「韓国側」とは?

関連ニュース

WTOで無駄に吠える韓国。米国の支持を得た日本は相手にせず - 07月07日(火)20:13 

スイスのジュネーブで開かれている世界貿易機関(WTO)の会合で、韓国の代表が「日本が韓国向けの半導体の原材料などの輸出管理を厳しくした措置について、『正当な理由がなく、すべてが無効だ』と従来の主張を述べた」とNHKが報じている。 韓国 日本の輸出管理「すべてが無効だ」 WTOで発言 #nhk_news https://t.co/LJKLUbttEg — NHKニュース (@nhk_news) July 6, 2020 WTOの会合で韓国「すべて無効だ」と主張 日本政府は昨年7月から韓国向けの半導体の原材料など3品目の輸出管理を厳しくしていて、安全保障上、必要な措置であると繰り返し説明。これに対して韓国は、国際的な貿易ルールに違反しているとして、世界貿易機関(WTO)に提訴をしている。 韓国の今回の発言は、加盟国の貿易政策を議論する中で、日本に対して向けられたもので、これまで通りの主張を繰り返した。 これに対し日本側は、「安全保障上、問題がない輸出は許可しており、サプライチェーンに大きな影響はない」と、こちらも従来の主張を述べている。 米国は日本支持を鮮明 韓国に対する日本の輸出管理強化をめぐっては、すでにWTOの会合で米国が日本への支持を鮮明にしており、「安全保障上の問題」という日本の主張に理解を示している。米国がそう述べる以上、日本側に立つ国は他にも多くなるとみられ、この後韓国...more
カテゴリー:

日本の輸出規制は裏目? 韓国の高官「サンキュー安倍」 - 07月01日(水)21:38 

 日本政府が韓国向けの輸出規制を強化すると発表して、1日で1年がたった。元徴用工問題の解決を促す「圧力」とも指摘された措置だったが、韓国側は動かず、日韓の企業の負担だけが増した。両国政府はさや当てを続…
カテゴリー:

韓国向け輸出管理強化から1年…日本の姿勢に文大統領焦り隠せず!? WTOに委員会設置要請も日本側は強く反発「国際的な枠組みに対する挑戦だ」 - 06月30日(火)10:32 

 政府が韓国に対する輸出管理を強化すると発表してから7月1日で1年となる。日韓両国の協議で、韓国側は管理体制の整備を進めたと主張したが、日本は効果を見極める必要があるとして緩和に慎重な姿勢を崩していない。協議中にもかかわらず、韓国は今月、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請した。文在寅(ムン・ジェイン)政権側の焦りは隠せないが、日本側は強く反発している。
カテゴリー:

日本は慎重姿勢崩さず 韓国向け輸出管理厳格化から1年  - 06月29日(月)21:13 

 政府が韓国に対する輸出管理を厳格化すると発表してから7月1日で1年。日韓両国の協議で、韓国側は管理体制の整備を進めたと主張したが、日本は効果を見極める必要があるとして緩和に慎重な姿勢を崩していない。協議中にもかかわらず、韓国は今月、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請。日本側は反発しており、韓国が望む形での「解決」は遠のくばかりだ。
カテゴリー:

だから爆破に踏み切った…北朝鮮が韓国への不満を列挙 - 06月25日(木)15:30 

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は19日付の論評で、南北共同連絡事務所爆破の原因は韓国側が作ったと強弁すとともに、金正恩党委員長と文在寅大統領の首脳会談が行われた2018年以降、韓国側に対して募らせてきた不満を列挙した。
カテゴリー:

韓国向け輸出管理強化から1年…日本の姿勢に文大統領焦り隠せず!? WTOに委員会設置要請も日本側は強く反発「国際的な枠組みに対する挑戦だ」 - 07月02日(木)20:00 

政府が韓国に対する輸出管理を強化すると発表してから7月1日で1年となる。日韓両国の協議で、韓国側は管理体制の整備を進めたと主張したが、日本は効果を見極める必要が…
カテゴリー:

韓国が「日本の報復措置」とまた言いがかり。ダンピング調査開始で - 06月30日(火)15:31 

中央日報は30日、「日本政府は韓国産化学品である炭酸カリウムに対してダンピング販売の有無を調査すると明らかにした」と報じた。韓国は半導体材料など3品目の輸出管理の厳格化措置が不当だとして、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開していて、今回の調査を日本による報復措置だと主張している。 韓国にダンピングの疑い 炭酸カリウムは液晶パネルなどのガラスや中華麺に加えるかんすいの原料として使われるもので、日本は韓国から輸入をしている。今回、日本側が問題としたのは、韓国から輸入した炭酸カリウムが正常価格より安く、国内企業が不当に損害を被っているのではないかというもの。追加課税を課す反ダンピング(不当廉売)課税の可否を判断するために調査を開始すると発表したのだ。 (参考:経済産業省「アンチダンピング措置とは」) 一方、韓国側はWTOの提訴再開に対する報復措置だと声を荒らげ、また騒ぎ始めているのである。しかし、日本の業界団体(カリ電解工業会)がこの問題で申請をしたのはことしの4月。韓国によるWTOの提訴再開とは全く関係がない。 財務省によると、昨年日本が韓国から輸入した炭酸カリウムは約5300トン。日本側による追加課税を課すかどうかの調査は、29日から1年かけて行われる予定となっている。 北朝鮮に無下にされ、また反日政策か 世界貿易機関(WTO)の次期事務局長選挙に、韓国産業通商資源省の兪明...more
カテゴリー:

対韓輸出管理厳格化1年 WTO提訴で遠のく「解決」 - 06月30日(火)05:00 

 政府が韓国に対する輸出管理の厳格化に踏み切ってから、7月4日で1年が経過する。日韓両国の協議で、韓国側は管理体制の整備を進めたと主張したが、日本は効果を見極める必要があるとして、緩和には慎重な姿勢を崩していない。協議中にも関わらず、韓国は今月、世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを再開。日本側は反発しており、韓国が望む形での「解決」は遠のくばかりだ。
カテゴリー:

日本は慎重姿勢崩さず 韓国向け輸出管理厳格化から1年  - 06月29日(月)21:12 

 政府が韓国に対する輸出管理を厳格化すると発表してから7月1日で1年。日韓両国の協議で、韓国側は管理体制の整備を進めたと主張したが、日本は効果を見極める必要があるとして緩和に慎重な姿勢を崩していない。協議中にもかかわらず、韓国は今月、世界貿易機関(WTO)に紛争処理小委員会(パネル)の設置を要請。日本側は反発しており、韓国が望む形での「解決」は遠のくばかりだ。
カテゴリー:

金正恩党委員長、開城への部隊展開を保留 - 06月24日(水)19:17 

 北朝鮮の国営メディアは、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が党の会議で、韓国との軍事境界線に近い開城(ケソン)に部隊を展開するなどの軍事計画を保留したと伝えました。韓国政府は、慎重な姿勢を示しています。 24日付の北朝鮮・労働新聞の1面。党中央軍事委員会の予備会議が23日、金正恩党委員長出席のもと、テレビ会議方式で開かれたと大きく伝えています。会議では、開城や金剛山(クムガンサン)への部隊展開や韓国側へのビラ散布など、朝鮮人民軍総参謀部が17日に提起した韓国に対する軍事行動計画を保留したということです。  これを受けて、韓国側は・・・。  「綿密かつ慎重に検討し、状況を見守っている。南北の合意は守るべきだという立場に変わりはない」(韓国統一省の会見)  韓国統一省は、慎重に分析を進める姿勢を示し、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は、「保留ではなく、完全に撤回すべきだ」として、軍事態勢は維持すると強調しました。  さらに24日、北朝鮮が数日前に軍事境界線近くに再び設置したばかりの宣伝放送用の大型スピーカー10数台について、撤去する動きが確認されました。北朝鮮としては、南北共同連絡事務所の爆破などで高まった緊張を調整しつつ、韓国やアメリカの対応を見極めたいとの狙いもあるとみられます。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「韓国側」の画像

もっと見る

「韓国側」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる