身が持つ...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】広島東出コーチ「長野といえども例外はない。きちんとウチのトレーニングをやってもらう」 - 01月17日(木)03:01  livejupiter

名物トレの洗礼!? 広島東出打撃コーチが、新加入長野をキャンプの名物メニューで歓迎すると宣言した。 「長野にもやってもらうよ。キャンプに参加しているなら当然。免除はない」と言ったのは、各クール最終日に横並びで一斉に行うロングティーのことだ。1人1かご約300球で、緒方監督がトス役の場合は400球以上になることもある。 疲労が蓄積した下半身の力を使わなければ飛距離が出ず、選手は最後の力を振り絞るようにバットを振る。若手でも悲鳴に似た声を上げながらバットを振り、全て打ち終わると、その場に倒れ込むこともある...
»続きを読む
カテゴリー:

小林陵侑7位W杯連勝6でストップ 男子史上初逃す - 01月14日(月)02:55 

個人総合首位を独走する小林陵侑(22=土屋ホーム)は7位に終わり、男子史上初のW杯7連勝はならなかった。 1回目に128メートルで2位につけたが、2回目は122・5メートルと飛距離を伸ばせず、合計249・2点で7位にとどまり、連勝は6で…
カテゴリー:

【スキージャンプ】W杯個人第12戦:小林陵侑、史上最多タイ6連勝 通算勝利数も原田氏に並ぶ - 01月13日(日)05:03  mnewsplus

<ノルディックスキー:ワールドカップ(W杯)ジャンプ男子>◇12日(日本時間13日)◇イタリア・バルディフィエメ(ヒルサイズ=HS135メートル)◇個人第12戦 個人総合首位を独走する小林陵侑(22=土屋ホーム)が、男子史上最多に並ぶ6連勝を圧勝で飾った。 1回目にHSと同じ135メートルの大ジャンプ。2位のクバツキ(ポーランド)に飛距離で13メートルもの大差をつけてトップに立つと、2回目も136メートルの合計315・0点で今季9勝目を挙げた。 6日までのジャンプ週間で4戦4勝の完全制覇に続き、連勝を6に伸ばした。09年のシ...
»続きを読む
カテゴリー:

【スキー/ジャンプ】<高梨沙羅>奮わず心境吐露!「モチベーション保てない」 - 01月13日(日)00:51  mnewsplus

<ノルディックスキー:ジャンプ女子W杯>◇個人第6戦◇12日◇札幌市・大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル) 【写真】11位に終わり肩を落とし引き揚げる高梨 18年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)銅メダルの高梨沙羅(22=クラレ)は、合計154・6点で今季自己ワーストタイの11位に終わった。1回目111メートル、2回目110・5メートルと振るわず、今季初勝利はならなかった。伊藤有希(24=土屋ホーム)が合計178・2点で日本勢最高の6位だった。 地元北海道で待望の今季初勝利はつかめなかった。高梨は1回目で111メー...
»続きを読む
カテゴリー:

シーズン後半はオレの季節!池田勇太がツアー20勝、北海道へエール【2018年男子ツアー振り返り〜9月】 - 12月28日(金)12:07 

2018年も多くのドラマが生まれた国内男子ツアー。今となっては忘れている大会や1打を、選手のコメントとともにひと月ごとにプレーバック!今回は9月を振り返ります。 池田勇太は“日本のDJ”!伸び続ける飛距離の秘密は180°回る下半身【スイング連続写真】 シーズンも後半戦に突入した9月。ツアー最高の賞金がかかる「ISPSハンダマッチプレー選手権」の3回戦から決勝が行われた。 優勝賞金5200万円をかけた、一騎打ちの熱いバトルが見どころの同大会。昨年覇者の片山晋呉は、シード枠で3回戦から乗り込むも堀川未来夢に敗れた。準々決勝では、池田勇太VS木下裕太による千葉県出身の「ユウタ」対決が話題に。この対決は池田が制したが、決勝にコマを進めたのは今平周吾と、タイのタンヤゴーン・クロンパ。2&1で今平を制して、「優勝できて本当にうれしい」とツアー初優勝を喜んだ。高額賞金を手に、クロンパは賞金ランキングで一気に2位へジャンプアップ。日本ツアーに参戦して5年目で、節目の大会となった。 13日からは北海道で「ANAオープン」が開幕される予定となっていたが、9月6日に北海道を襲った地震の影響で中止に。これに伴ってテレビ放送では特番が組まれ、池田勇太と石川遼が急遽テレビに生出演。池田は北海道から、石川は都内の放送局から北海道にエールを送った。 翌週には、アジアンツアーとの共同主管大会「アジアパシフィ...more
カテゴリー:

もっと見る

「飛距離」の画像

もっと見る

「飛距離」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる